「困った時はお互い様」    

定額給付金を助け合いに使うキャンペーンブログとして開設。現在はドネーションシップわかちあい事務局ブログとして更新中。

平和が来ることを祈って:ミンダナオ子ども図書館だより

2017-06-20 08:43:35 | ドネーションシップ
ミンダナオ子ども図書館メールだより
(ミンダナオ子ども図書館は、読み聞かせを中心に、スカラシップ、医療、保育所建設、植林を行っている現地NGO・特定非営利法人です。)
   **************************

皆様、お元気でお過ごしでしょうか。
ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、ミンダナオの情勢が一部で戦闘が起こり良くありません。
ミンダナオ子ども図書館でも、戦争避難民の救済支援を始めることにしました。
ミンダナオ子ども図書館:日記のサイトで報告していますのでご覧下さい。
http://www.edit.ne.jp/~mindanao/mindanewsdaiary.html

ミンダナオ子ども図書館では、現地のNGOと福祉局からの要請もあり、現在戦闘が起こっているマラウィに行き、避難民を対象に緊急支援を開始することにしました。
 ご存じの方も多いかもしれませんが、ミンダナオで過激派組織「IS(イスラム国)」に忠誠を誓う武装勢力「マウテ」などが5 月下旬から、マラウィ市でフィリピン軍との戦闘を続けています。フィリピン軍の広報官は6 月13 日、「マウテの戦闘員は市民を人間の盾として動員しており、軍の進行が妨げられているなどと語った。逃げようとする人たちは、射殺されている」と語りました。
 フィリピン軍は17 日、空爆と砲撃で攻撃しましたが、政府によると、マラウィではこれまで過激派戦闘員225 人、軍兵士59 人、民間人26 人の310 人が戦闘で死亡したと発表されています。
 現地までは距離もありますし、ミンダナオ子ども図書館も今までは様子見をしてきました。しかし、私たちの友人いるNGO(Moro Peaple Organization)から、避難民救済の支援の要請を受けました。それを機会に現地スタッフと会議を行い、可能な限りの救済支援活動を行う約束をしました。早急に政府、福祉局の許可も得て、すでにマラウィで活動していて現地の状況に通じているNGO、そしてマラウィ市の福祉局とも提携して活動を開始します。
http://www.edit.ne.jp/~mindanao/mindanewsdaiary.html

平和が来ることを祈って活動していきます。
松居友



***********************
1,ミンダナオ子ども図書館だより(2006年より、MCLの活動、子供たちの様子を随時掲載しています。支援方法等もわかります。)
http://www.edit.ne.jp/~mindanao/mindanews.htm
2,ミンダナオ子ども図書館:日記(松居友が執筆。講演会の日程なども掲載)
http://www.edit.ne.jp/~mindanao/mindanewsdaiary.html
3,ミンダナオ子ども図書館:日本のオフィシャルFacebook日本語版
https://www.facebook.com/mclofficialjapan/
4,ミンダナオ子ども図書館:本部Facebook英語版
https://www.facebook.com/MindanaoChildrensLibraryFoundationInc/?fref=ts
5,松居友のフェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007513418343
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文科省がんばれ | トップ | ドネ会のひとこま »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドネーションシップ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。