KICHIKICHI@

釣った魚は美味しく頂くをモットーに、食材を求め海に繰り出す男の釣行記。

どっちでも釣れます( ̄ー ̄)

2016年03月27日 | 釣り

今回から河川修行ということで、ナイトシーバスへ

いつものポイントで午前1時半よりキャスト開始

大潮後の中潮でバチシーズンど真ん中の満潮を1時間ほど過ぎた頃。
バチポイントなら間違いなく先行者がいるはずですが、ここはまーったく誰もいない場所

大潮の干潮なら干上がるくらい浅いし、たまにルアーマンがランガンで立ち寄るくらい。
そう、いつでも釣れるポイントではないんです・・・が、現場に行ってなんぼがモットーの私。

今まで1年以上オールシーズン毎週のように通い詰めた結果、川底の形状やストラクチャーの場所、釣れる時間帯も解析済み
まぁ、その代償として何十個ルアーを川底に沈めたことか

そんなマイポイントで、今夜はボラがたくさん居てはります
うん、なんか釣れそうな感じがします

とりあえず、旬のバチルアーをキャスト
未だにここでバチが泳いでる(流れてる)のを見たことありませんが、一応バチルアーで釣ったことはあるので釣れるはず。

ボラに触りながら流れに乗せて来ると、ゴゴンとヒット
これはボラスレやろうなぁと思いながらネットイン





いや~、ひさびさのバチパターンヒットでした





今年は根掛かりロスト削減ということで、ジグヘッドワームで最初は流してたんですが、なーんも反応がないのでにょろにょろに替えて根掛かりにおびえながら(笑)底付近を流してた時のヒットでした。

しばらくバチルアーを投げてましたが、やっぱり面白くないのでバイブレーションに変更
ゴンゴンとボラに当たりながらゴゴンと掛かる





これもボラスレやと思ってたらシーバス君でした





やっぱりバチルアーじゃなくても釣れるんやね
自分スタイルの釣りで釣れることが分かったので、バイブレーションを投げ倒します

しかし、釣れたのはこの2匹のみ
午前4時までやりましたが、これにてストップフィッシング

43センチと45センチの食材ゲットでした

河川で釣れることが分かったので、今後も通ってサイズUP目指したいと思います


☆今回の使用タックル☆
ロッド:ヤマガブランクス アーリープラス92XML Combined(コンバインド)
リール:シマノ 12レアニウムCi4+C3000HG + 12エクスセンスCi4+C3000HGMスプール
ライン:デュエル ハードコアX8 0.8号 200M
リーダー:フロロ16lb 80cm
ヒットルアー:にょろにょろ10.5 サルベージ60ES


この記事をはてなブックマークに追加

アカンねぇ(+o+)

2016年03月19日 | 釣り

金曜日の仕事終わりに直行で泊川河口へ

気温は高く午後から雨降り潮は長潮で満潮が午後7時半頃。
潮回りは良くないけど、なるべく潮位のある満潮近くの午後8時から開始

釣り人はなし
シラスウナギ師は数名、雨の中頑張っております

満潮なのでとりあえずバチルアーをキャスト
にょろにょろで探りながら移動して数回小さなバイトがあり、上がってきたのは20センチ位のチーバス君
あとはボラがスレたり当たったりしたのみで撃沈

一応、バチルアーで反応はありましたが、チーバスしか居ませんでした
シラスウナギ師も1匹しか獲れんかったとかって話が聞こえてきたので、やはり潮回りや雨の影響もあったんでしょうか

午前0時まで3時間ほどでしたが、先週と同じく状況は良くないみたいです
泊川河口はキャパが狭いのとシャロー帯、そしてガレ場ということで根掛かりも多い。
その上、この時期シラスウナギ師も接岸してきます

自分的に混むポイントでやるより、のんびり広い場所で投げる方が性に合ってるので、次回からは釣れる確率が低くても、バチ抜けポイントは外して河川修行を頑張りたいと思います


この記事をはてなブックマークに追加

タイミング外した!?

