オショロコマの森ブログ5

渓流の宝石オショロコマを軸に北海道の渓流魚たちと自然を美麗画像で紹介します、

おいしいヤマベ釣りとヒグマの食事あと。

2016-10-20 01:13:58 | ヒグマの被害など
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへにほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへにほんブログ村


おいしいヤマベ釣りとヒグマの食事あと



201X-7-3 (日)  晴れ 暑い

北海道東部でのヤマベ解禁日は7月1日です。

これから1か月ほどの間に釣れるヤマベは脂がのって本当においしい。

この渓流の上流域では何故かエサ取り名人のうるさいシンコヤマベがおらず良型ばかり、20cm前後の良型ヤマベ2-3年魚が次々に銀鱗を輝かせて水中から舞い上がる。















釣れるたび、うれしくて笑いがとまりません。




















この日は肩からビクをかけて本気でおいしいヤマベを釣る意気込みで川に入っています。

こんな山奥でヤマベを狙うのは、下流域のヤマベポイントにはすでに名人級のヤマベ釣り師たちがずらりと並んで釣っており、ちょっと勝負にならないからと言っても過言ではありません。

私たちが入った山奥の渓流では釣り人が少なく、そこではあきらかに良型ヤマベが多い。

しかし多くの釣り師たちが入ってこないのは理由があります。

ヒグマです。

そこは完全にヒグマのテリトリーなのです。

ドキドキ、ビクビクしながらの釣りになりますが、この写真のようにヒグマが新鮮なフキを腹一杯食べて食後ゴロゴロと昼寝をしたとおぼしき生々しい痕跡を見たら、もう引き上げるしかありません。






この良型は夕食のヤマベ塩焼き。 おいしい。






にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへにほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釧路川水系源流域のニジマス... | トップ | 50cmエゾイワナ、晩秋の釣り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。