Dolphin Blog

日々の出来事をゆる~くお伝えします

由良からお届け♪

2007年06月30日 | ゆるゆる更新。Dolphinブログ!

こんばんは
由良へ潜りに来ている高宮、渡部、竜次、高橋の
竜次です
今日は由良でダイビング講習です
伝三郎さん貸切で総勢48名
マイクロバスで出動でした
大盛り上がりですよ

夜ご飯は伝三郎さんの美味しいご飯

ご飯の後は大花火大会

明日はバーベキュー&ダイビング
明日も大盛り上がりで出動です
今夜は遅いのでこの位で、、、

明日も由良情報をお届けいたします

おやすみなさい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっほ~い

2007年06月30日 | ゆるゆる更新。Dolphinブログ!

もみで~す

今日は高宮さん、竜ちゃん、紳ちゃん、祐司さんのスタッフ勢ぞろいで山形由良に行っていております

 

ショップにはNAOKOさん、NORIKOさんと、●年前に講習でご一緒したリナちゃんとリナちゃんママ&パパが遊びにきてくれました

リナちゃんはあの時はまだお腹の中にいたのに、今ではもう1歳半・・・私も年取ったんだなぁ・・・と嬉しさ半分、ちょっぴりショックも受けつつ。。。
パパ&ママも元気そうで良かったです いつでもお散歩に来て下さいね

NAOKOさん、NORIKOさん、差し入れありがとうございました
とっても美味しかったです
KAZUさんも次回はぜひ高速バスでいらしてくださいね

今日はちょこちょこ雨に降られて涼しかったですね~
ぜひお時間ある方はショップに遊びにきてくださ~い


高宮さん、竜ちゃん、紳ちゃん、祐司さん、無事に帰って来てくださいね~

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

こんにちは~

2007年06月28日 | ゆるゆる更新。Dolphinブログ!

もみで~す

今日は暑かった~
海に行っている紳ちゃん、竜ちゃんがうらやましい~
ちなみに私はプールへ・・・

今日は、以前載せていたウェットスーツのデザイン、配色の様々をお伝えしましたが、最近ご注文いただいたウェットスーツ達をどうぞご覧下さい

今年の注目カラーや、ご購入時の参考に是非

 

まずはトップバッターにこれ

こちらは男性が選んだ、配色とデザイン
男性ならではのシンプルなデザインと、ブラック×レッドのカラーで、カッコいいスーツに出来上がりました


そして、続きまして~

こちらは女性のスーツで、シンプルなブラック×ブルーとシンプルな配色ですが、フィンやマスクにブルーやホワイトの明るいさし色で全体で見るとかわいらしいスタイルの完成です


続きまして~

こちらはなんともかわいらしい配色
ロイヤル×スカイ×イエローという目の覚めるような明るいスーツになりました
そしてこのスーツにはイエローのフィンと、クリアブルーのマスクでさらに可愛くコーディネート

 

続きまして~

オシャレな配色のこのスーツは、グレイ×オレンジ×イエローで元気一杯なスーツに仕上がりました
このスーツにはマスクもフィンもオレンジカラーで統一
陸上、水中ともに元気いっぱい

 

続きまして~

このスーツは先程の目の覚めるような明るいスーツとは一味違って、ロイヤル×アイスブルー×イエローで、さわやかに仕上がりました
このスーツにマスク、フィンをイエローで統一し、水中ではさわやかに目立ちますね

 

続きまして~

こちら今年のスーツの中ではかなりの方々に好評の配色
グレー×イエロー×ホワイトのさわやかで、さらにかわいい
このホワイトのステッチ(縫い目)に合わせて足元はホワイトのフィン
かなりかわいいで~す

 

続きまして~

こちらは今までにない斬新なカラー・・・それでいてオシャレ
オリーブ×ライムイエロー×ホワイト
オリーブでのウェットを作った方は初めてで、ドキドキでしたが、こちらも個性あふれていて好評なスーツです

最後に~

ブラック×ベビーピンク×シルバーで可愛い&ピリッとなこのウェット
ブラック×ベビーピンク×・・・ホワイトになりそうなところを、あえてシルバーでホンワカな感じにしているのが可愛さの秘訣ですね
さらにピンクのフィンとマスクで女子らしさ一杯です

この中でキラリと光るスーツは見つけられましたか

この夏、お気に入りのスーツを見つけてくださいね

 

こんな感じで、実際のウェット生地を見ながらの配色はもちろん、実際に出来上がったスーツで具体的なイメージができるので、スーツを検討中の方はぜひショップにいらしてくださ~い







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

気持ちいがったぁ~

2007年06月26日 | ゆるゆる更新。Dolphinブログ!

