ドンドンこにしの備忘録

個人的な備忘録です。他意はありません。

「室町無頼」 垣根涼介読了!

2017年07月06日 22時20分31秒 | 作家 か行
室町無頼 単行本 2017.7.5読了。
垣根 涼介 (著)

腐りきった世を変えてやる。前代未聞のたくらみを一本の六尺棒で。超絶クールな大傑作エンタテインメント。応仁の乱前夜、富める者の勝手し放題でかつてなく飢える者に溢れ返った京の都。ならず者の頭目ながら骨皮道賢は権力側に食い込んで市中警護役を任され、浮浪の徒・蓮田兵衛は、ひとり生き残った用心棒を兵法者に仕立てようとし、近江の古老に預けた。兵衛は飢民を糾合し、日本史に悪名を刻む企てを画策していた……。史実に基づく歴史巨篇。



応仁の乱以前の室町時代はなかなか小説の舞台として描かれていない。まずは、時代背景が興味深い。そして、垣根さんの小説(過去読んでおもしろかったやつ)はどれもそうだけど、登場人物がみんな実にかっこいいんだよね。かっこいいあげくに爽やか。時代小説だけど、ワイルド・ソウルやヒートアイランド的な小説。この手は面白いね。ほとんど一気読みでした、厚い本なんだけどね。…8点。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「デルトラ・クエストI (2) 嘆きの湖」 エミリー ロッダ読了!

2017年06月15日 20時17分01秒 | 作家 あ行
デルトラ・クエストI (2) 嘆きの湖 単行本 2017.6.15読了。
エミリー ロッダ (著), 岡田 好恵 (翻訳)

リーフは、デルトラ城の元衛兵バルダと、森で出会った少女ジャスミンとともに旅をつづける。そのゆく手に立ちはだかるのは魔女テーガン。「嘆きの湖」で3人が出会うのは…。



しかし、ラスボスの魔女テーガン弱すぎぃーーー。今回もまた面白かったけど。…7点。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「愛の夢とか」 川上 未映子読了!

2017年06月13日 17時20分33秒 | 作家 か行
愛の夢とか (講談社文庫) 2017.6.13読了。
川上 未映子 (著)

あのとき、ふたりが世界のすべてになった――。ピアノの音に誘われて始まった女どうしの交流を描く表題作「愛の夢とか」。別れた恋人との約束の植物園に向かう「日曜日はどこへ」他、なにげない日常の中でささやかな光を放つ瞬間を美しい言葉で綴る。谷崎潤一郎賞受賞作。収録作:アイスクリーム熱/愛の夢とか/いちご畑が永遠につづいてゆくのだから/日曜日はどこへ/三月の毛糸/お花畑自身/十三月怪談



すいません、文体があいません。
途中頓挫しそうになりながら、皆さんのレビューを頼りに、最後の「十三月怪談」まで読み進み、やっぱだめだったわ。自分の今までの体験的文章に対する好き嫌いを素直に信じていれば、冒頭の1編でやめていたものを。…3点。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「デルトラ・クエストI (1) 沈黙の森」 エミリー ロッダ読了!

2017年06月12日 18時17分13秒 | 作家 あ行
デルトラ・クエストI (1) 沈黙の森 単行本 2017.6.12読了。
エミリー ロッダ (著), 岡田 好恵 (翻訳)

ここはデルトラ王国。王家に伝わる7つの宝石が、国を守っている。その宝石が、影の大王にうばわれた!デルトラを救うため1枚の地図をたよりに、少年が冒険の旅に出る…。


まさに、ファンタジー! ゲームばっかりやっていて、本を読まないお子様にどうだろうか? 意外とゲームよりおもしろいかもよ。
話が回りくどくなく、ストレートに加速します、そのため読み出すと1冊読み終わらないと止められない。児童書ですけど大人でも十分面白い。お子さんとまわし読みするのが最高に楽しいと思います。本を親子で語れるのはいいですね。…8点。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「フリーランチの時代」 小川 一水読了!

2017年06月12日 14時11分03秒 | 作家 あ行
フリーランチの時代 (ハヤカワ文庫JA) 2017.6.9読了。
小川 一水 (著)

「私は人類をたいらげたい」―火星やまと基地の隊員4名が体験した、あまりにもあっけないファーストコンタクトを描く表題作、太陽系開拓時代に孤独な宇宙船を駆るニートの日常「Slowlife in Starship」、いつのまにか不老不死を獲得してしまった人類の戸惑い「千歳の坂も」、そして傑作長篇『時砂の王』に秘められた熾烈な闘いを描くスピンオフまで、心優しき人間たちのさまざまな“幼年期の終り”を描く全5篇収録。



「フリーランチの時代」「Live me Me.」「Slowlife in Starship」「千歳の坂も」「アルワラの潮の音」5編からなる短編集。『時砂の王』のスピンオフの「アルワラの潮の音」が収録されていてうれしかった。またこんなところでアレクサンドルに出会えるとは。やっぱりこの話の設定が好きなんでしょうね私は。またもや夢中になって読みました。楽しかった。有難うございます。…8点。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「年収90万円で東京ハッピーライフ」 大原扁理読了!

2017年06月08日 15時40分15秒 | 作家 あ行
年収90万円で東京ハッピーライフ 単行本 2017.6.8読了。
大原扁理 (著)

第一章 ハッピーライフの基本とは
わたしの暮らし
実感を大切にすること
第二章 フツーって、何?
進学とか就職って、しないと生きていけないんでしょうか?
将来やりたいこと、マジないんですけど
友達って必要?
他人と比べられてツライとき
いじめられて死にたいとき
自分の見た目が好きになれない
LGBTのこと
意味不明なルール
人間はみな平等のはずですよね?
隠居はベストな生き方でしょうか
個性って、何?
第三章 衣食住を実感するくらし
1 「食」で、ひとはつくられる
何を食べればいいのか
粗食をしたらこう変わりました
MY粗食マニュアル
1週間の献立
自分に合う食生活を見つける
キッチンと、その周辺
食材をどこで買うか問題
紅茶とスコーン
野草狩りもまた楽し
2 「衣」を、生活から考える
服装がしっくりくるのは20代から
隠居のワードローブ大公開
3 「住」は、恋人のようなもの
今のアパートにたどり着くまで
部屋の選び方、付き合い方
第四章 毎日のハッピー思考術
心と体のチューニング
お金とうまくやっていくために
働く、ということ
貯金について
低所得者にとっての税
夢や目標はないとダメなのか
平和=退屈ではない
将来について
生きること、死ぬこと


『20代で隠居』も読みましたが、この手の本の中でこの方の言っていることが自分に一番しっくり来る。自分をしっかり持ち、毎日の生活を丁寧に楽しく生きている様子が伝わってきます。豊かに生きるということとお金があるということはホント、イコールじゃないですね。
また、この方の死生観には目からうろこがおちまくりでした。感服いたしました。…8点。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「青い星まで飛んでいけ」 小川一水読了!

2017年05月30日 13時20分40秒 | 作家 あ行
青い星まで飛んでいけ (ハヤカワ文庫JA) 2017.5.29読了。
小川 一水 (著), 撫荒 武吉 (イラスト)

それは人間の普遍的な願い。
彗星都市での生活に閉塞感を抱く少女と、緩衝林を守る不思議な少年の交流を描く「都市彗星のサエ」から、“祈りの力で育つ”という触れ込みで流行した謎の植物をめぐる、彼と彼女のひと冬の物語「グラスハートが割れないように」、人類から“未知の探求”という使命を与えられたAI宇宙船エクスの遙かな旅路を追う表題作まで、様々な時代における未知なるものとの出逢いを綴った全6篇を収録



「都市彗星のサエ」「グラスハートが割れないように」「静寂に満ちていく潮」「占職術士の希望」「守るべき肌」「青い空まで飛んでいけ」の6編からなる「未知との遭遇への憧れ」を描いた短編集。
「都市彗星のサエ」が好きだな。彗星の鉱山街に生まれた少女サエの閉塞感と、その彗星から脱出を目指す少年ジョージィと出会い脱出を試みるお話。ラストも良い。…6点。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「老ヴォールの惑星」 小川一水読了!

