名言 至言

精神の栄養剤をどうぞ

地球温暖化の問題

2017年06月28日 | 思想 哲学

「“胸を痛める心”や“懸念の共有”こそが、人類益の見地に立った国際協力の道を開く突破口になると思えてならない」

「一人一人の人間が自分の今いる場所で行動を起こすことが、計り知れない意味を持っている」

池田先生が地球温暖化の問題について言及した『ジャパンタイムズ』の寄稿文にある提言




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妙法の唱題は | トップ | 最悪こそベスト »
最近の画像もっと見る

思想 哲学」カテゴリの最新記事