A day in A life

小説の書き方、積みゲー進行状況、メカゲー・STGへの雄叫び、SS進まねえなどが含まれるカオスなブログです。

例大祭新刊レビューその10

2017-06-14 23:12:03 | 同人誌感想

 あー6月が半分終わってしまう……。

・やっぱりわたしがママになりたいの!!(シュガレット)
 まさかの易者ママの登場で度肝をブチ抜かれた前作に続き、今回も全27名の作家陣によるいろんなママがてんこ盛り!
 それでは印象に残った作品を上げていきましょう。
・こころの母親修行
 おかあさんぶろうとする子供ってかわいいよね……。
 それに応じてあげる太子もいい。
・母性に目覚めたアリスとか最高……
 三月精とか見てるとアリスは世話好きっぽいですよね。
 なつかれるとのめり込みそう。
・ママにおまかせを!
 霊廟組の中では青娥娘々がいちばんママ力が高そうではありますが、この人の場合うっかりダシにされそうで怖い。ヤンシャオグイ的な意味で。
・れみママフェイク
 いや実際妖夢は潜在的ママ力高いと思うんですよ。そして咲夜さんも意外に甘えたい欲高いと思うんですよ。
 それはともかくラストのコマの自機組の顔がひどすぎる。
・ゾウノセさんのマンガ
 いきなり「行き倒れてた女の人を食べようとお腹を開いたら入ってて……」と来たよ。お子様に厳しい!!
 えっと……これもいちおう「無知シチュ」に分類されるんですかね……?
・金のまま銀のママ
 うどんげが死んじゃう!!
 リアルママであるところの純狐さんはともかく、永琳のママ力は未知数だな。
・ぬえちゃんは時に甘えんぼさんだ!!
 エロース……。
 ムラぬえは予想外のネタでした。

 そして巻末のママにしたいのは誰?も面白い結果だと思います。
 小傘に票が多かったのが意外でしたが、そういやベビーシッター設定がありましたね。
 個人的には藍さまのママ力は幻想郷一ィィィィィィ!!!

 今日はここまで。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 塚口サンサン劇場「ハードコ... | トップ | 例大祭新刊レビューその11 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL