As Time Goes By

好きな物、感じた事、懐かしい物を
適当に綴ってゆくブログ

Amazing Toys (紙ジャケット)/須藤薫

2016年04月25日 13時06分33秒 | 邦楽

Amazing Toys/須藤薫
品番:MHCL-1141

01.恋の最終列車
02.さよならはエスカレーターで
03.この恋に夢中
04.涙のステップ
05.1950 TEAR-DROPS CALENDAR
06.RAINY DAY HELLO
07.PRETENDER
08.さみしいハートにSING A RING
09.恋の雨音
10.DIARY
11.緑のスタジアム
12.LITTLE BIRTHDAY

--

13.セカンド・ラブ*
14.RAINY DAY HELLO (Live Version) Duet with 村田和人*
15.恋の最終列車 (Live Version) Duet with 杉真理*
16.この恋に夢中 (Live Version)*
17.涙のステップ (Live Version)*

*ボーナストラック


須藤薫さんの3rdアルバム。
紙ジャケットやベスト盤以外で唯一
通常盤がカタログに載っているアルバムなので
これが代表作という位置付けになるのかと思います。

前作パラダイス・ツアー収録の涙のマイ・ボーイを彷彿とさせる07.PRETENDER
08.さみしいハートにSING A RINGは竹内まりやさんのイチゴの誘惑という曲に
アレンジが似ているなと思い、クレジットを見たら作曲が同じ林哲司さんでした(^^)
09.恋の雨音はイントロからビートルズっぽい雰囲気。これも作曲は林哲司さん。
10.DIARYのようなバラードは須藤薫さんにぴったりな雰囲気ですね。

ボーナストラックの14.RAINY DAY HELLO (Live Version)
村田和人さんも須藤さんも亡くなってしまわれたので
今となっては貴重な音源です。

何といってもこのアルバムの代表曲は
やはり04.涙のステップでしょう!
「あなただけI Love You」と並ぶ名曲だと思います。


涙のステップ/須藤薫

~恋もダンスのように いつの日か終わるけど
忘れてしまわないで 涙のステップ~
コメント

目のまわりがピクピク痙攣

2016年04月23日 13時29分02秒 | 日記
・・・と、突然変なタイトルで始まりましたが
ここ3ヶ月ほど目のまわりの筋肉?の痙攣が続いています。

別に痛いわけでもないからいいんですが
結構これって気になるものなんですよね。

最初は両眼に痙攣があったんですが
今は左目の上瞼と下瞼に。
特に瞬きした直後に痙攣する事が多いです。

病院の先生には「疲れじゃない?」って言われているんですが
あまりにも長く続くので気になってネットで調べてみましたら
目の周りのピクピクはマグネシウム不足の可能性
みたいな書き込みが多数ありました。
自分の場合、可能性大かも・・・かなり偏食するので。

なかなか食事で摂るのは大変なので
今回は手軽にサプリメントでって事で、早速買ってきました。


知らなかったのですが、マグネシウムはカルシウムと深いつながりがあって
両方バランス良く摂らないといけないみたいです。
そのせいか、マグネシウム単体のサプリはなく
必ずカルシウムとセットになっていました。

ビタミン類も、あまり積極的に果物とか食べる方ではないので
たぶん不足気味なんだろうな~って事で
マルチビタミンカルシウム/マグネシウムのサプリを
とりあえず60日分飲んで、様子みてみます。
ピクピクが治るといいな(^^)



--
5月17日追記

マグネシウムを飲み続けて、かれこれ4週間ほどになりますが
2週目あたりからピクピクが止まりました!

寝不足や疲れ目でも痙攣がおきる場合もあるようですが
私のように原因不明で、しかも数か月続いている場合は
騙されたと思ってマグネシウムを飲んでみるのもアリかもしれません。
コメント

PARADISE TOUR (紙ジャケット)/須藤薫

2016年04月22日 10時08分51秒 | 邦楽

PARADISE TOUR/須藤薫
品番:MHCL-1140


01.思い出のスクール・ラブ
02.恋のダイビング
03.素敵なステディ
04.シークレット・ラブ
05.涙のマイ・ボーイ
06.最後の夏休み
07.悲しみのジューク・ハウス
08.サムシング・サムバディ
09.花いちめん 夢いっぱい
10.24トゥディ

--

11.恋のビーチ・ドライバー*
12.花いちめん夢いっぱい(Alternate Version)*
13.ボーイ・ハント [Where The Boys Are](Live Version)*

*ボーナストラック


須藤薫さんの2ndアルバムです。
もう繰り返し何回も聴いているんですが
歌唱力は抜群だし・・・なんでこれが売れなかったのか不思議です。
特に5曲目の涙のマイ・ボーイは最高!
転調するストリングスの間奏部分とか
思いっきり60Sしてます(^^)

このアルバムでは町支寛二さんがアレンジとコーラスでかかわっているそうなんですが
町支さんは浜省とかかわりの深い方なんですよね。
確か尾崎豊のアルバムのプロデュースとかもしていた記憶がありますが。