 もみで~す 

今日の仙台は結構などしゃ降りでしたね

でも雨のおかげでちょっぴり涼しい気持ち良い1日でした

 

先日、紳ちゃん&もみで志津川にいってきました

カズさんは余裕のオープンウォーター海洋実習1回目

ねぇさんとナオコさんはドライスーSPでパワーアップ

皆さん志津川の海を満喫していただけましたでしょうか

今回の志津川ツアーは天候、海況に恵まれ、船酔いの心配も吹っ飛んじゃうくらいのベタ凪でしたね

昨日のブログでも話題になっていましたが、志津川では真っ白なウニに出会い、カズさん、ねえさん、ナオコさんのデジカメ水中写真第一号はそろって白いウニでしたね

カズさん、水中の落ち着きっぷりには紳ちゃん、もみも感動です
7月7日の七夕にはダイバー誕生ですね
楽しみ~

ナオコさん、MYドライスーツはいかがでしたか
1本目よりは2本目、潜降姿勢がドンドン上達してますよ~
そして、ナオコさんの写真には撮ってはいけないレア写真も・・・

  
ナオコさん素敵


ねえさん、船酔い&ドライスーツはもうへっちゃらのすけですか
今回はずっとテンション昇り調子でしたね
余裕のOKサインが印象的でした

OK


そして最後はモアイ像と私達
   

志津川バンザ~イ  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白いクジラ

2007年06月25日 | ゆるゆる更新。Dolphinブログ!

昨日の志津川ツアーでAさんが白いウニを見つけて写真に撮っていました。

通称アルビノと呼ばれる突然変異の個体です。

そんな中、私の師匠でもあるオーストラリアのコースディレクターから一報が入りました。

なんと!!アルビノのクジラ!!!

本文はこちらですが

http://www.bluekarem.com/jp/modules/wordpress/index.php?p=139

ここにもコピペさせてもらいました。

スゴイですね!真っ白のクジラ。

見てみたいものです。

 

世界に一頭しかまだ確認されていないザトウクジラのアルビノ個体「MIGALOO」である。オーストラリアの原住民アボリジニ語で「白いやつ」と言う意味。それがこのオーストラリア東海岸を毎年北上するのである。6月ごろにバイロンベイあたりを通過したのをはじめに、それから2ヶ月ぐらいかけてケアンズまでやってくる「MIGALOO」。ここ数年は、ペアでやってきており毎年戻ってくるのを確認するまで心配である。

なんせ、野生ではアルビノと呼ばれる白色変異は、目立つため長生きする確率が低いと言われている。そのなかでも海という非常に厳しい環境の中で完全に成熟したザトウクジラは今まで確認されていない。それだけに、科学者の関心も高くただでさえ厳しいオーストラリアのホエールウォッチングルールも「MIGALOO」はさらに厳しい「特別個体の保護」と言われる規制までかかっている。

それだけに、毎年こいつに遭遇することは奇跡に近い。それでも、通常のザトウクジラの回遊ルートをたどっているのでラッキーな観光客は水面から見ることができる。ケアンズでも毎年数日間の目撃例がある。が、毎年経った数日しか見れない。その日に特定のボートに乗っていて初めて運よく会えることができるこのクジラに会うのが僕の夢である。

もちろん水中で会うことが最高だが、先述したとおり近づくこともダイバーを水に入れることも禁止されている。こっちが潜っているところに興味を持って勝手に近づいてくるのを祈るしかないのが現状である。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

な~つ~だ~よ♪

2007年06月24日 | ゆるゆる更新。Dolphinブログ!

皆さん夏ですよ
もう夏ですよ
夏ですよね
竜次ですよ

金曜日由良

土曜日加茂

本日志津川

いつの間にやらダイビングのシーズンですよ~~~

由良、加茂は水温21℃
余裕のウェット、フードなし
気持いい
しか~も

今回は超~レアの「シマウシノシタ」を由良白山でゲット
フレンチでお馴染みのシタビラメってやつですね
そして加茂はボウズコウイカがたくさん
スジコウイカもいたし、ヒメイカもいたし、ダンゴイカもいたし
イカがですか


イカばっかりですよ
イカってよく見るといろんなところがキラキラしてて

キレイなんですよ

そして今日は紳ちゃんともみちゃんが志津川へ
写真を見たら天気もいいし、透明度もいいし、気持ちよさげでした

いよいよ夏なんですね
ブログをご覧頂いている皆さんもそろそろいかがですか

ダ・イ・ビ・ン・グ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オクトパス

2007年06月21日 | ゆるゆる更新。Dolphinブログ!

