「困った時はお互い様」    

定額給付金を助け合いに使うキャンペーンブログとして開設。現在はドネーションシップわかちあい事務局ブログとして更新中。

今村復興相 震災の自主避難は「自己責任」と明言、記者に「二度と来るな」と恫喝し勝手に退場

2017-04-05 08:48:57 | 原発・放射能
※情報紹介です

◆自主避難は「自己責任」~復興大臣明言
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2113

復興庁の今村大臣は4日、31日で住宅支援の打ち切りを迎えた「自主避難者」に対し、国に責任はなく、「自己責任」だと明言。「裁判でも何でもやればいい」と声をあらげた。
 
今村大臣は、自主避難者が先日29日に提出した署名の存在について、知らないと回答。国は、帰還についての条件づくり、環境づくりをしてきたと述べ、住宅支援については、福島県の状況を理解していない国の役人が対応することはできないとの考え方を示した。
 
実際に帰れない人がいることについては、「本人の責任でしょ。本人の判断だ」と明言。線引きをして、ルールにのっとってきたと語気を強め、「裁判でも何でもやればいいじゃないか。」と声を荒げた。記者が「責任をもって回答してください」と追及すると、大臣は「無礼だ。撤回しろ」と語気を強め、最後は「二度と来るな」「うるさい」と怒鳴りながら、会見室を退室した。


◆今村雅弘復興大臣、
東日本大震災の自主避難者は「自己責任」で
「裁判でも何でもやればいい」と暴言

http://buzzap.jp/news/20170404-imamura-jishuhinan/

詳細は以下から。
今村雅弘復興大臣は4月4日の記者会見で、3月31日で住宅支援を打ち切られた東日本大震災の自主避難者に対し、「自己責任」であると明言しました。
自主避難者に対しては国としての住宅支援を打ち切り、福島県を通したサポートに切り替える方針に対して鋭く質問が投げかけられました。自主避難者らにそれぞれに戻れない事情があること、栃木や群馬から自主避難した人もいることなどが問いかけられています。これに対して今村大臣はあくまで自主避難者それぞれが判断して決める事だと述べました。
帰れないから避難を続けている人に国は責任を取る必要があるのではないかという追求に対し、今村大臣は「自己責任だ」とし、「裁判でも何でもやったらいいじゃないですか」と明言。さらに国としては大災害の対応としてはやれることはやったし、これ以降は福島県を中心にして国が寄り添うべきだと述べています。

続きはこちら↓
http://buzzap.jp/news/20170404-imamura-jishuhinan/


▼今村復興相 震災の自主避難は「自己責任」と明言
記者に「二度と来るな」と恫喝し勝手に退場

https://matome.naver.jp/odai/2149129352314486701



==================
★イベントのお知らせ★
==================
▼5/4 第7回 わかちあい祭り!2017のお知らせ
http://blog.goo.ne.jp/donationship/e/e8ba2d1d34df9a50cf2bf1e7118a8890

★ブログランキングに参加しています★
 クリックいただけると嬉しいです♪(右上のバナー)
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「子どもの貧困対策の未来」 ... | トップ | 菜の花 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-04-13 06:45:29
甲状腺がんの子4人に1人が進路に影響〜支援団体アンケート
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2116
Unknown (Unknown)
2017-04-16 08:35:16
福島の青年の甲状腺がんの手術のご報告です。 (河野美代子のいろいろダイアリー) 
http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/780.html

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。