A day in A life

小説の書き方、積みゲー進行状況、メカゲー・STGへの雄叫び、SS進まねえなどが含まれるカオスなブログです。

砲雷撃戦!よーい!二十九戦目新刊レビューその1

2017-05-15 23:10:56 | 同人誌感想

 日記が遅れてますが気にしないように。
 さて例大祭ほかの通販も届いたので早速レビューしていきます。

・お~い!艦これだよ~ん大百科(調布市民ふれあい文化サークル)
 ツッコミどころがないエリアが1ミリもない表紙でいきなり度肝とかいろんなものをブチ抜いてくれる一冊。
 大丈夫なの!? これ大丈夫なの!? 訴えられないの!? 完全にアウトだろこれ!?
 いきなり謎の圧力でサークル消滅とかないよね!? ジュラシックセブンはどうなるの!?
 などと狼狽しつつ開いた1ページ目が「カンタイこれく荘」だったので、わたくし「ああ、これはアウトとかセーフとかそういう話ではないんだな」と悟ったのでございます。
 マカロニほうれん荘ネタとか若い人置いてけぼりオブジイヤーすぎるだろ……。
 中身の方もなんかもう突っ込む前に次のギャグが口にねじ込まれるので突っ込むスキすら与えられる窒息死する感じです。
 とりあえず加賀さんに言っておきたいのはそれニックネームじゃなくてただの悪口ですよ……。
 ドアノブは最高にひどいと思います。
 「初雪のアルバイト」の大井さんは狂気をはらんでてこわい。あと毒魚雷ってなんだよ……。
 オカマ提督はもうこの人で1冊書いてくれてもいいくらいキャラが濃ゆいんですが、それを上回る濃ゆい提督が登場するとはこの海のリハクの目を持ってしても見抜けなんだわ。
 パートナーの陸奥がなんかやたら似合ってるな……。

 今日はここまで。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大熱波記念日2017! | トップ | 砲雷撃戦!よーい!二十九戦目... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL