ドジ男の自転車旅行

自転車の旅を写真付きで書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Bratislava 第14日 ブラチスラバ(1)

2017-07-22 22:09:53 | Danube Bike Trail ドナウ川
7月2日(日)曇り時々雨 

Wien-Simmering-Bratislava

走行:13.5Km 累積距離:328.8Km 平均時速:8.4Km/h 登坂積算/日:57m 標高最高:206m

宿:Hyde Park Hostel(booking.comにて予約)72ユーロ/2人(朝食なし)

今日の予定はウィーンからスロヴァキアの首都ブラチスラバまで行きます。ドナウ自転車道地図ではその距離は66.4Kmです。僕一人なら4時間弱で走れる距離。でも素人のカミさんは1日50Km台が限度で70Km近い距離はちょっと厳しい。また折角行く一つの国で十分な観光の時間も作ってあげたい・・・という事で移動は自転車でなくて列車にしました。列車なら1時間で行けます。自転車も分解せずにそのまま乗せることが出来ます。

ミルテンガッセのユースホステルは4人部屋でした。wifiは部屋では使えずロビー付近で使えます。またロビーには充電用のコンセントもあります。6時前には部屋を出てFacebookに近況を書き込んでいました。

7時から食事。大きいユースホステルは食材が豊富で貧乏旅行者にはお昼のサンドイッチも作れるので助かります。ここではミューズリーの種類が多くて良かった。










ユースホステルに泊まっている若い男女の生徒も溌溂としていていいけど、家族連れの赤ちゃんを見ると何だかホッとします。


中庭のテーブルにトレイを持ち出して朝食を食べることも出来ます。9時半、中庭から自転車を出して駅に向かう前にリンク内の名所を撮影する事にしました。


マリアテレジア像です。雨が降りそうなので雨具を着ましたが駅に着くまで降りませんでした。


一周約4Kmのリンクは路面電車の線路と並行した自転車専用道路があり、素人のチャリダーでも安全に走れます。


リンクを出て、ソビエト戦勝記念碑からベルベデーレ宮殿の北側を通ってSimmering駅へ向かいました。


歩道を走っていると老婦人から「ここは歩道だから自転車道を走れ」と注意されました。車道とはっきり分離した自転車道がありました。


10時12分、Simmering駅に着きました。8年前にこの駅からブラチスラバへの列車に乗ったと勘違いしていた様でチケット売り場がありません。ウィーン中央駅(Wein Hbf)が始発駅でシンメリンク駅は単なる通過駅でした。



駅のホームにある発券機でチケットを1枚買いましたが、2枚目は小銭が無くて買えません。もう1枚は車内で車掌からチケットを買うことにしました。


ウィーンからスロヴァキアのブラチスラバ行きの列車は1時間に1本です。11時22分Simmering発の列車に乗りました。ブラチスラバまでの所要時間は1時間です。車掌がドアの開閉の為に隣りの車両まで来ますが検札をしないし、床に置いた自転車をハンガーに吊るせとは言いませんでした。
車窓は時々雨が降っていました。


途中駅でオーストリア鉄道の車掌が降り、スロヴァキアの車掌が乗ってきました。スロヴァキアの車掌が検札に来たのでホームで買った16ユーロのチケtットを見せて1枚しか買えなかった。自転車の券も買えなかったと説明したら2.6ユーロを追加徴収されました。後日チケットを見てみるとスロヴァキア語は読めませんがMarchegg GrからBratislava1 Hl Stまでの乗車券の様です。オーストリア国内の料金は取らなかったのかも??
12時22分、ブラチスラバ駅に着きました。


駅の窓口で7月4日のSturovo行きのチケットを購入しました。事前に調べた価格は1人19ユーロでしたが1.45ユーロでした。こんな安い料金で135Kmも乗れるのか?信じられない。

駅前は自転車道がなくて歩道から車道への段差が大きくでウィーンの快適さとは大きな差です。雨が降ってきました。雨の中を走るのは今回の旅で初めてです。

GPSを頼りに予約したハイドパークホステルまで行きました。雨の中を何度か立ち止まってGPSをチェックしながら走りましたが距離的には約1.5Kmだけでした。


オーナーの叔母さんは殆ど英語が話せません。まだ毛布などは準備していなくて慌ててカバーを付けてくれました。2階の部屋に自転車を持ち上げ、シャワーを浴びている間に雨は止みました。


