KICHIKICHI@

釣った魚は美味しく頂くをモットーに、食材を求め海に繰り出す男の釣行記。

飛んでなんぼです

2014年10月26日 | 釣り

先日の釣行でなくしたルアーを買いに釣具屋へ





サルベージばかり買ったろかと思いましたが(笑)、シンペンも1つは持ってないとアカンかと、アピアのパンチライン95を新規購入

本当はサイレントアサシン99Fが欲しかったんだけど、売ってなかったんで

サイレントアサシンやショアラインシャイナー、サスケ裂波、剛力などなど、名の知れたルアーってどれも2000円近く(以上のものも)します。

自分は巻物系が好きなので、ミノーの類はほとんど使わない。
その頻度の少ないルアーに高いお金払う気がなかなか起きません

唯一、サイレントアサシンだけ釣れた(バレました)ので、高くても買ってもいいリストに入ってます(笑)。

パンチラインはよく分かりませんが(笑)、20グラムでサルベージと同じ重さだしよく飛びそうということと、いとこが使ってるのもあって1度試してみたかったんです

あとはデイゲーム必須の鉄板バイブがなくなったので、IPかタイニードロップを補充したいところですが、金欠のため今回は見送り

エクスセンススプールは年内購入予定で、来年はロッドを新調したいですね

さて、先週釣ったスズキ君たちは美味しく料理して頂きました





白身魚にフライは間違いなしに旨し





パスタは我が家の定番メニュー
ペペロンチーノベースの醤油風味で、これまた旨し

これで冷凍庫の在庫がなくなったので、また食材仕入れに行かないと


この記事をはてなブックマークに追加

出費多し

2014年10月25日 | 釣り

先週に引き続き今週も加古川へ
今回は源さんも同行してナイトシーバスです

金曜日の午後11時半頃からキャスト開始
相変わらずボラが湧いてますが、先週より多い感じでやり辛い

ちょこちょこ移動しながらキャストを続けますが、ボラのスレ掛かりばかりでシーバスらしき反応が出ません

先週はけっこう早いうちからアタリが出始めたんですが、午前2時頃までまったくダメ
そして午前2時を過ぎた頃、ようやく30センチほどのセイゴがヒットして、抜き上げでオートリリース(笑)。

やはりこの時間帯からが時合いか・・・そう思いながら魚が掛かるもボラばかり
そんな中、少し離れた場所で源さんが何か叫んでます

私の横でバシャバシャ魚が跳ねてるのでライトを照らすと、おー、シーバスですやん
60は確実にあるシーバスで源さんもテンション

ランディングは自分でやらないと上手くならないし、最後まで自分の手でやってこそ自分で釣ったと言えるもの。

なのであえてアシストはせず、ライトアップだけで見守ります
ネットにルアーが引っ掛かり苦戦しながらも無事ネットイン





源さん自己新の66センチシーバスゲットです





ルアーは実績のサルベージ
釣行前に急遽仕入れてきたそうで、無事釣れて良かったです

よし、これから時合いやとキャスト再開
しかーし、ボラが掛かり根に巻かれてラインブレイクなど、2個あったサルベージをロストし、ハイブリッドスイマーも1個ロストで計3回もリーダーを結び直す

しまいにハイブリッドスイマーをフルキャストしたらラインが底をつき、まったくリズムが整わないまま午前3時半頃にストップフィッシング

シーバスゲットは源さんの66センチのみで、私はノーフィッシュで終了となりました

しかし、主戦力ルアーのロストは痛いなぁ
それにラインも最近巻き変えたばかりなのにもうなくなるって

家に帰って新品(0.8号150M巻き)に巻き替えた際、今まで巻いてたラインの長さを計ってみると・・・67Mしかありませんでした

夢屋のC3000Sスプールは0.8号150M巻けると表示してありますが、全部巻いたら間違いなくライントラブルの原因になるので、全部巻いてからほどよい巻きになるようにラインをカットしています

カットしたラインの長さは12Mほど。
なので、スプールには138M巻かれていることになります。

釣行毎に数メーターカットしているのに加え、根掛かりなどでロストする長さを加えるとあっという間にラインが減ってしまうんですよね

それもあって、前は0.6号を200M(実際は188M)巻いてました。
これなら残量はあまり気にすることなく、港湾メインなら問題なく使えてたんですが、ストラクチャーが多くランカーが出る加古川周辺に行くようになると、ちょっと心細い感じがして0.8号にしました。

今のところ強さ的には0.8号で問題ないと感じてるので、あとは巻き取り量を増やしたいところ。
レアニウムのスプールに戻すとリジッドサポートドラグじゃなくなるので、エクスセンスCi4+C3000Mのスプールにすればベストかな

港湾では0.6号で夢屋スプール。
ストラクチャーがらみのランカー狙いでは0.8号or1号のエクスセンススプール。
とうとうラインを使い分けないといけないレベルに来たようです

ふぅ、とりあえずはルアーの補充が先ですね


☆今回の使用タックル☆
ロッド:メジャークラフト クロステージCRK-962ML
リール:シマノ 12レアニウムCi4+C3000HG + 夢屋C3000Sスプール
ライン:ラパラ ラピノヴァXマルチゲーム0.8号 150M
リーダー:フロロ16lb 80cm
バイトルアー:サルベージ70ES ハイブリッドスイマー


この記事をはてなブックマークに追加

安全第一です

2014年10月19日 | 釣り

土曜日はハニーの妹さんの結婚式で大阪へ





私はビデオ撮影係を任され、終始カメラ片手にファインダーを覗いてました(笑)。

息子も指輪を運ぶ大役を任されましたが、エンジェルスマイルで任務完了
本番に強いタイプのようです

披露宴もサプライズが用意されてて、とっても楽しい時間を過ごすことができました
これからもふたり仲良く素敵な家庭を築いていってくださいね





披露宴の後、新郎新婦友人達は3次会コース
私たちは皆さんに挨拶を済ませた後、神戸へ帰宅

ハニーと息子はお疲れモードでバタンキュー
私も一緒に布団に入って眠りにつくと思いきや、午後10時半に起きてフィッシングへ

前回、導流堤でタチウオが釣れたけど、そろそろ腕が疲れる魚の引きを味わいたいと思い、加古川シーバス狙いでGO

台風後にかなりシーバスが釣れてたみたいだけど、もう落ち着いたか
午後11時半に現場に到着し、まずはミノーでチェック開始

テクテク移動しながらキャストしますが反応なし
やっぱりミノーは性に合わんサルベージに取替え投げまくります

すると午前0時半頃、ブルブルっと元気な魚がヒット





30センチほどのセイゴ君です
小さいけど魚の引きを味わえたのでテンション

それから20分後にまたヒット





これも同じようなサイズ
この後、2時間弱の間に何回かヒットがあるもののバラシが多発

アタリはあるので投げ続けたいんだけど、一旦落ち着いてフックを交換することに。

すると・・・





一撃でヒット

その4分後に





さらに10分後





ようやくタモサイズ





サイズが上がってきたぁ

そして20分後に・・・




ドン







なかなかの抵抗を見せた今日イチのシーバスゲット





自己新の79センチでした(上あご計測)

いい仕事しますサルベージ





それから20分後にまたセイゴ君がヒット





まだ釣れそうだったけど、十分満足したので午前3時にストップフィッシング





リリース含め7匹のグッドフィッシングになりました

セイゴ君はリリースしてハネ君とスズキ君2匹をお持ち帰りしようと、ストリンガーから魚を外し、一旦川に戻そうと護岸斜面を降りた時、潮が引いた後の濡れた部分に気をつけながら・・・



ズルっ



うっそ~ん
ライジャケのおかげで助かりましたが、腰から下はズブ濡れに

パンツも靴もグチャグチャになりながら記念撮影





自己新で浮かれてた訳じゃありませんよ
いやはや、今回はフックとライジャケの重要性を身にしみて感じた釣行となりました(笑)。

皆さんも釣りに行く時はライジャケを忘れずに

しかし、フックを新品にしたらバツグンにヒット率が上がるもんなんですね
フック交換前にもボラなら80UPな魚が掛かったんですが、エラ洗い1発でバレてしまいました

現場でフック交換はナイトではやりにくいけれど、そういう細かな努力が結果に結びつくもんなんですね

今回も大活躍だったサルベージ
安いしサイズ違いもまた揃えておこっと


☆今回の使用タックル☆
ロッド:メジャークラフト クロステージCRK-962ML
リール:シマノ 12レアニウムCi4+C3000HG + 夢屋C3000Sスプール
ライン:ラパラ ラピノヴァXマルチゲーム0.8号 150M
リーダー:フロロ16lb 80cm
バイトルアー:サルベージ70ES




