「困った時はお互い様」    

定額給付金を助け合いに使うキャンペーンブログとして開設。現在はドネーションシップわかちあい事務局ブログとして更新中。

ミサイル攻撃はシリアの人たちの助けにならず、より多くの人が亡くなり、状況が悪くなるだけだ

2017-04-14 07:24:01 | 情報・イベント紹介
※情報メモです

▼米、シリアに巡航ミサイル アサド政権軍基地に
59発、地中海の米軍艦船から

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM07H2K_X00C17A4MM0000/?dg=1&nf=1
2017/4/7 10:51

(一部抜粋)
【ワシントン=川合智之】トランプ米大統領は6日、サリンなどの化学兵器を使用したとみられるシリアに対し、米軍に攻撃を命じたと発表した。米軍によると米東部時間6日午後8時40分(現地時間7日午前4時40分)、地中海の米海軍艦船からシリアの空軍基地に59発の巡航ミサイル「トマホーク」を発射した。アサド政権に対し米が実施した初の攻撃となる。アサド政権を支援するロシアとの対立は必至だ。
 トランプ氏はフロリダ州で声明を読み上げ「今夜、私はシリアの空港を目標とする空爆を命じた」と述べた。「致死的な化学兵器の使用防止は米国の国家安全保障の重大な利益だ」と強調。シリアでの殺りくや流血を止めるため、米国と協力するよう「すべての文明国家に要請する」と訴えた。


▼トランプ政権のシリア軍事攻撃に抗議 全米各地でデモ | NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170408/k10010941361000.html(一部抜粋)
デモは、戦争への反対を訴える市民グループなどの呼びかけで行われ、集まった人たちは、「シリアへの攻撃をやめろ」とか、「シリアの人たちよ、私たちがついている」などとシュプレヒコールを上げ、攻撃に抗議するとともに、これ以上の攻撃をやめるよう訴えていました。

参加した女性の1人は「ミサイル攻撃はシリアの人たちの助けにならず、より多くの人が亡くなり、状況が悪くなるだけだ」と話していました。
また、男性の1人は「なんの手続きも経ずに、ほかの国を攻撃するのは違法だ。トランプ大統領はこれまでもうそをついてきたし、誰が化学兵器を使用したのかはっきりしていないのに攻撃するのはあまりに無責任な行動だ」と話していました。


▼安倍首相の発言全文 「米政府を支持する。国際社会と連携して日本の役割を果たす」
http://www.sankei.com/world/news/170407/wor1704070070-n1.html

▼軍産複合体と正攻法で戦うのをやめたトランプのシリア攻撃
http://tanakanews.com/170408syria.htm

▼シリア難民の概況
http://ccp-ngo.jp/project/syrian-refugee/syrian-ref-outline/
パレスチナ 子どものキャンペーン
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒糖 | トップ | 原発事故の農地汚染回復訴え却下 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-04-14 08:46:21
米軍、最強の非核爆弾を初使用 アフガンのIS空爆で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000000-jij_afp-int
AFP=時事 4/14(金) 2:28配信

AFP=時事】(更新)米軍は13日、非核兵器では史上最大の爆弾とされる大規模爆風爆弾(GBU-43/B Massive Ordnance Air Blast)、通称「MOAB(モアブ)」を、アフガニスタンのイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」施設に対し投下した。同爆弾の実戦使用は初めて。米国防総省が発表した。

【写真7枚】米軍が公開したMOABの写真、03年の投下実験の様子

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は、作戦は「非常に大きな成功」だったとたたえた。

 アフガン駐留米軍の声明によると、MOABは同国ナンガルハル(Nangarhar)州アチン(Achin)地区で午後7時32分(日本時間14日午前0時2分)ごろ、ISの「トンネル複合施設」に対し使用された。

 米空軍報道官のパット・ライダー(Pat Ryder)大佐によると、MOABは実戦配備された中で最大の非核兵器。また国防総省のアダム・スタンプ(Adam Stump)報道官は、投下したのはMC130特殊作戦機だったと明かした。

 アフガン駐留米軍を率いるジョン・ニコルソン(John Nicholson)司令官は、アフガニスタンのISが劣勢に追い込まれる中で即席爆発装置(IED)や壕(ごう)、トンネルで防御を強化しており、これらを排除し攻勢を維持するためにも、MOABは適切な兵器だと強調した。

 ショーン・スパイサー(Sean Spicer)米大統領報道官は今回の攻撃について、ISの戦闘員が自在に移動するために使用し、周辺の米軍事顧問やアフガニスタン部隊を標的にしやすくしていたトンネルや壕のネットワークに対して行われたと指摘。「彼らに活動のスペースを与えてはならないし、われわれはそれを防いだ」と述べた。

 MOABは「すべての爆弾の母」を意味する「Mother of All Bombs」の頭字語でもある。2002~03年、米主導のイラク進攻の前後に開発が急速に進められた。【翻訳編集】 AFPBB News
Unknown (Unknown)
2017-04-18 06:56:29
トランプのせっかちなシリア攻撃ゲームは、つじつまが合わない
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-f19c.html

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。