午後2時半、雨具を着て市内観光に出ました。宿からミハエル門まで600mです。ブラチスラバは小さい町なので歩いて十分回れます。


フラヴネー広場のお土産店を覗きました。


聖マルティン大聖堂の横を抜けてブラチスラバ城へ行きました。




ブラチスラバ城からドナウ川が見えます。


お城の庭園は最近出来た様です。昔の案内板には表示されていませんでした。


午後5時20分、ミハルスカー通りに戻るといい音楽が聞こえました。パフォーマーの音楽を座って聴きたいので一番近いレストランで夕食を食べました。


8時に市電通りを宿まで歩いて帰りました。


暗くなり始めたので一人で夜景を撮る為にSNP橋を渡って対岸まで行きました。プロのカメラマンと同じ場所で写真を撮りました。撮った場所はUFOの塔の足元です。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Wein 第13日 ウィーン | トップ | Bratislava 第15日 ブラチ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お葉書ありがとうございます。 (伯田 純一)
2017-07-23 11:49:27
ドジ男さん、いつもながらお葉書ありがとうございます。昨日届きました。毎日指をくわえて拝見あさせていただいております。裏飯屋!私の同級生にプラハ、ウイーン方面が好きで何回か訪れている女の子(おばあちゃん)がいます。ドジ男さんのブログを教えてあげたら。興味深く楽しんでいるようです。

天気に非常に恵まれておられますが旅行の時期を雨の少ない時期に選ばれたのでしょうか。そちらの気温は日本のどのシーズンぐらいですか。
自転車走行時の、お二人の各自転車の荷物のバッグの詳細教えてください。
天候と荷物 (ドジ男)
2017-07-23 17:25:55
伯田さん、ブログの愛読者を増やして頂きありがとうございます。6,7月のヨーロッパは場所や年によって雨が降ることもあります。実は8年前に同じドナウのコースを走ろうとやって来ましたが、その年は殆ど雨降り。しかも雪解け水で水位が高くなり自転車道が水没して通行出来ませんでした。Jimさんはスペインで降られた様だし、ザルトブルクは雨が降ったようです。単に運が良かっただけ?と思います。日本の気候としては暖かい5月の晴れた日という感じです。走行時はカミさんが輪行時に担いでいたピンクのシュルダーバッグをパニアの
1つに、もう1つのパニアバッグには僕の10Lのリュックの内容物と輪行袋が入っていました。詳細はメールにてお知らせします。
Unknown (伯田 純一)
2017-07-23 20:21:34
>>車内で車掌からチケットを買うことにしました。
✩社内でチケット買えるんですか。前ドイツに行った時疑問で駅で聞きましたが、私の英語力ではわかりません。もし買えるのなら検札の時買えば、検札に来なかったらただ乗り?と言う訳にはいきませんね。
ドイツなどでの列車チケット (ドジ男)
2017-07-24 16:44:43
チェコのプラハやハンガリーのブタペスト市内交通はチケット無しで乗るとバカ高い罰金を取られるそうです。でもドイツやオーストリアの鉄道ではホームの発券機が壊れている事も時々あり、チケット無しで列車に乗り車掌からチケットを買うことはよくある事で罰金を請求された事はありません。検札に来なければタダ乗りになってしまう事はあります。
こじんまり、でも綺麗な印象 (Jim)
2017-09-15 17:15:04
8年前はブラスチラバなる存在を知らずにおりました。ウィーン近くにそんな魅力的な街があるんなら立ち寄ってみたかった。こじんまりしてるけど綺麗な街ですね。旧社会主義国チェコは総じて物価が安く、とりわけ食事、お酒が安かったですがスロバキアはいかがでしたか?
ブラチスラバ (ドジ男)
2017-09-15 22:41:48
この町は前回AnPonmanさんに勧められて行きました。ズバリ言ってチェコより安くて便利でいい町(国)だと思います。ウィーンから列車で1時間。是非行ってみてください。お奨めします。

コメントを投稿

Danube Bike Trail ドナウ川」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。