弘前読書人倶楽部

弘前読書人倶楽部のオフィシャルBlogです。
「イベント情報」などを発信します☆

心のおしゃれ

2016年12月24日 | 日記
 今日はクリスマスイブ、ブログのプレゼントとしようと思い、館内の本を探した。
 
 私の目に止まったのは、

「心のおしゃれ」という題名の本で、表紙の裏には 1985、6,21 関 直子と書かれていた。
きっと、直子さんが若かりし頃、読まれた本だと思う。


 自分の服装 と小見出しの中に書かれていたのは、

 ……その人の人生、人柄と共に生きているおしゃれ。戦争のあと、布地も何も手に入らない時に、窓のカーテンを外して、ドレスを仕立てていった「風と共に去りぬ」のスカーレット。服装の割に、荒仕事をした手が荒れていようと、それでいいのだと思う。カーテンのしわにしみこんだ、長い年月の部屋の埃やしみと、その手の荒れとは、やはり一つにとけこんだものだし、その服装と手の荒れとの不調和も、やはり彼女らしい味がある。
 結局、どんなおしゃれでも、個性のないものはつまらない。……

 
 今日、私はチュニック風に仕立てたワンピースを着ている。母の和服用のコートを解き、洋裁などしたことのない私が、何日もかけて、一生懸命に縫い上げたものだ。
 本当は新しいお洋服も欲しかった……。

 今日は私の誕生日、仲間がお祝いの食事会を開いてくれるという。(本当はただ騒ぎたいだけのこじ付けだと思うが)綺麗だった頃の母を思い浮かべ、母に包まれて出かけよう!!
 
 精一杯の私らしいおしゃれをして。

 
 本は何かを気づかせてくれる、最高のプレゼントだと思う。

 


 
 

 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月 ブックトークを終えて | トップ | 年末・年始休館日のおしらせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事