野良菜園のたより

自然農を参考にして自給自足を目指す家庭菜園のつぶやき記録

2017 かぼちゃ

2017-09-22 05:27:11 | かぼちゃ
2017年9月16日「かぼちゃはまだ実をつけています」

そろそろかぼちゃも終わりの時期かなと思いきや、
この一か月で数個のかぼちゃができた。
先週から大きくなり始めたかぼちゃもあるけど、小さいままおわるんじゃないかな。
まあ食べられるぐらいに甘くなれば、しめたものだけれど。

遠いところに植えているバターナッツのかぼちゃが、ごろごろ転がっていた。
最初のほうはくたびれた苗だったけど、
5月ごろにまいた株が今頃元気になって這いまわっている。
ただし、ネット栽培をみこしてネットの近くに植えたのに、結局すべてが地這えになった。



2017年8月10日「西洋かぼちゃの収穫」

今年は実験で、かぼちゃの一部をネット栽培している。
いや、正確に言えば、バターナッツ用にネットをはったのだが、
肝心のバターナッツは地を這い、通常の西洋かぼちゃが天に昇っている。

今日西洋かぼちゃ、一つ収穫。



2017年6月12日「バターナッツの今」


4月ごろにまいた種より、だめもとで5月中旬ごろにまいた種のほうが大きくなっている。
かぼちゃは4月に蒔かなめればダメだと勝手に思っていたけれど、
5月ごろでも大丈夫というのがわかって、それはそれでよかった。

でもバターナッツの、あの独特のひょうたん型にはなっていない、ちょっと形が悪いなあ。
受粉のせいなのか、土壌のせいなのか、たまたまなのか・・・・。



2017年6月12日 「かぼちゃの現在」


今年もいろんなところに植えてみたけど、
雨が降らず、すべてに水やりが行き届いていないせいで、あとウリバエもやってきて
かぼちゃがどんどん自然淘汰されています。
元気のあるのは、結局5、6苗ぐらいだろうか、数えていないけど。

もう花が咲き始めている。
今年は暑すぎて、雨がないので、成長がイマイチ。
去年のようにうまい具合にいってくれるといいのだけれど。



2017年5月8日 「かぼちゃの双葉を定植」


畝に捨てた生ごみの中から勝手にに生えてきたかぼちゃと
3年前の採種のもの、そしてかぼちゃ茶を作ろうとしてそのままになっていた種の3種類。
どれがどれだかわからなくなりましたが、ほぼ移植終了。
あまり大きな声では言えませんが、かぼちゃ用の畝は用意していません。
南北畝の北か南の端っこにうえて、いつも畝と畝の間の道に転がして育てています。
去年はそれで22個とれたから、今年もやめられません。

一方、去年珍しく買ったF1の種のかちわり(自然農法センター)、
そして今年新規で購入したバターナッツ
蒔いた種の少なさもありますが、こっちは見事に生育が悪い。

毎年ウリバエに穴をあけられ、たいてい移植した苗が1/4ぐらいに間引きされてしまうのだけれど、
今年はどうなるかな。
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2017 彼岸花 | トップ | 2017春夏 インゲン »

コメントを投稿