As Time Goes By

好きな物、感じた事、懐かしい物を
適当に綴ってゆくブログ

EAGLES THE STUDIO ALBUMS 1972-1979

2017年04月29日 14時45分23秒 | BOX SET

EAGLES THE STUDIO ALBUMS 1972-1979 2013年発売


EAGLES(1972)
DESPERADO(1973)
ON THE BORDER(1974)
ONE OF THESE NIGHTS(1975)
HOTEL CALFORNIA(1976)
THE LONG RUN(1979)

イーグルスの1期にリリースした全スタジオアルバム6枚が
簡易紙ジャケットでBOXに入って2000円ちょっと(購入当時)という信じられない値段で
売られていたので思わず買ってしまいました。
イーグルスと言えばWest GermanyプレスのHOTEL CALIFORNIAのシングル
借りてコピーしたHOTEL CALIFORNIAのアルバムしかなかったので
安価で一度に全部揃うチャンスでした。


中身はこんな感じ。
アラン・パーソンズやELOのBOXは
アルバムの解説やメンバークレジットがのった冊子が付いていましたが
このシリーズは更に廉価版なようで、そのようなものは皆無。
どちらかというとSONYのOriginal Album Classicsに近い形態ですね。
まぁでもイーグルスの黄金期のアルバムがこの値段で買えちゃうので
その辺は良しとしましょう。

で、初めてファーストからロング・ランまで聴いたわけなんですが
楽曲は最高の一言。さすがイーグルス、文句のつけようがないんですが
このBOXセットを製作した奴は最低(笑)

理由は

・レーベル面のプリントがバラバラで売れ残りを寄せ集めた感がバレバレ

・ロング・ランだけがリマスターされておらず、他のアルバムとのギャップが大きい

何よりも気に入らないのは、マスターのクオリティがとても低い点。
この手のBOXはいくつか買っていますが、間違いなく最低レベル。
具体的に言うと音楽的センスのない素人?が現代の”音”に近づける為に、
とりあえずデスクトップ上でいじって限界まで音圧を上げてみました~みたいな(^^;)
ショボい小さいスピーカーやカーオーディオではこの位のほうが
迫力あって良く聴こえるのかもしれませんが
ある程度の再生装置で聴いている人はボリュームを上げられない状態で苦痛を感じると思う。
リッピングして聴いてる人はROCKのプリセットでイコライザー設定してると
ベースとバスドラの重なるトコで音割れ起こしているんじゃないかなぁ・・・?

音楽って強弱があるからこそ美しいんですよね。
なんでもイコライザーで持ち上げて平均化するってのは、どうかと思う。
ビートルズのリマスターでラウドネス・ウォーは終息したというけど
まだまだ音圧=音質と勘違いしている人がいる限り
こういうのは無くならないのかもしれませんね。


DESPERADO/EAGLES
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« シュガー・タイム/丸山みゆき | トップ | Chicago The Studio Albums 1... »

コメントを投稿

BOX SET」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL