KICHIKICHI@

釣った魚は美味しく頂くをモットーに、食材を求め海に繰り出す男の釣行記。

2本立て・・・撃沈(;´∀`)

2016年01月31日 | 釣り

先週、狙い通りのメバリングが成功
それを確信のモノとするため、もう一度行って来ました

潮回りと時間は先週と同じ感じで波も風も穏やか
絶好のメバリング日和だと思ったけど、先日の雨でかなり濁りが入ってるのが気にかかる

メバルに濁りは吉なのか凶なのか分からないけど、シーバスにはいいはず
シーバスも気になっていたので、メバル狙いからのシーバスの2本立てで行きます

午後6時半より実釣開始
泊川河口には先週も見かけたシーバス狙いのルアーマンが数名。
ここは下水処理場の排水が流れ込むので、厳寒期のシーバスポイントのようですね

もう日も暮れて暗いので寄り道せずメバルポイントへ
加古川側を見てみると白っぽく濁ってます。

うーん、これってどうなんやろ?・・・半信半疑でワームをキャスト


・・・反応なし


何度もキャスト


・・・反応なし



終了



午後9時半までやりましたが、まったく反応なし
場所を変えても同じで、穴狙いでは2匹ほどソイが遊んでくれましたが食いも渋く、やはり濁りが入るとアカンみたいでした

よし、河川シーバス行くか
テクテクと導流堤を歩いて戻っていき、根元まで来ました。

泊川側は濁りはなく干潮潮どまり。
上げから入りたいので、ちょっと時間調整するかとボトム狙いのチヌルアーをキャスト

すると1投目で





タケノコがヒット
これにはビックリでした





しかし、この1匹だけであとは続かず
根掛かりでルアーをロストしたので、見切りをつけて河川へ移動

午前0時過ぎよりキャスト開始

濁りが入り流れもあっていい感じ
これがシーズンなら間違いなく釣れそう・・・な雰囲気でしたが、まったく何も起こらない

ボラも居ないし何もない。


無。


午前2時半まで投げましたが・・・撃沈
まだ河川に上がってきてないっぽいです

そして気になる工事もどんどん進み、だいぶ状況が変わってきています
これって上まで魚上がるんやろかって思ったり

とりあえず、河川シーバスはしばらくお休みですね

次回は雨の影響がない日に、またメバル調査をしたいと思います


☆今回の使用タックル☆
ロッド:メジャークラフト K.G.ライツKGL-782L黒鯛

リール:シマノ 13ソアレCi4+C2000PGSS
ライン:デュエル アーマードF+PRO0.3号 150M
リーダー:フロロ4lb 80cm
ヒットルアー:自作ガン玉ジグヘッド6B ママワーム シラウオ チヌマウスS 5g


この記事をはてなブックマークに追加

狙い通りっ( ̄▽ ̄)

2016年01月23日 | 釣り

金曜日は運転免許証の更新でお休みだったので、午前中に明石に行って午後から食材確保へ

今回は前に気になってたメバルポイントの調査がメイン
ナイトが本番ですが、おかず確保も責務なので日が落ちるまでは、穴釣りで手堅くゲットします





タケノコやソイやガシラと遊びながらテトラ帯を転々と回り、日が落ちて暗くなってきたところで、気になるポイントへ

大潮前の中潮の翌日から天気が荒れる予報で、風もけっこうありますが、陸から海へ向かって吹く風で釣りする分には問題なし

メバリングは見よう見まねでしかやってなかったので、なんちゃってレベルなんですが、魚は居るはずなので間違いないルアーを投げれば釣れるはず

結果・・・





釣れました
やっぱりあの魚はメバルやったんや

続けて・・・





タケノコじゃない目の大きなメバルちゃんです
思うにタケノコメバルって目が小さいから、どっちかってとガシラに近い感じがしますね

もう一匹追加して反応がなくなったので、直感的に釣れそうちゃうんって場所をランガン

メバルが釣れたりセイゴが釣れたり、なかなかのサイズのシーバスが掛かったり(ジグヘッドから持ってかれました)と、ナイトでも色々釣れるやんと再確認

日が暮れてからは寒さが半端なく、鼻水垂らしながら午後12時~午前0時までガッツリやって、リリース含め20匹以上は釣れました





今回は自分の狙い通りの結果が出たので大満足な釣行となりました
雑誌やネットなどの情報が当てはまらない場合もあるってこともよく分かりました

やっぱりね、現場で得る情報が一番大事ってことですよ

今までメバリングはちょっと手を出すレベルの釣りでしたが、ナイスサイズが釣れることが分かったので、シーバスと同じレベルまで引き上げることにします

今回の最大寸は25センチ。
いつかは尺を目指して本気なメバリング始動開始です


☆今回の使用タックル☆
ロッド:メジャークラフト K.G.ライツKGL-782L黒鯛

リール:シマノ 13ソアレCi4+C2000PGSS
ライン:デュエル アーマードF+PRO0.3号 150M
リーダー:フロロ4lb 160cm
ヒットルアー:ラウンドヘッドジグ3/32oz コバチ


