野良菜園のたより

自然農を参考にして自給自足を目指す家庭菜園の記録

2017 トマト 

2017-07-16 08:59:36 | トマト
2017年7月10日「いつのまにかテント生え」

去年のトマトはあまりいい出来ではなかったので、
種取もせず、春にテント生えがでても草と一緒に刈ってたのだが・・・・。

それでも一つ、目の届かぬうちにここまで大きくなっていました。
なんの種類の種の子なのか分からないし上、
去年は自然農法センターで購入した交配種のトマトも栽培していたんで、それかもしれないし、、
過度な期待はしていないのだけれど、
できれば、大玉か中玉であってほしいなあ・・・・。




2017年7月3日「大玉トマトの収穫」


ずっとなりをひそめていた大玉が、
気が付いたら前の日に薄く赤くなり、今日7月3日無事収穫3つ。
明日こちらは台風3号が来そうなので、すこし早いが取っておいたほうがいいだろう。

今年も去年に引き続き、それほど元気があるようにはみえない。
このまま意外にほそぼそと成長していくのか、
それとも去年みたいに7月末から突然調子悪くなり壊滅状態におちってしまうのか・・・・。
とにかくこつこつ挿し芽をやっていこう。


2017年6月21日「挿し芽トマト」


大玉トマトの脇芽をきって挿し芽づくりにいそしんでいる。
いま5本地植えして、さらに5本水にさしている。
一週間ぐらい水にさしていると、ある日突然根がぶわっとでてくるので、
そのタイミングでいつも土に戻している。

とにかく今トマトの本数が足りていないので、元気なうちに挿し芽を、急げ、急げ。



2017年6月12日 「やっぱりイマイチ調子が悪い」

病気がはいって結局、大玉、中玉4本ずつ計8本植えたあったのが、
大玉2つ、中玉1つしかのこっていない。

大玉はせっせと挿し芽をしているのだけれど、
ちゃんとついているのが4本。
そのうち1本は、調子が悪い時の分なので、ダメそうだったら引き抜く予定。

調子が悪い時にとった脇芽は、挿し芽にしても調子は上向かない。
でも、もちこたえているということは、若干の病原菌と健康が拮抗しているということだろうか。

のこり1本の中玉が、とりあえず初収穫。
ただしこの中玉は肝心の脇芽が見つからないので、挿し芽ができない・・・・悲しい。
今からもう一度種まいてみようか。



2017年5月31日 「今年も病気が襲ってきた」



恐れていた病気がまたやってきました、黄化えそ病ではないでしょうか。
去年も何本かやられましたが、今年は中玉4本のうちすでに大なり小なり3本やられはじめています。
大玉も1本すでに兆候がみられます。
一週間前までは本当に元気いっぱいだったのに・・・・・。
雨も降らないのに、どうして病気がやってくるのだろう。

とりあえず葉をおとしました。
多分これだけでは、病気が蔓延するでしょう。
ストチュウ水なんかできくんでしょうか。
他をおもんぱかって、この2,3日でどうするか決めます。


2017年3月25日 「大玉・中玉トマトの定植」



畝で育てていた大玉と中玉のトマトを4苗ずつ定植した。
中玉のスタピストマトは苗がまだ小さいのに、すでに花をつけている。
大玉の自生え大玉のほうは、まだつぼみ。

ニラと一緒に寝かせ植えして、定植終了。

スタピストマトは、背丈が低いポテトリーフ。
収穫はどんなものかと今から楽しみにしている。


『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2017 ししとう | トップ | 2017 オカノリ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。