野良菜園のたより

自然農を参考にして自給自足を目指す家庭菜園の記録

2017 さつまいも

2017-09-15 05:31:12 | さつまいも
2017年9月10日「さつまいもの現在」

去年は8月の干ばつ時期があったけど、
今年はそれでも10日に1回ぐらいは降ったので、去年より葉が多く茂っている。

毎年思うのだが、さつまいもの肥大の一番の要因はなんだろう。
土の栄養とはおもえないし、雨が降らないのもそれほど関係ないような気がする、乾燥に強いし。
だったらやっぱり苗だろうか。
苗の植える時期、大きさ、葉っぱの多さ、大きさ、植え方、植えた後の発根状況・・・・。
いまだにこれといった手ごたえを感じない。

今年はどんな具合だろう。




2017年6月12日「さつまいもの定植」

なんやかんやで、定植時期が若干遅れている。
この分では目標の6月20日に定植がおわれないんじゃないかと思う。

今年は世間ではやっている菅野式で定植。
頭と尻尾を切るので、定植した苗がものすごく小さい。
とにかく枯れなければ、なんとかなるんじゃないかと思っているのだけれど。

まだまだ1/4しか終わってない、やばいぞ。



2017年5月25日 「種サツマイモの芽がでる」


去年より芽が動くのが遅かった。
去年は4月8日にうごきはじめたのに、今年は4月21日。
でも芽が2,3㎝まで成長したのは、
去年が5月16日で、今年は5月20日、結構追いついてきた。
一つはプラ水槽をかぶせて簡易温室にしたのと、今年は暑さが去年よりも早くきたからじゃないだろうか。
この分でいくと、6月初旬ごろには苗の植え付けができそうだ。

今年は土にうめた種芋がしょっぱなから相当虫(多分鳥も)にやられた。
毎年2個種芋をつくっていたが、今年は追加追加で6個。
「48度を湯の中に40分消毒」もやったけど、最後はどれがどれだかわからなくなった。

でも虫から食べられても、さつまいもはちゃんと芽を出す。
しかも結果的に6個種芋を作ると移植が早く終わりそうで、うれしい。



2017年4月7日 「もう一度、種芋作り」


3月中旬に夏野菜の育苗予定のビニル掛けしたトンネル畝に2本埋めておいたのだけれど、
今年の3月は気温が上昇しなかったせいか、
まだ発根なし。

それどころか、虫の食った穴が・・・・。
去年もたしか1本が食害されて後で追加したような。

ここは種芋をけちらずに、2本追加決定。
せっかくなので、さつまいもの種芋作りでよく聞く「48度を湯の中に40分消毒」をやってみた。
思ったほど大変じゃなかったけど、45度~49度ぐらいでキープできたとおもう。
でもこの温度の誤差は致命傷なのかな?

今度はビニル掛けのトンネルの中にはうめず、
衣装ケースにいれてある育苗箱のとなりにうめておいた。
ビニル掛けのトンネル畝の種芋と、どちらが早く発根するかも興味あり。
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2017 ナス | トップ | 2017冬 育苗 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。