今日のドン言

私の競馬ファイル。POGをはじめ競馬に関することを違和感感知カメラでとらえた世界です。他に社会問題、スポーツ、芸能etc

ファンディーナがもたらす流れ。

2017-02-22 | 競馬
まずはお約束のファンディーナ。早くもフラワーC出走が決まった模様。中3週で千八だから、これはGOし易いだろうね。つばきも実質真剣に走ったのは1ハロンだけだしな。
 これでフラワーCも手頃な頭数になりそうだね(笑)。問題はその後だ。桜花賞へ行くなら、輸送した後の中2週と、やや強行軍。多分レースが終ってから改めて次走が決まるものと思う。普通に楽勝なら、桜へ行くんじゃないかな。もしスルーなら、フローラS→オークスということになりそう。まあ皐月賞、ダービーでも勝負になりそうな気はするが。
 しかし、ファンディーナがすべてを引っくり返す可能性があるだけに、チューリップ賞も真剣味が違ってくるよ。ソウルスターリングといえどもキッチリ勝ちに行くだろうし、リベンジに燃えるリスグラシューや、権利が確定してない良血馬もより必死になるな。 更にそれより賞金の高いフィリーズレビューなんて、もうほとんど「本番」だろう。千四だから大物感のある牝馬は少ないし、賞金は桜花賞の2着より大幅に高い。
 今週は中山記念。アンビシャス、リアルスティール、ツクバアズマオー、ヌーヴォレコルト、ネオリアリズム、ロゴタイプとまずまずのメンバーか。 ヌーヴォの岩田は、フラワーで再びファンディーナの騎乗が約束され、これは張り切る材料だね。
 アーリントンはシンザンを走ったキョウヘイ、ペルシアンナイトに、ディバインコード、ミラアイトーン、牝馬のヴゼットジョリー。 ペルシアンが勝てばソウルスターリングの評価が上がるし、ヴゼットジョリーはこの後中1週でフィリーズレビューも使った方がいいんじゃない。阪神JFのメンバーより遥かに強力な桜舞台になるから。
 サトノダイヤモンドが栗東へ戻ってきた。阪神大賞典は確勝だろうな。ついでに凱旋門だけど、質量豊富といわれる3才牝馬陣。やはり秋の凱旋門挑戦を見たいね。現時点で候補となると、ソウルスターリング、リスグラシュー、アドマイヤミヤビ、ファンディーナ、ホウオウパフュームの5頭かな。それぞれ牝馬としては圧力のあるレースをしているし、可能性として楽しみにしたいね。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファンディーナに一言だけ。 | トップ | 春の予感…、開催初日でも行っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。