「困った時はお互い様」    

定額給付金を助け合いに使うキャンペーンブログとして開設。現在はドネーションシップわかちあい事務局ブログとして更新中。

ミンダナオ子ども図書館メールだより

2017-11-11 17:47:12 | ドネーションシップ
※ミンダナオ子ども図書館メールだより、を紹介させていただきます

ミンダナオ子ども図書館は、読み聞かせを中心に、
スカラシップ、医療、保育所建設、植林を行っている
現地NGO・特定非営利法人です。
**************************


機関誌61号のなかの、私の記事「戦争と死」を、
ミンダナオ子ども図書館のサイトのMCL文庫に載せました。
MCL文庫サイト
http://www.edit.ne.jp/~mindanao/mclbunko.html
から、「一般書・エッセイ等」の下の「戦争と死」をクリックして入って下さい。

激しい空爆もふくむ戦闘で
家も崩壊して、マラウィ市から
イリガン市へ逃げてきた
戦争避難民の子どもたち。
ミンダナオ子ども図書館では、
第三回の支援活動をした。
現地のイスラムの若者たちといっしょに、
お米や食料、石鹸や衣服やランドセル
赤ちゃんのいる家庭には、紙おむつも
508袋配給した。
そして、読み語りをして、歌って踊って
落ちこんでいる子も親も元気になった。
チョコレートのお粥をみんなで食べた。
憎しみあい、殺しあって戦争に勝つことよりも
友情と愛こそが生きる力。
子どもこそが未来なのに
子どもが、悲しくなるような社会を
何で大人は作っていくの?
日本でも、青少年の自殺や引きこもり
貧困家庭が増えて行くばっかり。
それどころか、北朝鮮との戦争も起こりそう。
ミサイルが飛んできて、原爆が落ちたら
マラウィどころではなく、
何百万人もの子どもたちが、死んでいく・・・

ぼくは、右でも左でもないけれど、
子どもたちが悲しむような、戦争だけは許せない。
http://www.edit.ne.jp/~mindanao/mclbunko.html

松居友



**********************
1,ミンダナオ子ども図書館だより(2006年より、MCLの活動、子供たちの様子を随時掲載しています。支援方法等もわかります。)
http://www.edit.ne.jp/~mindanao/mindanews.htm
2,ミンダナオ子ども図書館:日記(松居友が執筆。講演会の日程なども掲載)
http://www.edit.ne.jp/~mindanao/mindanewsdaiary.html
3,ミンダナオ子ども図書館 日本事務局 MCLジャパン
https://mcl-japan.jimdo.com/
4,ミンダナオ子ども図書館:日本のオフィシャルFacebook日本語版
https://www.facebook.com/mclofficialjapan/
5,ミンダナオ子ども図書館:本部Facebook英語版
https://www.facebook.com/MindanaoChildrensLibraryFoundationInc/?fref=ts
6,松居友のフェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007513418343
7,MCL文庫
http://www.edit.ne.jp/~mindanao/mclbunko.html


『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【森友問題】値引き6億円過大... | トップ | 身も心も限界 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドネーションシップ」カテゴリの最新記事