2016年03月12日 | 釣り

先週の清原とすみやんのチャレンジシーバスから1週間。
自分の釣りリズムを取り戻すべく単独釣行へ(笑)。

金曜日の仕事終わってから2時間仮眠を取った後、午前0時半よりまずは河川へ

満潮で水深もあるしボラも確認
何回かボラを引っ掛けながら2時間粘るもシーバスの雰囲気がない

うーん、まだ河川は早いのか
潮の加減なら絶好のタイミングのはずやけど、潮止めにも誰もいない

河川は見切りポイント移動
泊川河口へ

あれ?誰もいない
ここ数日、寒の戻りで冷え込んでかなり寒いけど、シラスウナギ師さえいないですやん

まぁ、投げ放題でいいんだけど・・・アカンパターンかも
とりあえず投げてみなわからんのでサーチ開始

ボラは居る。生命感は悪くない。
サルベージ、アルカリ、アルカリシャッド、R32、IP26、にょろにょろなど投げ倒す

すると、何か手前で掛かった





口元のスレ掛かりだったけど、なんだこの魚は??





お初な魚で塩焼きにしたら美味しそうだったけど、とりあえず今回はリリース
また後で調べてみよっと

しっかし、シーバスが釣れん
夜が明けてきても何も起こらず、干潮間近で干上がってきたので導流堤の方へ

明るい時間に投げるのは気持ちがいいですね~
ルアーマンもポツリポツリやって来て、「おはようございます」と朝のご挨拶

魚が釣れても釣れなくても、こういう挨拶ひとつで清々しい気分になりますね

で、シーバスは釣れず撤収
ひさびさに深夜から早朝までガッツリやりましたが、あきませんでした

一発目から河川に行ったのが外したか
今回は下げ狙いで入りましたが、次回は上げの早い時間帯から入ってみるか・・・。

さてと、あの魚調べてみよっと


この記事をはてなブックマークに追加

簡単にはいかんよ( 一一)

2016年03月06日 | 釣り

ここ数日、暖かい日が続いたので、そろそろ釣り初めいいんでない?ってことで、清原とすみやんを連れてシーバス狙いへGO

直近の状況から魚が入って来てるのは間違いなし。
ただ、気温も上がり土曜日の夕マズメってことで、他のルアーマン&シラスウナギ師も活動が活発化し、ポイントに入れるかどうか微妙なところ

午後7時過ぎにポイント到着
ポイントさえ取れれば、あとは粘れば釣れると思うんだけど・・・やっぱり先行者あり

さらに南風が強くてかなり釣り辛い
素人2人相手にしながらの釣りなので、ライントラブルや根掛かりなどのお世話をしながら、状況を探ります

風は強いけど、ボラも居るし生命感はあるので釣れそうな感じはします。
先行者の動向を見ながらキャストしてると、横のすみやんが「なんか釣れました」と地面に魚が





「手前で来ました」という魚は、タケノコメバル
外道ですが、何も釣れないよりは全然OK

この後、風が強くなり先行者もまだ居座ってるので、ちょっと移動してみようと石畳へ
しかし、ここも風が強く、タケノコらしいアタリが1回あっただけ

風が強いのを除けば、気温も高く釣れる雰囲気はあるんだけど、さすがにちょっと無理っぽい
まだ河川の方がマシかなと、移動することに。

戻る途中、最初のポイントで違うルアーマン(釣りガール)がシーバスをリリースするのを目撃

ここに入れればなぁと思いながら、駐車場に戻り河川へ
河川に着いてポイントに行くも、風は変わらず干潮で干上がってしまってて、30分ほどで断念

初心者にシーバスを釣らせるのはなかなか容易ではないですね

スプールにススキの穂を巻き込んでルアーが飛ばないとか
根掛かりでジグヘッドのフックが丸く曲がって円になってても構わず投げてるとか
安物タックルのおかげで2投に1回ラインがダマになってトラブってるとか

・・・まぁ、頑張ってリベンジさせますよ

でもとりあえず、しばらくピンで活動します(笑)。


この記事をはてなブックマークに追加