今日のドン言

私の競馬ファイル。POGをはじめ競馬に関することを違和感感知カメラでとらえた世界です。他に社会問題、スポーツ、芸能etc

デイリー杯2才S・激戦必至! 笑うのは…。

2016-11-08 | 競馬
女王杯は競馬マスコミも紙面作りに苦労している感じ。 昨日も云ったけど、牝馬三冠が終って、その勝ち馬が1頭もいないのは、レースの図式をアピールしにくいね。 パールコードには代表として頑張ってほしいけど、正直ポスターバリュー的には、ね。 でも秋華の時計は悪くないし、立場も気楽だしな。 
 デイリー杯2才S。 一見すると地味目に映るエントリーだが、面白いメンバーだと思うよ。 2勝馬のジューヌエコールとディーパワンサ。共に前走はルメールで勝ったが、今回はディーパに騎乗。ジューヌも初戦乗った福永だから、こちらもさしてマイナスとは。 同じように、新馬を快勝したタイセイスターリーとリナーテも、共に川田で勝った。今回はタイセイに騎乗。菊花賞馬の下に乗らないという事態だが、タイセイも母方は活気ある系統だしな。 特にタイセイスターリーは1週前追いでも絶好の状態。川田がリナーテや武蔵野Sを蹴っての騎乗と思えば、新馬のレースぶりと中間の動きからも、かなりの有力馬だろう。 ディーパやジューヌはルメールの好騎乗も否定はできず、ここで額面通り「ドン」というまでのインパクトは。 リナーテはデビュー戦の勝ち方がやや地味に映った印象。ただ、我々の期待値が高すぎた面もあるし、普通に強い馬だとは思う。 そして未勝利上りのサングレーザーはどうか。 個人的な思い入れもあるけど、札幌戦は強かった。ゲート開いた時に少し伸び上がる感じで、位置を取れなかった。武豊としてはもっと前目でレースをするつもりだった筈。それでも向う正から馬なりで外をスイスイ上がって行き。4角は大外を回して押し切った。 本来なら内の3-4番手でずっと脚をためていたサトノアレスが勝つべきパターン。それを距離損いとわず大味で押し切ったのは相当な力量。 帰厩後も坂路で52秒を2度出すなど仕上げに不安もない。 上のクロスボウ、ゴーハンティングとは、父がディープに変わったこともあって、完全に上馬だ。結構自信あるけどな(笑)。 コロナシオンがデイリーでなく黄菊に行くのは、まあ色々と考えるところもあるけど、サングレーザーが勝ってくれれば、それはそれオールオッケーだ。
 グローブシアターがデビューするらしいね。 リオンディーズの分まで走れるかな。 まあリオンほどのパワーを持ってるとは思えないけど、リオンはリオンで欠点もあるわけで、パワーの凄い馬が一番稼ぐとは限らない(笑)。 サトノヴィクトリーはどうかな。一応今週予定ではあるみたいだが。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やはり4頭立てだった。堅いレ... | トップ | 寒さを吹き飛ばすような熱戦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。