オショロコマの森ブログ5

渓流の宝石オショロコマを軸に北海道の渓流魚たちと自然を美麗画像で紹介します、

釧路川水系源流域のニジマス侵淫。 その壱

2016-10-13 20:07:08 | 渓流魚、蝶、自然
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへにほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへにほんブログ村


釧路川水系源流域のニジマス侵淫。 その壱

201X-5-20(金) 曇り 

朝9時20分。2w前に引き続いて F氏と妻と3人で、とある釧路川水系源流域のオショロコマ調査、およびニジマス侵淫状態を調べにいった。

早春の雪解け増水が一段落して川の水はかなり減っており2w前と比べると水位が20cmほど低くなっている。

































最初はオショロコマばかりで口キズのある個体や、口からテグスを出した個体(釣り針を呑ませすぎ、ハリスを切って放されたもの)がいて明らかに私たち意外の釣り人が入った痕跡があった。















































ここのオショロコマは色が淡く赤点紋理は淡いオレンジ、腹部着色は無いか、ほんのりと淡い程度、全体的に白っぽい個体が多いのはいつもと同じ。

ところどころ良いたまりがありオショロコマが釣れたが、そのような場所にはたいていニジマスも併存していた。

F氏は30cmほどのアメマスをかけたが私の手の合図をアメマス不要と勘違いしてリリースしてしまって残念。

そのあと小型アメマスもぱらぱらとかかるようになった。




渓流での魚の分布をみると上流に見られるダムの下流は基本的にニジマス混じりの川であり、さらに下流域では多少のアメマスが混ざるようになる。

ここまで撮影させていただいたオショロコマとアメマスはすべて丁寧にもとの場所にリリースしました。

この日は良ポイントを求めてかなり釣り下ったが12時過ぎになり腹が減ったので川を上がって林道へでて車にもどり昼食。 


そのあと今度は、この渓流のさらに上流へと向かった。

                      この項、続く。



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへにほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩秋の美しい夕陽とニジマス釣り | トップ | 釧路川水系源流域のニジマス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。