昨日の紳ちゃんの突然のフリに答えさせていただきます。

 

まず、最初に残圧をちゃんと頻繁にチェックしてれば空気切れは起こらないという事です。オクトパスは使わないに越した事はありませんが今回はケーススタディとしてお話させていただきます。

 

 

オクトパスは右出しか、左出しか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらでも良い

 

 

です。PADIのルールでも特に規定はありません。

それぞれに長所短所があり、

右出しであればメインのレギュレーターが不調の際に自分のレギュレーター以外にもう一本レギュレーターとして使用できるというメリットがありますさらにバディに予備の空気源としてあげる場合にオクトパスが逆さまにならない。逆さまになっても吸えるのですが、逆さまだと水が入ってきてしまいます。
短所としてはメインのレギュレーターとオクトパスがごっちゃになってしまう。

左出しの長所短所はその逆という事になります。左出しにもう一点長所を追加するとすればダイビング前にスノーケルからレギュレーターに交換する際など右からはレギュレーターだけが出ているのでオクトパスとレギュレーターが混乱しなくていいというのもあります。

 

ですので人によって様々なのが現状です。

 

これに関連して本日お客様のYさんに聞いた話があります。

水中で空気切れになったダイバーはバディのオクトではなくレギュレーターを奪う。だからメインが取られても自分で吸える様に右出しという考えです。

バディは突然空気がなくなって焦るから自分のメインを奪うという話です。

 

どういうことかというと・・・

 

 

その前にレギュレーターの構造について・・・

 

レギュレーターにはバランスタイプとアンバランスタイプがあります。

最近のレギュレーターはほとんどがバランスタイプのレギュレーターでして、長所としては

 

・タンク内の空気が少なくなっても吸いづらくならない。

・オクトパスと同時に吸ったり、パワーインフレーターを同時に使っても呼吸がスムーズに出来る。

・深度が深くなっても吸いづらくならない

 

などが挙げられます。

(バランスタイプのレギュレーターは車でいうところの速度が遅くなってもハンドルは軽い「パワーステアリング」みたいなものですね。)

 

もっとメカニズム的にいうと、アンバランスタイプはタンク内の高圧圧縮空気がファーストステージに移されるとき弁の動く方向に対してタンク圧が垂直に弁に対して圧力をかかるので空気の圧力の影響を受けやすく、少なくなってくると弁の動きが悪くなるので吸いづらくなります。逆にバランスタイプのレギュレーターは弁に圧力をかけないで一定に弁を可動させるのでの空気が少なくなっても弁が開くので吸い心地は変わらない。という事になります。

 

で、何が言いたいのかというと、空気切れは突然起こる。という事です。

 

吸って

吐いて

吸って

吐いて

吸って

吐いて

吸えない!

 

という事ですね。吐いた後だから肺の中には空気はない!これは焦ります!

急いでバディの元にいきオクトパスを貰うわけです。

そうなるとバディの距離はどの位が適切か分かります。

 

「エアーがない。エアーを下さい」

「OK」

 

なんて悠長な事言ってる場合じゃないですよね。

おそらく引きちぎる位の勢いではないでしょうか?

 

 

ここでやっとYさんの話にもつながりますね。(笑)

 

 

 

その時上下逆さまかどうか確認できますか?

オクトパスの位置探せますか?

 

だからダイビング前のバディチェックではオクトパスの位置がアゴとウエストラインの三角の中にある事をちゃんとバディ同士で確認するわけで、吸えるかどうかもバディがチェックしなければなりません。

だからバディチェックの際のオクトパスの確認は大切なのですね。

 

 

今回はオクトパスにフォーカスしていますがその他のスキルにも全て意味がありまり、ちゃんとその意味を分かって教えるのと分からないで教えるのでは雲泥の差があるのです。それはそのインストラクターの「質」にもつながってくるものなのです。

まだまだ勉強しなくてはいけませんね

 

うーん・・・・・ものすごーく理屈っぽいブログになってしまいました。すみません。

 

ちなみに上下関係のないオクトパスがあることも付け加えておきます。

http://www.aqualung.co.jp/products/abs_octopus.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オクトパス。

2007年06月20日 | ゆるゆる更新。Dolphinブログ!
オクトパスは右から出すか?左から出すか?

