今日のドン言

私の競馬ファイル。POGをはじめ競馬に関することを違和感感知カメラでとらえた世界です。他に社会問題、スポーツ、芸能etc

ディーもシンハもやるじゃん! サトノもマカも闘魂注入だな。

2016-09-19 | 競馬
まずいね。「どれだけ負けりゃいい」(b'z/ウルトラソウル風) これほどの連敗はそうはない。逆に「スゲェーな」(ココリコ田中風)。 もうヘコみすぎて何も考えたくない。
 ま、一応。 ディーマジェスティはスタートもあったし、思わぬ後方からになった。うしろにはネイチャーレットしかいなかったもんな。 でも正義は平然としているように見えた。実際そうだったのだろう。 能力が抜けている馬のパターンである3角過ぎからの馬なり進出。 直線はスッとは突き抜けなかったけど、まだ多少の余力はありそう。 菊花賞はこんなレースはしないだろうが、まずは合格点以上の秋スタートだ。
 期待したプロディガルサン。正直あの位置取りではキツイかな。 向う正から3角にかかる辺りでは、ほぼほぼ最後方だもんな。 マジェスティが進出した後を懸命に追って行ったけど、向うは馬なり、こっちは仕掛けての進出だ。 でもその割には直線一旦はマジェスティに並び掛ける態勢。 あの時の迫力は結構なものだった。 直後ちょっと接触した感じで、怯むように離された。 上がりはマジェスティと同じだし、余裕残しの馬体からすれば、今後に望みを繋いだ一戦と思いたい。 ゼーヴィントもよく走るね。戸崎の腕もあるが、気骨を感じるいい馬だ。ただテンションの高さは気になるし、菊花賞を即答しなかったのもその辺か。 
 ロースSはシンハライトが見せた。 4角でもクロコスミアから相当な距離があったし、さすがに何着まで追い込めるか、という雰囲気だったけど、あれで差し切りとは恐れ入りました。 逃げてるクロコスはノーマーク馬だったから、直線へ向いた時は、私の本命アットザシーサイドが、正にアッとザ! という態勢。さらにその後はカイザーバルが突き抜けそうな雰囲気。 しかしクロコスの二枚腰三枚腰で、まさかの逃げ切り! と唸った瞬間、シンハの鬼脚炸裂。 この馬、桜花賞も実質は勝ってるケイバ。 6戦全勝といってもいいね。
 神戸新聞杯。 サトノダイヤモンド、エアスピネル、リオンディ…、いない(笑)。あとはレッドエルディスト、ミッキーロケット、ナムラシングンあたりか。 まあダイヤモンドの勝ちっぷりを拝見するだけだろう。 大穴ならカフジプリンスと思う。
 オールカマーは前年のグランブリ馬ゴールドアクターと、春のグランブリ馬マリアライトが出走する。 馬券は買いたくないね。 てか、こんだけ負けてたら買えない(笑)。
 ヴィニーの10.10のデビュー戦を楽しみに生きよう。 鞍上はオーナーの希望らしく武豊の予定。 コロナシオンも坂路で時計を出し始めた。多分仕上げ易いと思うので、10月のどこを選ぶか注目だ。 まさか、ヴィニーVSリナーテの一戦にぶつけないだろうな。  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セント・ローズ、あえて本命... | トップ | 今週から2才新馬戦が大変だ!  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。