この記事をはてなブックマークに追加

安全第一で

2016年01月17日 | 釣り

先週、導流堤と江井ヶ島で不完全燃焼だったロックフィッシングのリベンジに行って来ました

数日前からかなり冷え込んできて、深夜早朝は0度近い気温の中、午前6時より導流堤でキャスト開始

前回は荒れた天候だったので、今回は時間ごとの風向きや波の高さも念入りにチェック
岸際を攻めるならあまり関係ないけど、テトラの穴狙いでは波が高いと完全アウト

今回は風も波も穏やかで絶好の穴釣り日和です
でも、気温はヒエヒエ海から水蒸気が立ち上っていて、さすがに他の釣り人は・・・ルアーマンと投げ釣り師が数名のみ。

明るくなり始めた頃にテトラ帯へ。
穴撃ちしながら移動して行くと・・・





タケノコ捕獲

入れやすい穴にはミニサイズが多く、これはチョット難しいなって穴に入れるといいサイズが上がります





今回は少し色の違うガシラがよく釣れました。

色が黒っぽいっていうか赤ではないので、家に帰って調べてみたらどうやらクロソイのようです。
形はそっくりなので、ガシラかクロソイの区別がよく分かりませんでしたが、尾の形が丸いのがクロソイで角ばってるのがガシラとな?

そうなると上の魚はクロソイで下の魚はガシラですね





そんな感じで導流堤の4分の3まで探り、お昼近くなってきたので終了としました

キープは6匹
リリース含めると10匹以上は釣れて、ひさびさの満足フィッシングとなりました





やっぱり明石とは全然魚影の濃さが違いますね。
アクセスの便が悪いのとテトラが険しいので、荒れが少ないんでしょう。

地元の人からは毎年何人か落ちて亡くなってると聞きますし、流れが速いのでここで落ちた人が倉敷で上がったこともあったそうです

自分も先週滑ったので、完全守りの態勢でした

自分なりのテトラ帯での心構えは・・・


1、テトラを移動する時は、必ず片手をフリーにしてテトラに掴まりながら移動する。

両手に竿とクーラーなどを持って移動すると、足を踏み外したり滑ったりしたら即落ちます。

2、移動の際は腰を低くなるべく飛ばないこと。

重心を低くしておけば、態勢が崩れてもリカバリーしやすい。
飛ぶのは絶対に無理しない範囲のみで。

3、偏光グラスは外しておく。

これ、意外な盲点です。
偏光グラスを掛けてると、薄暗い時や影がある時なんかは、濡れてる部分と乾いてる部分の区別が非常に分かりづらい。

面倒かも知れませんが、移動の際は偏光グラスは外してキャストする時に掛けるようにしましょう。

4、乾いてても滑ります。

潮が引いて海に浸かってた部分が乾いても、表面だけ乾いてる場合があり、油断してるとツルってなります。

自分も河川のブロック護岸で滑り落水したことがあります

可能なら次の足場を靴で踏んで状態を確かめてからにしましょう。
特に今いる場所より一段下に移動する場合は要チェックです。

5、冬場は機動性がダウン

寒いと着込むので動きづらくなります。
テトラの移動の際、思ったより足が上がらず踏み外すことも(経験済み)。

体もこわばるので、冬場は釣りの前に体を動かして温めると共に、どれだけ体が動くのかチェックしておきましょう。

かさばる防寒着+ライジャケは思った以上に動けないので、移動はゆっくり慎重にです。
ライジャケも必要以外の装備は外して、なるべく軽くしておくのが吉。


・・・と、こんな感じでしょうか

で、釣った魚は美味しく料理





今回は全て煮付けにしてみました。

ガシラとタケノコメバルとクロソイ、どれも非常に美味しくて

ガシラとクロソイの味の違いは?でしたが、タケノコメバルは比べると違いがあって、歯ごたえのある食感でした。
ガシラとクロソイは柔らかくてカレイの煮付けに似ています。

いや~、こんだけウマイ魚なら、ロックフィッシュ一本で淡路島に渡ってもいいくらいです(笑)。

早朝にメバルっぽい魚が群れてる場所を発見したので、次回に海が荒れてなければちょっと狙ってみたいと思います


☆今回の使用タックル☆
ロッド:メジャークラフト K.G.ライツKGL-782L黒鯛

リール:シマノ 13ソアレCi4+C2000PGSS
ライン:デュエル ハードコアX4 0.6号 150M
リーダー:フロロ8lb 160cm
ヒットルアー:ラウンドヘッドジグ3/32oz コバチ マゴバチ ママワーム シラウオ 


この記事をはてなブックマークに追加

あったかいねぇι(´Д`υ)

2016年01月11日 | 釣り

3連休2日目は凧揚げでした





凧揚げが出来る公園を求めてあちこち車を走らせ、武庫川の堤防沿いの道でやっと揚げることが出来ました

ちなみに100均の凧はバランスが悪くて揚がらず
800円のアンパンマンの凧は出した瞬間から空に羽ばたいて行きました

やっぱり値段なりなんですねぇ

連休3日目は早朝からガシラ狙いで明石へ
導流堤と迷いましたが、テトラ帯の険しくない江井ヶ島漁港でガシリング開始

しかし、良さそうな穴や捨て石の隙間を狙っても、まったくアタリがない
導流堤なら普通にアタリがありそうなポイントでもスルー

堤防の岸壁もダメで、波止の外側テトラ帯でようやく反応が





20センチほどのアイナメでした
他には全然反応がなく、ミニガシラさえ釣れません

魚以外の生き物は遊んでくれましたが





午前6時半から午前10時までの3時間半でアタリらしきものは2回だけ。
なんていうか・・・魚がいない感じがします釣り切られたような感じ?

明石周辺の釣り場はどこも似たような感じなんでしょうかね
導流堤が天国に思えます

やっぱり自分は加古川がホームですわ(笑)。

一応、ボウズは回避出来たので2016年フィッシングは連勝中
次回は加古川で納得の結果を出したいと思います


☆今回の使用タックル☆
ロッド:メジャークラフト K.G.ライツKGL-782L黒鯛

リール:シマノ 13ソアレCi4+C2000PGSS
ライン:デュエル ハードコアX4 0.6号 150M
リーダー:フロロ8lb 160cm
ヒットルアー:ラウンドヘッドジグ3/32oz コバチ


この記事をはてなブックマークに追加

投入は来シーズンで(;^ω^)

2016年01月10日 | 釣り

少し前から気になってたルアーをゲット





コアマンのバイブレーションジグヘッドVJ-16。

シーバスルアーなんだけど、これはアレに使えるんじゃねと未使用のままカスタムしちゃいます





まずはフックを外します。

しかし、小さいフックですね
動きやシルエットを考えてのサイズなんでしょうか

で、これにフックを装着。





カルティバのST46#6フックをアイと1本切断して、アシストフックと一緒にハンダで固定。





ワームを付けて完成。





これはシーバスではなく、タチウオ用として考えました。
夜中のワインドの動きについて来れない場合のただ巻き用としてね

ZZヘッド+シャッドテールワームでもいいと思いますが、ジグヘッド自体がバイブレーションするってとこに違いがありそうみたいな期待を込めて(笑)。

VJはヘッド形状も◇なのでダートも出来るんかな
まだ投げていないので分かりませんが、ブルブルしながらダートするのかな

ちなみに、マナティも装着OKです。





ヘッド形状もバッチリ





スパークではどうでしょう?





こちらはヘッドに段差が出来るので抵抗がありそうです





タチウオにはケミチューンが必須ですが、自分はいつもフックに装着してるので、こんな感じにしています





ワーム交換の度に入れ替える手間がないので





まだ投げてないのでどんな感じなのか分かりませんが、ジグヘッドにフックを直付けしてるのでバイブするのか?動きを妨げないのか?って思ったり

フッキングについては、形はいわゆるテンヤと同じなので問題なしかな
それよりもワームキーパーが少し短いので、何度も抜き差ししたりフッキングしたりすると、ワームが飛んで行きそうな感じがします

なので、ワームをヘッドに挿し込んだら、ほんの少しだけ瞬間接着剤を付けた方がいいかも?
(自分はそうしてます)

ここまでするならテンヤでいいやんと思ったりしますが、新たなルアーを試すのも楽しいので
お正月過ぎてもまだタチウオが釣れてるので試したいところですが、今はロックフィッシュの方が確実なので来シーズンまでお預けですね





3連休初日の早朝に導流堤へ

前回は3時間ほどしか出来なかったので、今回は大漁確実と期待してたんですが、波が高くてテトラ帯では3匹だけで断念

しかも全てミニマムサイズ結果ノーキープで終了
さらにテトラで滑ってタックル水没

幸い、肘とすねのかすり傷で済み、タックルも無事回収出来たので良かったです
着込んでいたので思った以上に体が動きにくく、足が上がらなかったのが原因でした

ライジャケの後ろと前のフロート素材のおかげで、体へのダメージはありませんでした

ライトゲームなのでごついライジャケより、首に掛けるタイプとか、腰に巻いて水に触れると膨張するタイプなんかも考えましたが、体の保護にはジャケットタイプが最適と実感できたので(苦笑)、どこでも何釣るでもライジャケを着ることにします

そんな感じの新年初釣りでした

他の釣り人の釣果では、先端から帰って来る人の手のビニール袋に40~50センチのシーバスや、サビキ釣りで20センチ前後のアジを20匹位釣ってる人もいました

これも暖冬の影響なんでしょうね~
ただ、朝晩は普通にガクブルの寒さなので、防寒はしっかりして次回リベンジを果たしたいと思います


☆今回の使用タックル☆
ロッド:メジャークラフト K.G.ライツKGL-782L黒鯛
リール:シマノ 12アルテグラ2500S改 + 夢屋C3000Sスプール
ライン:デュエル ハードコアX4 0.6号 200M
リーダー:フロロ8lb 160cm
ヒットルアー:ラウンドヘッドジグ3/32oz コバチ


この記事をはてなブックマークに追加