農家のヨメにはなれません。

子供とイチゴの成長記録とダラダラ主婦の実態に迫る。

久しぶりに泣いた。

2017-07-16 23:10:36 | 今日の出来事。
今日は朝からバレーの試合でした。

予想通り蒸し風呂体育館で

汗だく祭り。

今回の試合はキャプテンがお仕事で不在

私がいつもガミガミ言われるキャプテンの父(監督)も一緒の仕事でお休みだったので

なんだかのびのびバレーができ

エースの男の子が絶好調で

私達もその子を活躍させるためにレシーブやらブロックをがんばり

最近負けることが多かったチームにもストレート勝ちして

決勝でも楽に勝つことが出来ました。

やっぱ雰囲気大事だなー!めちゃめちゃ盛り上がったもん!

気分よく帰り

晩御飯を家族に食べさせてから打ち上げに行ってきまして


試合には来れなかったキャプテンと監督も飲み会には参加し

いつものように試合の反省やこれからのチームのことなどバレーの話でみんな熱く語り合って

そこで

いきなり私についてキャプテンが

『昔のチームにいた頃は調子に乗らせたら脅威を感じる人だったからマークしてましたが…』と語りだし

『もう少し伸びても良いのではないですか?』って言われたので


昔のチームでは私にアタックを決めさせたい!って思ってくださる方々がいて

それに応えたい!頑張らなきゃ!エースだもん!ってあたしがいて

チームは弱かったけど

今より私も若かったし

意地悪するおばちゃんもいたけど

アタックは今より決めてたかも…それは自分でもわかってるけど

アタックを打つ回数が全然違うから

気持ちもアタッカーとしては今はあんまり意識してなくて

他の若手が決めるためにレシーブやらなんやらで盛り上げるって気持ちが強くなってるから

昔とは違うんだよなーって

そんな話から

昔のチームの私を支えてくれてた人々を否定するようなことをキャプテンに言われて

その場は笑ってすませたけど

帰りの車内で悔しくて

私の現在の不甲斐なさ
そのせいで大事な人々まで否定されて

いや、今日だって別のチームの方からレシーブがうまくなったって褒められたし

そつなくプレーできる貴重なシニアだと言っていただいているから

アタックだけじゃなくムード作りやらなんやらも自分なりに出来ることを必死にやってるつもりなんだけど

自分のせいで大事な人との思い出を他人から否定されてしまうくらい、ダメな自分にとてもとても悔しくなって

泣きながら帰ってきました


自分なりに頑張ってるつもりなんだけど

昔みたいに

絶対的な味方がいたらあたしも頑張れるのかもしれないけど

それくらい弱い人間なので

怒られないようにするバレーと

褒められるようにするバレー

今は気持ちも全然違うから

前の私にはなれないんだよな

今やれることを必死にやってるんだけど

必死感が出てないのかな…

期待されてる証拠だという年上の方は言ってるけど

なんか何を言いたいのかよくわからないでしょうけど

五年くらい前に戻りたい

出来れば十年前からやり直したい

あ、これはバレーのことだけね(笑)

子育てもう一回そこら辺からやれって言われたらキツイ(笑)

とにかく


悔しくて悲しくて

泣けてしまった

優勝したのに…変ですな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日もよく寝た。 | トップ | それでも練習に行ってみた。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。