ドクダミダイスキ

新聞、著書で勉強しています。「60にして耳順う」。バカにつける薬があるかしら?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雑想〜『一歩の我慢』と『一歩の勇気』

2017-01-30 17:14:04 | 日記
昨日、「高尾山」に登山して来ました。「富士山」登山の予行練習でした。
息子の言い分によりますと登山の訓練には、登山をするのが一番だと聞いたからでした。今迄、下から登山なんかしたことないです。まして、今迄、登山らしきものをした記憶がありません。
「高尾山」の標高は、599mであります。先ず、1/4で最初の辛さを感じ、1/2で、これでは「富士登山」は無理かなと感じました。やはり、登山は普段使っていない筋肉を使うようです。
他の登山者を見ると、平気で登っているので、自分が情けなくなりました。それでも、休み休み、後ろに息子がいるので、みっともない姿は見せたくなく頑張りました。
息子の話では、「富士登山」は「高尾山」を4回登る計算になるそうです。あゝ、なんてことだ。
約3/4がケーブルカーの到着地であります。もう、そこで、やけくそでビールを一杯と「天狗ドック」を食べて、たっぷり休息したのです。
そこで撮った景色であります。生憎、曇り空でしたので、東京都心は霞んでいました。

本当は、東京都心の夜景と、運が良ければ少しの星も映せるかと期待していたのですが、それは挑戦できなくて残念でありました。結局、この日のためにカメラを勉強し、三脚や赤道儀、そして広角レンズを約13万円で買い揃えたのでありまが、それは次回の楽しみにしたいと思っております。まあ、他に趣味はないので、これくらいの贅沢は許されるでありましょう。
北島三郎氏の歌が流れていました。その歌詞であります。

なかなかいい詩ではないですか。天下なんかとらなくても、一庶民としても、この心がけは大事でありましょう。
今の私にとって、「富士登山」は大きな夢であります。私にとっては『一歩の勇気』であります。
次は先日掲載した新宿御苑の「シモバシラ」です。

その詳しい説明が、頂上の男子トイレに、張り紙してあったのです。この縁は不思議な感じであります。

上の方には、「シモバシラ」を守るために、『一歩の我慢』をして下さいと書いてあります。

当分、このブログは休もうと思っていたのですが、この『一歩の我慢』の言葉に惹かれました。
確かに、悪い誘惑には大切な言葉でありましょう。悪から自分自身を守るためにも、また大自然を守ることは人類を守ることにつながるでしょう。
でも、人生なんて、『万歩の我慢』が必要なのでしょう。大きな夢を抱いて、我慢我慢で頑張って、ずうっと気長に待つしか方法はありません。
失礼致しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雑想〜『楽しい目標は頑張れる』 | トップ | 雑想〜「平和を象徴する『広... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。