オショロコマの森ブログ5

渓流の宝石オショロコマを軸に北海道の渓流魚たちと自然を美麗画像で紹介します、

無加川支流、マタタビの美しい花、オショロコマ、そしてニジマス

2016-09-18 19:54:40 | 渓流魚、蝶、自然
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村



無加川支流、マタタビの美しい花、オショロコマ、そしてニジマス

2013-6-30 (日) 晴れ 32℃

朝10時起床。 ブランチにしようと思った朝食のすぐ後 Yj Papaさんがソバを打ってもってきてくれたので、ブランチならず。

朝食後すぐの昼食にゆでて食べた。おいしい。

孫たちはみんなで近くのプールへ出かけていった。

あまり天気が良いので 午後1時30分 無加川上流の気になっていた支流へニジマス調査の釣りにゆく。 

無加川本流に注ぐ流程1Kmもない、ほんの小さな支流で自然度は限りなく低い。

やはり入念にさぐったが魚そのものがいない。

林道を横切る土管橋下がちょっとしたたまりになっていて そこでやっとオショロコマ2 ニジマス幼魚4 を釣って撮影。 









こんな小さな支流にまでニジマスは侵入していた。大型ニジマスよりはるかに怖い恐怖のチビニジマスである。






しかしニジマスが好むゆるやかなよどみやたまりが無く、ひたすらダラダラした浅い流れなのでニジマスの繁殖にはあまり好環境とはいえないかも知れない。

無加川本流への合流地点から約500m上流には砂防ダムが見えた。 

マタタビの花がきれいで 撮影した。








葉が白くなってきている。




この白い葉は秋には鮮やかなピンク色を帯びてくる。

無加川本流はニジマスが広範に棲息しており、支流のほとんどにも侵入している。

しかし多くの支流には必ず砂防ダムが複数基造られているため、その上流へは侵入できないでいる。

渓流の自然環境破壊の元凶とされる砂防ダムが皮肉なことに無加川水系支流の在来魚棲息域への
超危険外来種ニジマス侵入を防いでいる格好になっている。




にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 放火犯 北見市郊外、解禁ま... | トップ | ニジマスの天国 その壱 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

渓流魚、蝶、自然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。