1から9の踊り子

ダダ
言葉をしらない
ただ

愚かな優しさ

2017-07-29 | ロビンソン
気付けば何かを失くしたり
 失くした代わりの深手のきず
優しさが生んだ傷の痕
 卑怯で臆病な愚かさは
きっと優しさには近づけない
 あなたが傷つき崩れ落ちたら
愚かな優しさは悲しみに暮れる
 僕は何を求めていたのか
  誰かの叫びが木霊する


  きっと ずっと
 いつかは どうか
届き
 愚かな 優しさ
  僕の
『ポエム』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 網膜 | トップ |  »

ロビンソン」カテゴリの最新記事