剣道(リバ剣)修行中

24年間のブランクを経て剣道を再開。息子と一緒に修行中です。

土曜の試合

2017-03-06 00:39:12 | 剣道
"先方戦" を YouTube で見る


団体戦先方で出場
初戦は突破して2戦目

.....試合だと打ちたい気持ちがですぎるね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スーーー | トップ | 額と顎を垂直 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (せいちゅうせん)
2017-03-07 18:34:18
試合は難しいですよね。
かすられても、当たってなくても一本取られちゃうことがあるポイント合戦のゲームですから、特に若者と対戦するときは難しい。
私は試合では「合気」よりも「背く拍子、背く拍子」「ゆるめゆるめ」「勝っても負けても7時にはビール」「不細工な試合OK」とぶつぶつ唱える感じですね。緊張があほらしくなるので、結果、若手にもそう簡単に取られなくなりました。


さかちゃん、面金の物見が合ってますか?どうも顎が引けて額が前に落ちてるように見えます。首が前傾し、頭の位置が前に倒れています。
顎より額が前にありますが、顎と額は垂直の方がいいと思います。

折角、重量のある頭が脊髄の真上に乗ってないのでもったいない。
今は頭の重さが使えてないと思います。

脊髄の真上に頭が乗れば(つまり正中線が機能する姿勢にする)、股関節の抜きがあると今より頭の重さ分、もっと加速もできますし、ブレーキもラクになります。
静かに始動も加速もブレーキももっと自由にラクになってきますよ。

ブレーキは大事。車に乗ってシートベルトをして走行し、急ブレーキをかけると体が前に飛んでいくのを感じますよね。例え速度10kmでも感じます。
これを利用して、たとえば、体幹が進行方向に動き、急ブレーキをかけると、脱力した腕が飛び出すってわけです。
この瞬間に腕を跳ね上げるのも振り下ろすのも胸椎が働けば簡単なのはもうわかりますよね。

腕、つまり「末端は最後の最後」というのはこういうことでもわかります。
腕は短く使う意識が、逆に腕を加速できちゃう。猿の動き「愁猴の身」ですね。
Re:こんばんは (dokoda2006)
2017-03-07 23:08:25
せいちゅうせんさん

こんばんは

いつもご指摘ありがとうございます。
「顎と額が垂直」確かに出来ていませんね
ビデオで見るとよくわかります。

自分の中に一本線がある時とない時
推進力のある時とない時
モヤモヤしていたこの辺りが解決しそうな予感がします。

猿の動きwww
身体を寄せてから物をとるあれですね(*^^*)

楽しい課題を頂けたのでより剣道を楽しめそうです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。