ちなみに・・・

・PADIのDVDでは右から出ています。
・外人は圧倒的に右です。
・日本人は左がほとんどです。


何故でしょうか?もちろんちゃんと理由があります。

ものすごく熱っぽく書いていたのですが途中で全部消えました。


あまりのショックで書き直せません・・・・。


ということで正解はコースディレクターに勝手にフり、明日書いてもらいます

いいのか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コーディネート

2007年06月19日 | ゆるゆる更新。Dolphinブログ!

もみでっす

皆さん、こんばんは

昨日、加藤がそろそろ押入れの奥からウェットスーツを出してみては・・・
とありましたが、皆さん出しましたか?

ここ最近、ドルフィンではウェットスーツの注文をよくいただいています
注文時に私も色選びやデザイン選びを一緒に考えたりするのですが、ウェットスーツといえばダイビング器材の中でも一番個性が光るところでもありますよね

いま既にスーツをお持ちの方で「やっぱりこの配色、デザインで良かった」「お気に入り」と思っている方もいれば・・・「そろそろちょっと飽きてきたかも」と思っている方など様々いるでしょう

そして、これからスーツを買おうかと検討中の方も是非想像してみてください

お気に入りの色で出来上がったスーツを身にまとって綺麗なビーチにたたずむ姿を・・・

スーツのデザインやカラー1つでほっそり身に見えたり、プロっぽく見えたり、自由自在です

今年も様々なメーカーで様々なデザインやカラーがそろっています

例えば  


等など・・・

とにかくたくさんです

デザインもそうですが、やっぱり配色命な私はいつも色選びで真剣に悩みますね

今年のお客様のウェットスーツの傾向はどうやらパッチリ色のようです

いつもはブラックやネイビーがベースだったのが、今年はグレイやブルーなどの全体的に明るい配色が多いみたいですね

出来あがりがとっても楽しみ
スーツが出来上がったら写真でアップするので、これから購入を考えてる方や、そろそろ買い替えを考えている方は是非参考にしてみては

ちなみにここでデザインやカラーのシュミレーションが出来るので、試してみてください

http://www.sas-corp.com/txt/su/2007-top.html


今年のイチオシスーツはなんだろ~

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不眠症のイルカ?!

2007年06月18日 | ゆるゆる更新。Dolphinブログ!

こんばんは
いつもの時間、いつもの場所で、いつもの竜次です

先日ブログにアップしました?ウミウシ?
まったく分かりません
図鑑を探しても
ハイテクノロジーの最先端WEB検索を使用しても
なんとなく似たようなのは居るんですが、、、、、
ウミウシはけっこうこういうのが多いです○○ウミウシの一種とか
不思議ですね

昨夜TBS系の番組、上熱大陸で沖縄ちゅら海水族館のフジと獣医さんの植田さんが出ていました
「イルカの事はわからない事が多い、毎日が手探りですよ」
「フジの尾びれが腐っていく理由は分からない、しかしほっておいても良くならない、切ったらどうなるかも分からない、なら切ってしまったほうがいい」

その後
「人間はやったことに責任を取り続けなければならない」
自分の手術で失ったフジのために人工のヒレを用意し研究し続ける姿、、、
カッコいいっす

番組の途中イルカが寝ている姿を見てビックリしました
頭を出して止まって寝てる

皆さんご存知でしたか?

イルカは寝ないんです

というと大げさですが、イルカは常に泳ぎながら(たまには休んで)寝るんですよ
水中に生活する哺乳類なので必ず息をしに水面に上がらなきゃいけません
だから人間のようには寝ないんですよ

じゃあどうやって?????
スゴイですよ

ビックリしますよそりゃ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳みそが半分ずつ眠っています

右の脳が眠っている間片方の目が閉じられて泳ぎ続け、水面で息継ぎもします
その間左の右脳で行動してるんですって
そしてまた左の脳が眠っている時はその逆だそうです

すげ~よイルカ様
やっぱりスゲ~
人間はこんな芸当が出来たら
求人欄に月給¥500000
寝ずに動ける方歓迎!とか出ちゃうんですかね~
ヤダヤダ

ちなみに当店のドルフィンスイムツアー隊長の中村さんに聞いたら
ドルフィンスイム中もイルカが寝ている時があって、その時は人間をスルーして泳いでいくんですって
面白いですね

それでは


さよなら

サヨナラ

サ・ヨ・ナ・ラ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加