As Time Goes By

好きな物、感じた事、懐かしい物を
適当に綴ってゆくブログ

FALL ON THE AVENUE 見知らぬ街で/松岡直也

2017年11月04日 10時58分35秒 | インストルメンタル

FALL ON THE AVENUE/松岡直也
品番:WPCL-12545(再発)  オリジナル1982年リリース

01.TOUCH THE NEW YORK PINK
02.A SONG ON THE WIND(Remember me)
03.FALL ON THE AVENUE
04.MIRAGE
05.LIGHT OF LOVE
06.TIME AFTER TIME

今年春に再発された松岡直也さんのアルバムで
色々下調べをした結果、このあたりが黄金期ではないか?
と思われる80年代のアルバム8枚を購入しました。
相変わらず、美味しいとこだけのいいとこ取りです(^^;)

あきらかに夏を意識したアルバムジャケットが多いので
夏前あたりから聴きこみたかったのですが
実際に聴き始めたのは夏の終わり頃から。

以前にもちょっと書きましたが
このフュージョンというジャンルが
どーもとっつきにくくて。

でも一度聴き始めたら・・・
松岡さんの音楽の世界に引き込まれて
はまってしまいました!
ラテン系フュージョンのどこか哀愁をおびた
センチメンタルなメロディーと
松岡さんの弾くピアノの旋律が
ぐっと心に沁みます。

インストルメンタルというのはボーカルがない分、
雑念みたいなものもなく、
メロディーラインに没頭できますからね。

あ、ちなみに松岡直也って誰?という方には
中森明菜の”ミ・アモーレ”を作曲した人
・・・と言ったほうがわかりやすいのかもしれません。

9月の東北旅行の時も
10月の関西旅行の時も
新幹線の中では、ず~っと
松岡さんのアルバムを聴きっぱなしでした(^^)


TOUCH THE NEW YORK PINK/松岡直也


A SONG ON THE WIND(Remember me)/松岡直也



おまけ


MI AMORE/松岡直也
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 稲取に行ってきました | トップ | 25年間ありがとう »

コメントを投稿

インストルメンタル」カテゴリの最新記事