放浪そば屋のブログ

南国の屋久島でそば屋を営んでたけど2016年に北海道へUターン、十勝は池田町でまたまたそば屋を開業しました。

いきなりへこんでしまう

2017-08-09 17:54:43 | 日記
昨日やっとネット環境が、光導入で改善された事は申しました。

久々にうれしくて、快適なインターネットのもといろいろと見て回ったのです。

久々に見た「食べログ」。

僕のそば屋に関する投稿が数件寄せられていて、早速読ませていただきました。

地元のお客様の辛口投稿が出ていて・・・・そっ・・・・・そうなのか~。

と光導入初日でかなりへこんでしまった次第。

自分だけが「一生懸命やっているつもり」でも、ダメなもんですね、と思い知る。

そんなにこだわってそば屋をやっているつもりは毛頭ないんですが、自分が最も大切に思って実践しているのが、コスパ重視の価格設定&お腹一杯になって欲しくてがんばっている量、これが「質より量」にしか見えないお客様もいらっしゃるんだな・・・・と改めて勉強になった次第っす。

もっと勉強&研究しなくては。

ただこれだけは・・・・自分が行く気がしない「値段が高くて量が少ないそば屋さん」、こんな店だけにはならない様にいたします。

そば屋で独立してから、屋久島時代と今の池田時代とを合わせて約5年少々。

このところ、やっと蕎麦打ちをしていて「良い悪い」が打っている時に分かるようになってきたところです。

自分の蕎麦打ち技術はまだまだこれからだよって、最近ようやくわかってきました。

道産そば粉(美瑛産、十勝産、幌加内産の3種類をその日の気分でブレンド)のみ使い、つなぎは5%で打ってます。

あえて十割そばは打ってません。(思うところあり)

ダシは屋久島産鯖本枯節と枕崎産鰹本枯節と清水産宗田鰹節をブレンドして、1時間半煮詰めて出来るだけ濃厚なダシをとってます。

今の自分には「やれるだけの事はやっている」つもりなんですが、まだまだ不足しているのでしょうね。

10人に食べていただいて、10人全員に気に入られる食べ物なんて無いとは思いますけど、せめて半分くらいの人には「美味しい」と思っていただける蕎麦が打てる様に、またダシがひける様にがんばります。

もっと美味い蕎麦を目指して、だけど変に「こだわらず」、日々精進いたします。

辛口コメントのお客様、ありがとうございました!



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっと光だじょ~ | トップ | 地元新聞で「サケ不漁」情報 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (和行)
2017-08-10 09:30:18
夜逃げじゃなかったのか…
Unknown (hide)
2017-08-10 10:13:30
和行様

大丈夫、期待通りに夜逃げ寸前よ!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。