「困った時はお互い様」    

定額給付金を助け合いに使うキャンペーンブログとして開設。現在はドネーションシップわかちあい事務局ブログとして更新中。

沖縄差別

2016-10-25 08:56:01 | 会員日記
※ドネ会員ページ(SNS)から、会員さんの日記を紹介します

◆沖縄差別

今日、ネットで 琉球新報 を見て <高江を訪ねて>厳然とある沖縄差別 というタイトルの記事を見ました。
立教大教授で精神科医の香山リカさんが、沖縄の高江(米軍のヘリパッド建設地)を訪ねたときにエピソードが紹介されています。
以下、その記事から一部転載させていただきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして東京に戻る朝、私自身も強烈な経験をすることになった。
砂利を運搬するトラックを監視する自家用車の隊列に加わっていたところ、機動隊に突然、停車を命じられて車の前輪に車輪止めをつけられ、3時間にわたってその場から一歩たりとも動くことを許されない、という拘束状態に置かれたのだ。
そこから動けない理由を尋ねても、仕事の都合があると言っても、いっさいの答えはない。
同じように移動を禁じられた高齢女性が「トイレに行きたい」と訴えたが、それでも「動かないで」と同じ言葉が繰り返された。
どんどん気温が上がり、車内に座っていて体調を崩し外に出て座り込んだ若い女性は、涙ながらに「おかしいじゃないですか。どうしてトイレにも行かせてもらえないのですか」とつぶやいていたが、それにも答えはない。
私も「飛行機の時間が迫っている」と言ってみたが、「何時の便ですか?」といった人間らしい会話が始まることはついになかった。

 私自身、恥ずかしい話だが、ここまで顔や名前を持つ「個人」として扱われなかった経験はなく、圧倒的な力の前に言葉さえ通じないことの恐怖を身をもって味わうことになったのだ。

 その後、抗議する人たちの逮捕が続き、現在も演習場内で伐採が進められている森に入って防衛局員と対峙していた男性が「傷害」の容疑で逮捕され、名護署での勾留が続いている。
彼と行動を共にしていた人に直接、話を聴く機会があったが、容疑に相当するような暴力的な行為などはなかったという。

 もし、これが東京で起きていたらどうだろう。
突然、自動車を止められて動かぬように拘束させられたり抗議活動中の接触などで逮捕されたりしたら、「人権侵害だ」「権力による弾圧だ」と大騒ぎになるはずだ。
それがなぜ、本土の人たちは「沖縄なら仕方ない」「抗議する側にも問題がある」といった雰囲気となり、目を背けようとするのか。
これは紛れもなく差別であろう。
日本国内にこれほど厳然とした特定地域への差別があることのおかしさを本土の多くの人たちに知ってもらうのが私の役割だ、といま強く思っている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆記事の全文はこちら(琉球新報)↓  
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-375415.html

精神科医の香山リカさんは、障がい者差別にかかわってこられたなかで、今沖縄で行われていることは「これは沖縄差別ではないか…」との思いから、現地に向かわれたそうです。

米軍のヘリパッド建設のためには、自衛隊のヘリで建設資材や重機の運搬(住民の反対を押し切るため)をさせる事までする安倍政権。
国会の場で、自衛隊を「我が軍」と言う安倍総理。

そんな政権を選び、また沖縄の人たちに、在日米軍基地のほとんど押し付けてしまっているのは、僕たちです。
そこに「沖縄差別」はないのだろうか。
「遠い島の出来事」にしてしまってはいけないし、「知らなかった」では悲しすぎます。
僕たちは、沖縄の人たちに心を寄せ続けたいと思います。


◆フリージャーナリストによる沖縄・高江の報道 ↓ (2016.7~2016.10) 
http://tanakaryusaku.jp/category/%e5%9b%bd%e5%86%85/%e6%97%a5%e7%b1%b3%e9%96%a2%e4%bf%82/%e6%b2%96%e7%b8%84


◆記者拘束や監視…「沖縄での報道の自由懸念」
 国境なき記者団が異例声明
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/67801?utm_content=bufferebd88&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer
沖縄タイムス+プラス ニュース
2016年10月24日 18:00


************
※ドネ会員ページ(SNS)は、
それぞれの方が自分の日常や家族のこと、思うこと、
情報紹介や意見等々、、「わかちあい」に共感した会員どうしが
自由にであうこと、交流することのできる場です。
自分のブログのリンクもできます。
安心して人とつながれる場、気持ちを表現できる場をめざしています。
http://donationship.org/
会員募集中です。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自主避難者から住まいを奪うな | トップ | 11/6 京都・山科商店会 軒下... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-10-27 23:46:59
◆「戦わないために闘っている」 沖縄戦、最後の証言者◆

辺野古新基地の建設現場前で、ヘリパッド建設予定の高江の米軍演習場ゲート前で、「基地は絶対に造らせない」と、365日、非暴力で抵抗する人々がいる。

彼らの多くは沖縄戦の体験者だ。
機動隊に排除されても排除されてもただひたすらに座り込み続ける。

彼らは言う。「二度と沖縄を戦場にしない」

★DAYS JAPANより
→ https://daysjapan.net/2016/08/20/%e3%80%8c%e6%88%a6%e3%82%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab%e9%97%98%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%80%8d%e6%b2%96%e7%b8%84%e6%88%a6%e3%80%81%e6%9c%80%e5%be%8c%e3%81%ae%e8%a8%bc/

コメントを投稿

会員日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。