バス日帰り旅行

 今日は、ウォークの会で毎年夏に行く日帰りバス旅行に

行ってきました。

去年まで住んでいた住宅地内で、観光バスでの乗り降りができるので

とっても便利!

なので、今年も行ってきました。

まずは山梨県大月市にある、日本三奇橋のひとつとされる「猿橋」へ

行きました。

橋の構造がとてもユニークです!

 

空梅雨で水量が少ないのが残念!

 

次に向かったのが山梨リニア見学センターへ行って実際に

リニアモーターカーが目の前を走る姿を見学してきました。

時速500kmで走るリニアの姿は、世界一速い新幹線と言われるだけあって

驚きの速さでした!

東京⇔名古屋間の実際の走行はまだ10年先になりそうですが

東京⇔山梨を20分間、東京⇔大阪を約1時間で・・・。

そんなに速く行く必要があるのかしら?と不思議な気持ちになりました。

 

始発の長崎を夕方に発って一晩を寝台車で過ごし

翌日のお昼前にやっと東京駅に到着するブルートレインに乗って

往復していた半世紀前の学生時代が懐かしく感じます~☆

 

そのあと河口湖の湖畔のレストランでランチのあと

忍野八海へ・・・。

河口湖も今年は水が少ないそうです。。。

 

忍野八海とは、山梨県忍野村にある湧泉群です。

富士山の雪解け水が地下の溶岩の間で、約20年の歳月をかけてろ過され

美しい湧水となって8か所の泉ができたとされています。

もう30年以上前に行った時と変わることなく湧き出でていて

この暑さの中、冷たく澄みきった湧水に手をつけると身体中がヒンヤリと

してきてとても気持ちが良かったです。

 

ただし、観光客の7~8割が中国人!!でビックリ!

先日スイスに行った時も3800mの氷河の上は

ヨーロッパ人よりも中国人・韓国人・インド人の方が多く

地球はそのうち彼らに占領されてしまうのでは・・・?

っと感じるほどでした。。。

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )
« Cafe Ricoさん...   
 
コメント
 
 
 
おはようございます (wakazukuri)
2017-07-13 10:29:02
フットワークがいいわねぇ~
今度は日帰りバスツアー
羨ましいわ。。。
暑い時の外出、気が滅入ってしまいそうですが、水量が少ないとはいえ、水と緑で涼しそうに映ってしまいます。
日帰りツアーって手軽でおすすめですよね。
お友達と行きたいと思いながら、なかなか計画できないままになっています
 
 
 
wakazukuriさんへ (dolce)
2017-07-13 23:05:24
暑いと言ってもバスの中やリニアモーターカーの見学センター内は冷房がきいているし
忍野八海はいたるところに冷たい湧水の池があって
涼しかったです!

ツアー会社が住宅地内にあり、観光バスの乗り降りが
地元の住宅地内というのもとても助かりました。

バス旅行は自分で運転しなくていいので(当たり前だけど)とっても楽ちんです!
 
 
 
忍野 (KUMI)
2017-07-14 17:27:48
あら、我が家から良く行く所へいらしたのですね。
もっとも、リニアは高速道で下から見上げるだけでしたけど。
忍野は、最近は中国人が増えました。雪の翌日に行ったら、静かなはずがもう・・
声が高いですからね、彼らは。

日帰りのバス旅、少し落ち着いたので秋には考えようと思っていましたら・・
夫が三度目のがんになってしまいました、トホホ。
また、早期発見ですけど、暫くは旅は無理そうです。
 
 
 
KUMIさんへ (dolce)
2017-07-14 20:03:59
KUMIさんは、忍野八海へは良く行かれるのですね。。。
最近はどこへ行っても中国人や韓国人が多くて、あまり
驚かなくなりましたが、あんな田舎の静かな場所に
観光バスで中国人が大量に押し寄せているとは・・・。
ビックリしました。

ご主人が早期発見で病気が見つかったとのこと。
早期発見だと、今はほぼ100%完治するように
なってきたので、早く見つかって良かったですね。
どうぞお大事になさってください。
 
 
 
バス旅行 (カモミール)
2017-07-24 09:26:37
dolceさん おはようございます!
バス旅行 気軽に行けていいですよね。
猿橋 最近テレビで何度か観ましたよ。
専門的なことはよくわかりませんが
特殊な構造になっているようですね。

観光地に外国の方が多いのには 本当に驚きますね。
中国や韓国の方はお顔だけでは 分かりにくいですが
会話が聞こえて“あらっこの方も・・・”と思うことがしばしばです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。