全然関係ない話なんですが、村下孝蔵さんの代表曲「初恋」の終盤で
「胸を離れない~ 今も離れない~♪」というコーラスの部分が
どう聴いても浜田省吾さんの声で・・・ずーっと気になっていたのですが
ネットで調べてみるとコーラスは浜省ではなく
町支さんのクレジットになっているそうです
でも聴きなおしてみると、どう考えても浜省の声(笑)
う~ん、不思議だ。


涙のマイ・ボーイ/須藤薫

*動画貼りかえ2017/7/5
コメント

再会-新たなる旅立ち-/紙ふうせん

2016年04月09日 17時21分23秒 | 邦楽

再会 紙ふうせん
再会-新たなる旅立ち-/紙ふうせん
品番:SRCL 1896


01.我が町宝塚
02.すみれ草
03.オー・プリーズ
04.日曜日
05.霧にぬれても
06.冬が来る前に
07.風はやさしく
08.十六夜日記
09.悲しき翼
10.セレナーデ エピローグ


散歩がてら久しぶりに某中古CD屋に「何かないかな~?」と立ち寄ってみた。
中古CD屋といってもBOOK OFFあたりと比べると全然規模が小さいし
数店舗でチェーン展開しているようなCD屋なんですが
フィギュアやモデルガンも売ってたりする、何でも屋っぽい店です。
訪れるのは1年ぶり位なんですが、以前とほとんど品揃えが変わっていない(笑)
たぶん回転する商品は決まっていて、ちょっとマニアックなものは
知ってる人以外見向きもしないって感じなのでしょう。

ジャケットが色褪せていたけど490円のプライスが付けられていた
「PSYCHO DELICIOUS/PINK」は誰かが買ったらしく
もう棚に並んでいなかった。

ざっと見てSONYの32DH時代のものとか、
'86年頃流通してた特殊スリムケースの物もちらほらあったりして・・・
ただ値段設定がよくわからなくて、以前BOOK OFFで108円で買った
某アルバムが1490円で売っていたりしたので要注意。
買う前にリサーチが必要です。
逆に安っ!って思うものもあるんですけどね。

で、今日はCD選書の紙ふうせんのアルバムをみつけてしまいました。
冬が来る前にが収録されていたので買い!
この曲は青春歌年鑑というコンピレーションアルバムに収録されているものを
確かデータで持ってるんですが、他の曲も聴いてみたかったのと
値段が280円と安価だったので。(正確には税込みで303円)
ケースやジャケットは年式相応のヤレ具合ですが
盤面は綺麗でした。

この紙ふうせんというアーティスト、
元は(翼をくださいで有名な)赤い鳥というグループが分裂して
紙ふうせんHi-Fi Setに分かれたそうです。
その後前者はフォーク路線で、後者はシティーポップスグループとして活躍。
ハイファイ・セットは
以前このブログでも紹介した通り、今でも愛聴しております。



冬が来る前に/紙ふうせん

:2017.7.17 動画差し替え
コメント

CHEF'S SPECIAL (紙ジャケット) /須藤薫

2016年04月07日 11時02分52秒 | 邦楽

CHEF'S SPECIAL/須藤薫
品番:MHCL-1139

01.FOOLISH (渚のポストマン)
02.LOVE AGAIN
03.恋に落ちよう
04.なにげなく二人
05.あなただけI LOVE YOU
06.WOW WOW トレイン
07.やさしい嘘つき
08.涙のメモワール
09.HELLO SADNESS
10.SUMMER DREAM
--
11.やさしい都会*
12.卒業*
13.THE BLACKHOLE*
14.LOVE AGAIN (Live Version)*

*ボーナストラック


須藤薫さんのデビューアルバム、CHEF'S SPECIALを
ざっと3回ほど聴いてみた。
今回の紙ジャケシリーズは2007年にリマスターされているそうで
CD選書やxxDHの古いCDは聴いたことがないので何とも言えませんが
音量も音質もまぁまぁいい感じ。

ボーナストラックを除いて、そこそこまとめられてはいますが
やはり大瀧さんの「あなただけI Love You」が突出して良い(笑)
前にも書いたかもしれませんが、大瀧さんが他人に提供した曲で
コレと探偵物語が大好きなんですよ。
大瀧詠一Song Book1収録のものと聴き比べてみると
リマスターされた分、音量UPだけでなく音の厚みが増しているように感じます。

ボーナストラックは、あくまでもオマケなわけで
嫌なら聴かなきゃ良いわけなんですが・・・
「やさしい都会」と「卒業」は70年代初頭の昭和歌謡か?って雰囲気です。
前者は調べてみたら(彼の 車に乗って♪)の
平山三紀さんが歌った曲なんですね。



あなただけI Love You/須藤薫

いつ消されるかわかりませんが、とりあえずyoutubeにあがってましたので。
コメント