屋久島 尾之間の「手打ち そば屋」改め、そば屋の閉店後のどたばた日記

H24年に屋久島でそば屋を開業しましたが、今年4月に営業順調なそば屋を閉めて、北海道へUターン
さてどうなりますやら?

予告っす。

2016年05月21日 | 旅行
サラバ!屋久島!シリーズ、近日中に総集編をアップします。

ただ今回のムーブメントって、マジで知り合いゼロ地域への移動だったので、ちょっと落ち着くまで時間が必要かも知れません。

落ち着いたらアップしますので、それまで少々お時間を。

さて、今日やっとアパートのキッチンで「まとも」な料理が出来る様になったんですけど、その時に使っていた鍋が「平内Tさん」からいただいた鍋だったんです。

ちょっとそれ見たときに「うるっ・・」ときました。

あ〜屋久島皆さんとお会いしたいですわ。

今、人生で始めての賃貸アパート暮らし2日目、賃貸住宅に住んで「実は、こんなに人って淡泊なんだ〜」って思い知らされています。

人情味豊かな尾之間温泉に入りたいっす!

かなり強度のホームシックですわ。


そして「そば屋」早くやりたいっす。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サラバ!屋久島!part17 写真っす。

2016年05月20日 | 旅行
穏やかな青森内海です。


下北の横浜町菜の花畑っす。

綺麗だべ〜。

これも綺麗だべさ。

むつ市から恐山へ。

特に無し・・・

下北のそば

400gの大盛です。

ちなみに屋久島でそば屋やってた時の2人前大盛は360gでした。

本州最北端「大間崎」、観光客は結構いましたよ。


大間〜函館をつなぐ大函丸。

まだまだ新しい船でした。

サラバ!本州。


久しぶりの函館ですぜ。


そしてこの上陸直後、「ねずみ捕り」かい!ケッ!
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

サラバ!屋久島! part17

2016年05月19日 | 旅行
本日、北海道上陸!そしてかなりお疲れっす。

そんな事で、今日もブログは簡単にさせていただきま〜す。

昨夜泊まった十和田市の「スーパーホテル」は、なかなか良かったですぜ。

一応温泉付き、朝食付きで2名で5960円ポッキリ。

ここのホテルもオススメです。

今朝は朝食後すぐにチェックアウト。

7時前にはホテルを出て一路「むつ市」を目指します。

秋田県もここまで来ると、見る景色はほぼ北海道そのもの。

家の屋根は瓦屋根に変わって板金屋根になるし、窓には雨戸は付いていないし、家の敷地は広いし、もうほとんど北海道。

むつ市には9時ちょい過ぎに到着して、まだ時間にも余裕があるので「恐山」へ行ってみる事に。

恐山に向かう県道はかなりの登り&急カーブの連続です。

むつ市からは約20分で恐山着。

恐山の駐車場近辺を少し歩いて散策し、またむつ市へ戻ります。

恐山は特に感慨は無しっす。

むつ市では地元スーパーの「MAEDA本店」へ行ってみました。

ここで早めの昼食。

MAEDA本店の中に手打ちのそば屋が入っていたので、そこで「ざる大盛」を注文、2人前入っていて400gだそうな。

黒い太めのお蕎麦で、コシはちょっと弱め、汁はちょっと甘めでしたが、食べごたえ十分でおいしかったですよ。

写真は明日でもアップしますぜ。

そして函館便のフェリーに乗るため大間へ向かいます。

その前に大間崎で写真撮影、せっかくの本州最北端なんですからね〜。

12時半にフェリーターミナルへ到着し、乗船券購入。

軽自動車と同乗者1名で11,800円でした。

乗船する車も人も沢山いますね。

そして2時10分出港〜。

写真は明日でもアップします。

かなり新しい船で、屋久島フェリー兇亡靴譴討い詼佑箸靴討録形でした。

客室は2階と3階に有るんですけど、なぜか集団旅行のじいちゃん&ばあちゃん方はぎゅうぎゅう詰めの2階座敷に集中していて、3階の客室はスカスカ状態でした。

もちろん僕らは余裕の2階客室でゆっくりしてましたけどね。

3時40分函館着で4時前には下船して、国道5号線に乗り北上します。

ところが5号線大沼近くで、突然お巡りさんがハタ振って「ニコニコ」作り笑いしながら出てくるでないの・・・・マジ・・・・・

・・・名物「ねずみ捕り」。

相変わらずの決めセリフ「ちょっと早かったね〜急いでたの〜」だって。

おとなしく切られました。

制限速度が60キロから50キロに変わった途端の道路上、あ〜セコイ。

70キロで走行していたので20キロオーバーよ。

反則金15000円也。

北海道上陸30分後の出来事さ。

甘くないぜ北海道警察。

しかし、はっきり言って70キロ走行なんて他の地元の車からしたら遅い遅い、捕まるちょっと前まで2車線道路でさ70キロ走行していた僕の車なんで後続車から抜かれっ放しだったからね〜。

他車が捕まらなかったのは、そこで「ねずみ捕り」をやっている事を知っていたから、それだけ。

あ〜馬鹿くさっ。

捕まったのは仕方なし、とあきらめて今日の宿へ向かう。

函館上陸してから190キロ走行して、奥洞爺湖温泉の「湯人家」へ7時半頃到着。

あ〜今日も疲れたわい。

明日は伊達のアパートの鍵を受け取って、屋久島から送られてきているはずの荷物を受け取って、市役所なんかにも行ってもろもろ手続きして・・・忙しいぜ。

明日はブログ更新してなかったら、ご勘弁を。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サラバ!屋久島! part16

2016年05月18日 | 旅行
さて、昨日の補足です。

秋田の「あきた港道の駅・セリオン」にあった、これが例の「懐かしのうどん自販機」ですぜ。

職員さんも一緒にカメラに入りこみましたけど。

詳しくはNHKの「72時間」で調べてみてちょうだいな。

そして道の駅を出た後、あった〜!!もともとうどん自販機を置いていた店が!

これっす。

もう感動もの、詳しくはNHKの「72時間」を・・・・しつこいって。

そして男鹿半島。

磯!!海友専務からのメールでは、男鹿半島の今時期の磯では「クロダイ=チヌ」のベストポイント&ベストシーズンだそうな。

今は釣りする余裕無し!

お次は赤神神社五社堂です。

石段を10分登り「、楽しかったっす。

秋田の農村風景、良いね〜。

田んぼで人が手植えしています。

この風景は北海道にもありません。

なんか懐かしくて良い風景ですよね。

お次が白神山地の端っこの「十二湖」です。

代表的な池「青池」。

クリアウオーターで、魚も居ました。

森林浴!

こんなブナ林を1時間、気持ち良かった〜。

そして秋田でお世話になったお宿「ユフォーレ」。

ここの施設はこれまで泊まった「安宿」中では最強でした。

エントランスロビーを2階から撮影

広い!そして赤い階段の横にトレーニングルームが見えてます。

ユフォーレ朝食

朝からごちそうです。

僕はバイキングが苦手(嫌い)なんで、助かりました。

館内は全て素足でスリッパ無し、それだけの清掃はやってました。

もちろん温泉ですが、残念ながらその温泉は立派な大規模公共温泉で、当然この手の温泉には付きものの循環ろ過温泉で、脱衣室に入った途端塩素臭が少々きつかったです。

とても一生懸命入るお風呂ではなかったので、朝と夕各1回ずつしか入浴しませんでしたよ。

正しい温泉なら、1日5〜6回は入浴するのですけど。

しかし温泉は「こんなもんだ」と最初から割り切れば、その設備&コスパは十分に満足できるお宿でしたよ。

2人で2泊、朝食付きで12600円です。

館内にはプール&バーデンゾーン&トレーニングルーム&レストルーム&図書室&自炊キッチンがあって、どこもかしこも最高設備。

キッチンは、これまで泊まった自炊宿の中では最高でしたね。

秋田でお泊りの節には、絶対オススメっす。

そして今日、もちろん「とと姉ちゃん」見てから出発。

ひたすら走って十和田湖〜奥入瀬渓流へ。

奥入瀬渓流では昔懐かしい「中坊の修学旅行」に遭遇。

この子らも北海道の子達かな?僕らの中学生の頃は、札幌の中学生は青森が修学旅行の定番だったんですけどね。

相変わらず中学生の修学旅行は「うるさい!&うざい!」でもそれで良い!もし中学生が修学旅行で静かだったら・・・・凄い変、病気か?って思っちまう。

その後、彼らとは駐車場で会っても十分「うざ」かった。

再度、それで良い。

さて今日はさっさと十和田市のホテル入って、ゆっくりしよう。

明日はフェリーに乗って、北海道上陸よ。

ENDも近い。

もうすぐこのブログともオサラバかねえ。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サラバ!屋久島! part15

2016年05月17日 | 旅行
今日はちとお疲れ気味なので、簡単バージョンで失礼させていただきます。

今日は秋田市経由で男鹿半島&十二湖へ行ってきました。

おっと、忘れてはいけない本日一の重要案件が。

秋田港道の駅にある、「うどん自動販売機」。

以前NHKで放送された「72時間」って番組で取り上げられた事がある、古〜いうどん自動販売機の人情物語。

知ってます?

まあ知らない人には残念でしたとしか言いようがないんですけど、その時の自動販売機がこの道の駅内で営業稼働しているんですよ。

かなり人気があるらしく、「10杯目からはお湯が追い付かないので30分〜50分かかる事があります」って注意書きが書いてあるくらいなんですよ。

僕もその自動販売機のうどんを食べようと思ったのですが、残念ながら自動販売機の営業時間は朝10時から午後5時まで、僕が行った時間は朝9時でした。

ちょっとうどんの為に1時間は待てない。

泣く泣く道の駅を出発して、男鹿半島へ、そして男鹿半島から白神山地の端っこの「十二湖」へ行って、お手軽トレッキングしました。

お宿へ帰りついたのが、ほぼ7時っす。

さっき、自炊棟で横手やきそばを買ってきたんで、秋田名物「横手やきそば」のオリジナル、「麻婆ナスあんかけ・横手やきそば風」??なんて代物を作って食べました。

横手やきそばの麺、太麺でコシ強くて旨いわ〜。

どんなやきそばにしてもグーだね。

さて、明日はきっとまじめに写真入れたりするんで、ご勘弁を。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加