放浪そば屋のブログ

南国の屋久島でそば屋を営んでたけど2016年に北海道へUターン、十勝は池田町でまたまたそば屋を開業しました。

ギリギリセーフで熊本へ

2017-04-20 15:37:49 | 旅行
さて旅よ~ん。

4月12日の火曜日、店の営業が終わってから札幌の実家まで移動しておくかどうするか悩む。

翌朝の13日は千歳発9時30分成田経由で熊本入りです。

千歳の空港駐車場には遅くとも朝8時頃までには入っておきたい。

十勝の我が家からだと高速道路でも千歳まで3時間以上かかるし、13日の天候もヤバそうなんです。

結局、店の閉店後大車輪で後片付けと出発準備をして、夕方遅くに札幌の実家まで移動する事にしました。

これ、大正解。

その日の夜半から十勝は大雪が降りだす。

札幌と千歳は天気も上々。

翌朝は余裕で千歳空港へ向かう事が出来ました。

日頃の行いがものを云う!良かった~。

千歳→成田→熊本で、熊本空港へは3時半到着。

到着口には、1年振りに合うSさんご夫妻がお迎えに来てくれてました。

ありがたや~&お懐かしや~。

また時も丁度熊本大震災から1年経過したタイミング。

空港からSさん宅までの移動する道路などは、1年前と比べると大分マシになっていました。

でも住居等の建物はまだまだその時のまま放置されている状態が見受けられて、ライフラインの復旧はある程度進んでいるけれど、個人の物件は復旧には程遠いのが現実の様です。

それでも相変わらず明るいSさんご家族、温かく迎え入れてくれました。

そして午後5時から深夜1時過ぎまで、ビールを延々と飲みながら楽しい話に花が咲き、やっぱり僕は二日酔い!!

強度の二日酔いを我慢して、Sさんに鹿児島へ向かう高速バス「きりしま号」の乗車口まで送ってもらいました。

なぜか、はにかむ皆様方。

Sさん、非常に楽しかったっす。

ありがとうございました。

鹿児島港午後1時発の高速船トッピーに乗船。

午後3時ちょい前には屋久島宮之浦港へ到着。

レンタカーを借りて、そのまま一湊の馬場水産へご挨拶に行きます。

ここからダシに使う鯖節と鰹節をいつも送ってもらっているんですよ。

しかし残念ながら、馬場水産の名物工場長は配達でお留守で奥様が対応してくれました。

その後は島を南下して平内にある民宿海友へ。

ここは屋久島の実家とも言えるほどなんですよ。

まだ時間は5時前、これは屋久島の釣り場へご挨拶に行かねばならぬ。

海友さんに置いてある僕の釣り具を物置から引っ張り出して、点検&セット。

そして「ケーモイP」へGO。

あくまでも挨拶なんで、釣果は二の次。

屋久島のポイントは、いつも通りの異常なし。

ミノーとジグをとっかえひっかえ、暗くなる直前までやって異常なし。

いつも通りでなぜは「ほっ」とする僕でした。

釣り人は「センム」、異常なし。

そして夜は宴会・・・・・そして当然二日酔い・・・・・

体・・・・持つかなあ・・・・・?








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無事に帰還 | トップ | そして連日の異常なしの日々 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。