2017年05月23日 19時02分17秒 | 作家 あ行
「老ヴォールの惑星」 (ハヤカワ文庫 JA) 2017.5.23読了。
小川 一水 (著)

偵察機の墜落により、おれは惑星パラーザの海に着水した。だが、救援要請は徒労に終わる。陸地を持たず、夜が訪れない表面積8億平方キロの海原で、自らの位置を特定する術はなかったのだ―通信機の対話だけを頼りに、無人の海を生き抜いた男の生涯「漂った男」、ホット・ジュピターに暮らす特異な知性体の生態を描き、SFマガジン読者賞を受賞した表題作ほか、環境と主体の相克を描破した4篇を収録。著者初の作品集。



「ギャルナフカの迷宮」「老ヴォールの惑星」「幸せになる箱庭」「漂った男」四篇からなる短編集。
この作家さん、短編はどうだろうと読んでみたが、短編も抜群。
中でも「漂った男」はツボにはいりました。特筆するべき傑作。
胸をしめつけられ、最後の展開に涙する。そして、こっちまで生きる希望が沸いてくる。
SFはあんまり読んでこなかったけど、小説はジャンル、関係ないんだんぁ~。面白い小説は、ジャンルはなんであれ、面白いんだなぁ~。小川 一水さん、有難う!…8点。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「時砂の王」 小川 一水読了!

2017年05月17日 14時51分59秒 | 作家 あ行
時砂の王 (ハヤカワ文庫JA) 2017.5.17読了。
小川 一水 (著)

西暦248年、不気味な物の怪に襲われた邪馬台国の女王・卑弥呼を救った「使いの王」は、彼女の想像を絶する物語を語る。2300年後の未来において、謎の増殖型戦闘機械軍(ET)により地球は壊滅、更に人類の完全殲滅を狙う機械群を追って、彼ら人工知性体たちは絶望的な時間遡行戦を開始した。そして、3世紀の邪馬台国こそが、全人類の存亡を懸けた最終防衛線であると──。




壮大なSFなのに、これだけの薄さ(270ページぐらい)に収めるとは、この作家さんの才能は計り知れない。読んでいての間延び感なんかは感じるわけもない。シビアな話ですが、各キャラの造詣がうまく、悲壮感はない。絶望的な戦いを強いられながらも、戦意を失わない凛々しく純真な登場人物たちに胸が熱くなる、言うことなしの時間SF。ほんとに一気読み必至。…8.5点。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「解夏」さだまさし読了!

2017年05月01日 22時31分38秒 | 作家 さ行
解夏 (幻冬舎文庫) 2017.4.30読了。
さだ まさし (著)

東京で教師をしていた隆之は、視力を徐々に失っていく病におかされ、職を辞し、母が住む故郷の長崎に帰った。そこへ東京に残した恋人の陽子がやってくる。この先の人生を思い悩む隆之。彼を笑顔で支えようとする陽子。ある日、二人はお寺で出会った老人から「解夏」の話を聞く―。表題作他、人間の強さと優しさが胸をうつ、感動の小説集。



「解夏」、「秋桜」、「水底の村」、「サクラサク」からなる短編集。
さだまさしの本ははじめて読みました。
シンガーとして作詞作曲されるのですから、詩人ではありますが、小説を書かせても、すばらしい。
今まで読まなかったのがおしい。別に変な先入観で読まなかったわけではないけど。
小説家としての才能に本当に驚かされた。
奇をてらわず、王道の家族小説で心を揺さぶられるのだからすごいなぁー。
中でも、「水底の村」が一番スキだ。…7点。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加