この記事をはてなブックマークに追加

台風前に

2014年10月13日 | 釣り

この3連休は土曜日に息子の運動会があり、その後に釣りに行って来ました





息子は背がちっちゃいので先頭でしたが、撮影には分かりやすくて良かったです(笑)。
脚立を持参している人たちもいましたが、あれは必須アイテムですね

運動会は午前中で終了
集団の中の息子の姿は家では見られないので、いい体験が出来ました

家に帰ってご飯を作り早めに就寝
翌日の午前1時半に起きて午前2時に出発

向かった先は加古川導流堤
もう2ヶ月以上行ってないので、さっぱり今の状況が分かりません

そろそろタチウオが釣れるかなというのと、アオリは釣れないか調査も兼ねて行ってみることにしました

3連休の真ん中ということもあり、釣り人も結構いるんじゃないかと思いましたが、まったくもっていませんでした

まだタチウオは早いんかなそう思いながらテクテク先端を目指し歩いて行くと、テトラ帯に上がる手前に引き釣りの釣り人が1人だけいました。

テトラ帯を歩いて先端到着
はい、いつものように誰もいません

まずは泊川方向にワインドしてみます。
・・・うん、異常なし。

しばらくやってからテトラ帯に下りてシャクシャク。
・・・うん、異常なし。

ルアーをエギに交換してシャクシャク。
・・・うん、異常なし。

むーん、やっぱりまだ早いか・・・

空が少し明るくなり始めた午前5時。
神戸港ならタチウオの時合が始まる時間ですが、導流堤ではシーバスの時合が始まる時間です

ケミが付いたワインドではシーバスは釣れないと思うし、タチウオの気配もないのでワインドは終了してワイヤーリーダーも外しサルベージをキャスト

すると、数投した後フォール中にゴゴゴンとバイトあり
一瞬ゴミかと思いましたが、竿先に生命反応があるので魚に間違いない

でも引かないなぁ・・・そう思いながら上がってきたのは





指3本ないタチウオでした
しかもスレ掛りどうりで引かない訳だ

でも、タチウオが居るのが分かったので、またワインドに戻してシャクリ開始
しかし、何も起こらないまま時間は過ぎ、途中でバイブレーションなども投げましたが反応なし

そして午前7時半にストップフィッシング
ベイトは色々いましたがボイルもなく、シーバスの姿を見ることはありませんでした。
タチウオも入ってるみたいだけど、まだまだこれからって感じですね。

タチウオは一応釣れたけど、イマイチすっきりしなかったので帰宅後に仮眠をとり、夕方も出撃することに

台風の影響があるので、直前まで気象庁の天気概要を見ながらポイント選び
予報では播磨方面の方が風が弱かったけど、三木で祭りがあって交通規制が予想されるので、風は強いが遮へい物がある神戸港を選択

ポーアイにするか迷って、金曜日にポーアイに釣りに行ったふじもんに状況を聞くと、エサもルアーもノーバイトということで灘浜に決定

午後5時に現場に到着
少し風があるのでZZスタップでキャスト開始

しかしアタリはなし。
灘浜でタチウオ狙いは初めてなので状況がよく分からない
日が暮れてくるとタチウオ狙いの浮きが並び始めます

いつ反応が出るんだろう・・・浮きを眺めながらシャクっていた午後6時半、不意にガンとバイトが出た

沖にある浮きに反応がなくて、ワンド内の自分にアタリが出たのを不思議に思いながら、気合を入れてシャクリます

だがしかし、次のバイトが出たのは1時間後の午後7時半。
その間も手元に伝わらないアタックがあったようで、ルアーには噛み傷が多数あり。

そして午後10時ストップフィッシング
バイト6回あって、まさかのノーフィッシュ

使用ルアーはドイティ、マナティでしたが、ドイティは白、赤、マナティは白、ケイムラ紫、ブルピン、グローで、どのルアーでも噛み跡が付きました。

そのバイトルアーの共通点は、すべて背中側より頭側へ噛み跡があったこと。
傷は甘噛みではなく本気な深さの傷でした。

背中側に噛み付くってルアーがどうゆう体勢の時
そこら辺を探っていけば対策が見えてくる・・・かな

ちなみに自分はカラーはあまり気にしない派です。
夜は白。マズメは紫やピンク。日中はナチュラル。こんなもんでいいと

いくらカラーが合ってても動きがおかしかったら食わないので、キチンと動かすこと(動くこと)の方が重要だと思います。

マナティも一撃食らった後は明らかに動きが悪くなりますからね
一撃で新品投入はよほどバブリーな人でないと無理な話

ドイティを作ったのも、少々の傷で動きを邪魔されない丈夫なルアーが欲しいと思ったから。
ワインドはカラーうんぬんよりも左右のダートが1番の武器だと思うし原点かと思います

この武器をいかにして長続きさせられるか?
原点回帰。メーカーさんには頑張って頂きたいと思います

さて、加古川方面でもようやくタチウオの姿が見え始めました
今後はどこも混み混みの神戸港より、のんびりゆったり釣りが出来る播磨方面で釣りをしていきたいと思います


☆今回の使用タックル☆
ロッド:メジャークラフト ザルツZAT-902MHW
リール:シマノ 12レアニウムCi4+C3000HG + 夢屋C3000Sスプール
ライン:ラパラ ラピノヴァXマルチゲーム0.8号 150M
リーダー:フロロ16lb 80cm
バイトルアー:サルベージ70ES 太刀ヘッド1/2oz+ドイティ&マナティ


この記事をはてなブックマークに追加