「困った時はお互い様」    

定額給付金を助け合いに使うキャンペーンブログとして開設。現在はドネーションシップわかちあい事務局ブログとして更新中。

原発事故の農地汚染回復訴え却下

2017-04-18 06:40:28 | 原発・放射能
※情報紹介です
こんな判決ありか!?(怒)
元に戻せないことはやってしまってもその罪を問われないのか?
裁判所おかしいぞ!

原発事故の農地汚染回復訴え却下 
地裁郡山支部、原告控訴へ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00010013-minyu-l07
福島民友新聞 4/15(土) 11:48配信

 東京電力福島第1原発事故により、放射性物質で農地を汚染されたとして、県内のコメ農家ら8人と農業法人1社が東電に土壌の放射性物質濃度を事故前の水準に戻すよう求めた訴訟で、地裁郡山支部(上払大作裁判長)は14日、「放射性物質の除去方法が技術的に確立されていない」として、訴えを却下した。


 原告側は控訴する方針。原告側によると、原発事故を巡る農地の原状回復を求めた訴訟の判決は全国で初めて。

 判決理由で上払裁判長は「原告側は農地の放射性物質を除く方法を具体的に明示しておらず、訴えが認められた場合に東電が取るべき行為を特定できていない」と却下の理由を示した。放射性物質の飛散で農地の所有権が侵害されたか否かについては判断を示さなかった。

 原告側は、事故でコメや野菜を作っていた計約30ヘクタールの農地の放射性物質濃度が上がり「安全、安心な農産物を生産、販売することができなくなった」と主張。事故前に県内で測定されたのと同程度まで放射性物質濃度を回復させるよう求めた。

 東電側は「原告の農地は作付け制限や出荷制限もなく、使用は妨げられていない」と主張した。

 原告団の鈴木博之団長は判決後の記者会見で「原発事故の後始末をしなくてもいいと、司法がお墨付きを与えてしまった」と、憤りをあらわにした。原告側の花沢俊之弁護士は「『却下』という結論だけで、内容に関する議論がなかった」とした。

 東電は判決を受け「訴訟の内容については回答を差し控える」とした。




==================
★イベントのお知らせ★
==================
▼5/4 第7回 わかちあい祭り!2017のお知らせ
http://blog.goo.ne.jp/donationship/e/e8ba2d1d34df9a50cf2bf1e7118a8890

原発事故で京都に避難されたママたちの手作り品を販売します
原発事故は終わっていません。
応援お願いいたします。

★ブログランキングに参加しています★
 クリックいただけると嬉しいです♪(右上のバナー)
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミサイル攻撃はシリアの人た... | トップ | ベーシック・インカムの庭 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。