A ray of light (一筋の希望)

 昨日は、毎年夫のチェロの発表会がある逗子の「なぎさホール」で

昨年16歳の若さで脳腫瘍で亡くなった若き天才作曲家

加藤 旭君の作品のコンサートへ行ってきました。

医療関係の仕事をしている私の従妹が、このコンサートの司会で

コンサートの合間には、栄光学園での同級生たちの思い出のトークなども

あり、旭君がいかに級友達から愛され支えられ、惜しまれながら旅立っていったかが

とても良くわかるエピソードがたくさん披露されました。

 

3歳からピアノを習い始め、4歳頃から遊び感覚で楽譜を書き始めて

頭に浮かんだメロディーをいつでも書けるようにと五線譜を持ち歩いていたそうです。

10歳までに、約480曲を作曲。

2013年に脳腫瘍が見つかり何度かの手術にも耐えてきた旭君でしたが

昨年の5月に帰らぬ人となりました。

亡くなる半年前に完成したというピアノ曲、(僕と同じような人がこの曲を聴いた時

暗いところから明るいところへ向かってほしい)暗闇から一筋の光が見えてきたような

イメージで作曲したという『A ray of light(一筋の希望)』は

涙なしでは聞くことができませんでした。

どの曲も透明感のある優しくて繊細なメロディーで

約2時間半のコンサートはとても中身の濃い素晴らしいコンサートでした。

 

どうして、こんなに才能豊かな少年の命を神様は奪ってしまったのでしょうか・・・。

辛過ぎます。

 

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )
« みなとガーデ... ゴールデンウ... »
 
コメント
 
 
 
コンサート (あきこさん)
2017-04-30 18:51:13
若くして亡くなわれた少年のコンサートを聴かれて、感動をされたのですね。
涙がとめどなく流れ、どうしょうもなかったdolceさんのお姿が目に見えるようです。

無常は世の常、せめて多くの素晴らしい曲を残されてよかったですね。
16才とは真に惜しいと思います。
 
 
 
コンサート (カモミール)
2017-04-30 20:01:27
dolceさん こんばんは!
素晴らしいコンサートでしたね。
ブログを読ませて頂いているだけでも
胸がいっぱいになり 目頭が熱くなりました。
それにしても 10歳までに480曲とは すごいですね~!
「一筋の希望」ぜひ聞いてみたくなりました。
 
 
 
いのち (KUMI)
2017-04-30 23:37:16
長く生きていても何も残せない自分のことが情けなくなります。
きっと、神様は彼を生き急がせたのです。
だから、子供の頃からたくさんの曲を作ったのでしょうね。
哀しいことですけれど、残ったものには彼の命が詰まっている・・
そう思いたくなりました。
 
 
 
あきこさんへ (dolce)
2017-05-01 10:25:37
旭君が、今元気だったら高校3年生です。
仲が良かったクラスメート達が、コンサートの合間に
ステージに上がって色々と話してくれたのですが
どの生徒さんも自分の考えをしっかりと持っていて
中の一人は、旭君と関わったことで医者の道に進もうと
決心したそうです。
きっと患者の立場に立って考えることのできる素晴らしい医者になってくれると思います。
 
 
 
カモミールさんへ (dolce)
2017-05-01 10:31:11
世の中には本当に天才がいるのだと
このコンサートに参加して改めて感じました。

きっと言葉を話すのと同じように頭の中に曲が
あふれ出てくるのでしょうね~♪
それでも、その才能に気が付いて旭君の才能を伸ばして
あげたご家族も素晴らしいと思います。
因みに、ご両親は全く音楽とは関係のない環境で
生活されていたようです。
 
 
 
KUMIさんへ (dolce)
2017-05-01 10:40:04
コンサートが終わってから、司会をした
従妹と食事をしたのですが、旭君の才能には感動
するけれど、16歳でこの世を去らなければなら
なかった息子を持った親の身になって考えれば、才能なんてなくてもいいから、元気で生きていてほしいよね!
っと・・・。

きっと旭君には他の子供ができない使命を神様から
与えられてこの世に送り出されたのだと思いたいです。
 
 
 
ありがとうございました! (mami)
2017-05-03 08:45:16
お姉ちゃん、26日はお越しいただき、ありがとうございました。
旭君の想いを少しでも届けられるようにと務めさせていただきましたが、拙い司会でお恥ずかしい…。

終演後にはゆっくり話せて幸いでした。また甘えに行きま〜す♫
 
 
 
もしかして。 (コスモス)
2017-05-03 09:10:47
dolceさん、おはようございます、ご無沙汰していますがブログは毎回拝見させていただいています、自分の忙しさに追われて、ただ拝見させていただくだけでごめんなさいね。

もしかしてこの方、加藤 旭君ってテレビで放送された方でしょうか?もしも、この方でしたらテレビを見ながら涙が出てきました、いつも私が話しているように私はもう人間は十分にやってきているので本当に変わることができるのならが変わってあげたいと思いました、ぐうたらと生きている人間とちがってどうして才能のある方が速くなくなってしまうのかと世の中は非常です。

16歳で子の世を去る時、最後に作曲した曲は聞いたことがあります。
すてきなコンサートに行かれましたね。

 
 
 
mamiちゃんへ (dolce)
2017-05-03 13:04:06
mamiちゃん、26日はお疲れさまでした!
声のトーンを抑え気味で、とても心のこもった
素晴らしい司会ぶりでした。
原稿が当日の早朝に届いたなんて、とても思えない位
落ち着いて堂々としていたわよ
さすが中井美穂さんに褒められただけの実力!

又泊りがけで遊びに来てください。
女子トークで飲み明かしましょう。
・・・その前に、お互いにしっかり体調管理をね!
 
 
 
コスモスさんへ (dolce)
2017-05-03 13:25:29
そうです、私は見れなかったのですが
旭君の事は昨年の夏にテレビで放送されたそうです。

本当に16歳でこの世を去らなければならなかった
旭君や、彼のご家族はどんな思いでこの一年を
過ごされたのかと思うと辛過ぎます!
それでも彼の曲は永遠に残って、多くの人たちの心の
支えとなる事でしょう。。。

コスモスさんは、お歳のことを言うと失礼かもしれ
ませんが、先日のお誕生日で86歳になられるのに
ブログをUPされて、写真の加工や英会話教室、ボランティアもされていて本当に頭が下がりますし、憧れます~☆
コスモスさんのように素敵に歳を重ねたい!

素敵なご家族に恵まれて、立派なお孫さんも今年から
社会人。
どうぞ、いつまでも私たちのお手本としてお元気で
ご活躍くださいね!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。