髑髏フラワー

ママの口ぐせお花はドクロ!

母親の言葉

2017-07-12 | 育児
5年ほど前。40歳を目前にして、今勤務している会社に転職をした。
理由は嫁さんと結婚したからだ。
それまでの浮き沈みの激しい収入ではなく、先々までの給料の安定供給が必要になって転職した。
今勤務している会社は、まあまあお堅い会社で、周囲の人たちは皆さま有名な大学をご卒業なさっていて、賢い方が多い。

しかし自分はほぼ中卒に近い高卒だ。
クルクルパーである。
数学なんか中学1年くらいで止まってると思う。

そんな下郎がなぜ今の会社に転職できたのか?といえば、それは過去に勤めていた会社で作成した資料が、同業他社にコピーされるほどに有名になっていたからであり、その資料の「作者」として迎い入れられた部分が大きかった。

その資料はどんなものかと言えば、「絵」だった。

当時の会社で、自分が身につけた技術を多くのスタッフに伝えるために、絵を描いて注釈をつけて配布した。
単なる技術指導ではなく、なぜそういった手法にたどり着いたのか?という思想にまで言及していたのが新しかったかな、と思う。

15年くらい前に描いた数枚の「絵」で、40歳目前の下郎が華麗に転職に成功した。

自分の腕一本で仕事をつかんだ俺最高にかっけー!なんて思ったが、本を正せば小さい頃から自分が描いた絵を母親が「上手だねぇ」「上手いねぇ」とずっと褒めていてくれたからだ。
そのお陰で絵を描くことが好きになり、大人になっても絵で多くの人に情報を伝える面白さを知った。

つまり、私の母親は40年後くらいの私を救ってくれる言葉を、小さな頃の私に語りかけてくれていた。
そんな言葉を、自分も子供たちに語りかけることが出来るだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬のキャンピングカー泊 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL