KICHIKICHI@

釣った魚は美味しく頂くをモットーに、食材を求め海に繰り出す男の釣行記。

要注意(゚Д゚;)

2017年07月24日 | 釣り

仕事帰りに釣具屋に寄ったら、ガルプの液が売ってたので買って帰り、保存容器に入れようとしたら容器が微妙に漏れてた

メイホウのやつなんだけど、容器はジップロック的な袋に入れてるので拡散は免れたが、どこから漏れた?とフタを開けたら・・・





本体容器のロック部分に穴が開いてます

通常はフタを最後まできちっと閉めてOKなんだけど、これは閉め過ぎて凸部分をフタ側の出っ張りが乗り越えてしまったため、出っ張りのカドで穴を開けてしまったようです

この凸部分は盛られてるんじゃなくて伸ばして成型してるようで、厚みがなくフタ側の材質の方が固いので容器側が負けて穴が開いてしまった感じです。

対策は閉め過ぎないことですね

とりあえずダメ元で、ターボライターで炙って溶かして塞いでみました。





今のところ漏れてないようですが・・・危険物を格納しているので、チェックはマメにしておいた方が良いですね


この記事をはてなブックマークに追加

チヌはまだか・・・

2017年07月23日 | 釣り

今回のチニングは午後8時半よりキャスト開始

いつも深夜帯の釣行ばかりなので、こういう一般的な時間帯の釣りが出来るのをすごく幸せに思います(笑)。
シーバスの時も1年間通って色々な時間帯のデータを取り、ようやくピンポイントで狙えるようになってきたので、チニングもデータ取り頑張ります

今回は大潮の満潮が午後11時半頃。
今は潮が上がってきてる感じで、動きもあるしいいかな?

下流から上流に向かって移動しながら投げて・・・ヒット





37センチのキビレ君

あれ?ボンボンがないな・・と口を見たら、





丸のみでした

それからしばらくして・・・ヒット





25センチのチビレちゃん

満潮前の午後11時頃までアタリはありましたが、それ以降はアタリもなくなり午前1時にストップフィッシング

チニングを始めてまだ一ヶ月も経ってませんが、この釣りは自分の中で定番化しそうです(笑)。

まず、自作ルアーで釣れるのがいい
この釣りはボトムずる引きなので根掛かりは避けて通れないのと、エイに持ってかれる確率が非常に高い

今回もエイに引っ掛けそうになりましたが無事に外れました
でも、根掛かりで1個、合わせ切れで1個の合計2個ロストです。
市販品を使ってたら、いくらお金があっても足りません

そして食べて美味しい魚であること
個人的にはキビレもチヌも、スズキより美味いと思います(スズキは独特の臭みがあるので)。

8月からまたフォトコンも始まるので、それまではチニングメインで頑張ります


☆今回の使用タックル☆
ロッド:
ヤマガブランクス ブルーカレント78MⅡ
リール:シマノ 15ツインパワーC3000
ライン:デュエル ハードコアX4
 0.6号 200M
リーダー:フロロ8lb 80cm
ヒットルアー:ドイボンボン+チヌムシ


この記事をはてなブックマークに追加

順調に・・・

2017年07月16日 | 釣り

メバリングロッドでは操作性に少々難を覚えたので、新たなロッドを手に河口へ

干潮から1時間ほど経った午後10時半よりキャスト開始
これから潮が満ちて来るので、どういう反応が出るのか調査開始です

前回のポイント周辺をくまなくキャストするも、エイに持ってかれただけでアタリはなし
ふーん・・・ここは満ちてる方がいいんかな?

一通り投げて反応がないので、沈みテトラに潮がかぶってる水深のあるポイントを探して少し移動
すると、コココンと反応が出た





24センチのチビレちゃん





もう疑うことなく投げられるドイボンボン
今もせっせこせっせこ生産作業に追われています

潮位が上がってきたので、前回のポイントに舞い戻り投げてみるも無反応
数メートル下流に移動して投げると、コココーンと気持ちいいバイトが出ました





33センチのキビレゲッツ





NEWなロッドもいい曲がりで、エイでも耐えられる感じでした(負担が大きいのでラインカットしましたが)。

この後、アタリもなくなり午前3時にストップフィッシング
朝マズメにトップチニングをやろうと思ってましたが、前日も所用で午前4時起きだったので、睡魔に勝てず断念

今回はサイズも上がったので、通えばさらなるサイズUPの可能性もあるかも
ポイント的には潮位がある程度ないとアカンっぽい。そしてエイが多いのでロストがほぼほぼにあると

次はチヌが釣りたいなぁ


☆今回の使用タックル☆
ロッド:
ヤマガブランクス ブルーカレント78MⅡ
リール:シマノ 15ツインパワーC3000
ライン:デュエル ハードコアX4
 0.6号 200M
リーダー:フロロ8lb 80cm
ヒットルアー:ドイボンボン+バグアンツ


この記事をはてなブックマークに追加

手ごたえアリ( ̄ー ̄)

2017年07月09日 | 釣り

チニングデータを積むため、グーグルマップで目星を付けたポイントへ

午前1時にポイント到着

何年か前に、ここってチニングポイントじゃないとやってみるも無のポイントだったんだけど、今回は衛星写真でシモリなどをチェックして可能性のありそうな場所をピックアップ

ドイボンボンを投げて移動してのランガンで、海底や根の状態を探ります。

時折、根掛かりがあったり牡蠣殻が引っ掛かってきたりするので、条件は間違いないはず・・・と思いながら投げ続けてると、コココンとバイトが出た

なかなか乗らないんだけど、アタリが出るのは障害物がある場所付近で、やはりストラクチャーがキーポイントのようです。

そしていきなりラインが走ったと思いきや、正体はエイ
砂浜のシャロー帯なのでおるやろなぁと思ってましたが、2回エイに持って行かれました

根掛かりやエイなどでリカバリーすること4~5回
でも、新規開拓では避けて通れない道のりなので、めげずに頑張ります

アタリはなかなかあるし場所も絞れてきたので、反応の良い場所をじっくり探ると・・・コココンとやっと乗りました





サイズは17センチほどのオチビちゃん
でも、狙い通りに釣れたのでうれしーー

清原には「ビリヤードの玉ですか?(笑)」と言われたドイボンボンも、しっかり仕事してます

アタリはあるけどなかなか乗らないのは、このサイズがつついているからかな
でも、シーバスと比べると広範囲でアタリがあるので飽きないですね

そして、明確にコココーンとアタリが出るとしっかり乗ります。





24センチのキビレちゃん





ドイボンボン量産決定です(笑)。

そんな感じで午前5時にストップフィッシング

明るくなってからシャクって落とすのリアクションで誘いましたが、水深が浅いのですぐ飛び出してしまいイマイチでした
尺対応のメバリングロッドでやってるんだけど、こういう操作をする場合はもう少し張りのあるロッドの方がいいかな?

シーバス狙いは魚が来るまでひたすら投げ続けるのが自分スタイル。
精神修行のようで(苦)を感じることもありますが(笑)、それに比べると今回のチニングはアタリも多く楽しかったです

ちょっと本気でやってみようかな~


☆今回の使用タックル☆
ロッド:
ヤマガブランクス ブルーカレント80Ⅱ
リール:シマノ 15ツインパワーC3000
ライン:デュエル ハードコアX4
 0.6号 200M
リーダー:フロロ8lb 80cm
ヒットルアー:ドイボンボン+チヌムシ


この記事をはてなブックマークに追加

狙わなければ・・・

2017年07月02日 | 釣り

すみやんとの釣行後、納得いかーんということで仮眠を取って再度出撃
今はシーバスではなくチヌが釣りたいので、シーバスタックルは家に置いてチニングタックルのみでGO

午後9時半に河川に到着
前に見えチヌが見えたポイントは、岸壁の牡蠣殻をハムハムしてたので落とし込みでやってみよう思い、河原でカニを数匹採取してポイントへ。

ポイントに着くと雨上がりということで、ウナギ狙いの人達が竿を出してます。
ちょっと無理かなと思いながらタックルの準備をしていると、「こんばんは~」とウナギ釣りの人が声を掛けてきました。

どうやら仕掛けがだいぶ流れているようで、目の前に投げると絡まるかも?ということでした。
「川には投げないので大丈夫ですよ」とお答えして実釣開始

ここは水路の岸壁で水路の中に落とすので問題ないのです

針オモリにカニを付けて落とす。
カニが壁にへばりついてなかなか難しい

3投目で壁に絡まりラインブレイク
リーダー結んで場所移動します

ってか、最初に声を掛けられた時に、相手の方のヘッドライトがポイントを照らしてた&大きな声で喋ってたので、終了という感じでした

やっぱり、誰から見ても分かるようなポイントではダメですね

またいつもの河口へ到着
午後11時半頃に干潮で今は引き始めてる感じ。

自分的にはいいタイミングです
ドイボンボンを結んでキャスト開始

しかし、アタリもないまま干潮を迎え、シーバスでもおらんかとアルカリシャッドを投げるも無反応
気分を変えて場所移動と導流堤方面へ

ドイボンボンを投げてると、コココンと何かヒット
ジャンプしたので・・・





37センチのセイゴ君でした





シーバス君・・・狙ってたらなかなか釣れないのにねぇ

ってか、ドイボンボンてシーバスも釣れるんや

その後はアタリもなく、また河口へ戻りドイボンボンをキャスト
すると、ココココとアタリが出た

これは間違いなく本命の魚
集中してアタリを待つと、ココン、ココココーンと乗ったかぁとアワセを入れるもすっぽ抜け

これ以降、アタリはなく午前1時半ストップフィッシングとしました

チニングはまだまだ手探り状態ですが、狙って釣れるように頑張りたいと思います


☆今回の使用タックル☆
ロッド:
ヤマガブランクス ブルーカレント80Ⅱ
リール:シマノ 15ツインパワーC3000
ライン:デュエル ハードコアX4
 0.6号 200M
リーダー:フロロ8lb 80cm
ヒットルアー:ドイボンボン+バグアンツ


この記事をはてなブックマークに追加