KICHIKICHI@

釣った魚は美味しく頂くをモットーに、食材を求め海に繰り出す男の釣行記。

天ぷらが最高です

2014年08月31日 | 釣り

8月ももう終わりですね
最後の夏遊びということで、昨日家族と淡路島でファミリーフィッシングしてきました

午前中に釣りしてから、前に行けなかった淡路島カントリーガーデンに行くつもりでしたが、何かイベントがあるのか淡路インター出口が予想外の渋滞で降りれなかったので、そのまま通過して東浦インターで降りました。

・・・が、なぜかここも混んでて淡路インター方向は渋滞がひどかったので、カントリーガーデンはキャンセルして夕飯の食材確保メインに変更

今回はルアーではなくライキャスでキスを狙う作戦です
夕飯のおかずなのでワームではなく手堅くエサで釣ります

ハニーや息子にも楽しんでもらうには釣り場選びが重要です
トイレがあって足場も良く比較的安全に釣りが出来そうな炬口漁港で釣り開始

時間は午後2時過ぎ
真昼間の暑い時間で普通なら避ける時間帯ですが、夕方までは間が持たないので頑張って釣らなければ

洲本で石ゴカイとボウズ逃れのアミエビを買って、日よけのサンシェードを堤防に設置
チニングロッドにライキャス仕掛けの1本針でキャスト開始

すると、開始早々ハニーが待望のキスをゲット


1


私もサビキでやってみますが、釣れるのはスズメダイばかり
その間にハニーは順調にキスを水揚げしてます


2


息子もリールを巻き巻きしてお手伝い
1キャスト1ヒットでキスは釣れるんだけどサビキはさっぱり

根掛かりでサビキカゴ2つなくなった時点でサビキ終了
調子のいいキス狙いに絞ります


3


こんな真昼間でもポロポロとキスは釣れますね~
キスの他にチャリコやアナハゼも釣れて、ひさびさにのんびりフィッシングが楽しめました

午後5時になったので、おかず分のキスは釣れたし撤収することに


4


300円分の石ゴカイも1本針だったのもあってか3分の1ほどしか使ってなくて、丸1日ライキャスオンリーで狙っても十分そうでした

手軽でエサ代も安いし時間帯にこだわらなくても釣れるので、今度はライキャスメインでやってみようかな


6


この記事をはてなブックマークに追加

今年も降臨

2014年08月24日 | 遊び

夏の恒例行事のタコ突き今年も行って来ました

昨年は清原とふじもんと私の3人で、私が2タコ、ふじもんが1タコ、清原0タコの結果でした。
ここ数年、私にタコ運があるようで調子いいんですが、逆に元祖タコキング清原の調子がイマイチで、タコの姿すらお目にかかれてない状態

さて、今年はどうなることやら

昨年と同じメンバーの予定でしたが、直前にふじもんが体調不良で参加できず、清原と2人で淡路島へ

午前8時頃に海へ
天気予報では雨だったので寒さがヤバイだろなぁと思ってましたが、予報が外れたのか晴れてます

素潜りは体力勝負
海の中で浸かっていられる時間は、真夏の海でも1回目で40分ほど。2回目以降は体力回復が遅くなるので、どんどん時間が短くなっていきます

泳ぐ体力というより寒さに耐える体力が必要
初めに寒さで身体が震え始め、その次に手がしびれてきます。さらに浸かってると足腰の動きが落ちてきてフラフラに

素潜りをしたことがある人だったら、映画「タイタニック」がありえん話だと思うはず

晴れて太陽が出ているうちに潜っておきたいので、ゴロタ石や岩だらけのポイントに目星を付け素潜り開始

以前は動かせる石をひたすらひっくり返して探してましたが、意外に泳ぎながら上から見てても見つけられたりするので、注意して海底を観察

そして午前9時半頃。海底の岩の下でタコ発見
水深は2メートルほど。海底の岩に足が届くので態勢を整えてから潜ってヤス発射

するとヒットしたものの、ひと回り小さい真っ白いタコの死骸が刺さってきた
こやつ共食いしておるな
昨年も小さいタコを食ってたタコがいて、タコって共食いするんやと驚いたもんです

まだ本命タコは逃げてないので、再度潜ってヤス発射
するとガッツリ刺さったようなので、タイミングを見計らって海底から持ち上げ捕獲成功

岸へ持ち帰る時に写真を撮ろうと、ポケットに忍ばせてあった防水デジカメを取り出しスイッチON
しかし電源が入らずご臨終

今まで4個デジカメ買いましたが、内2個(もちろん防水)は水中撮影に使おうとして壊れました。水深2メートルそこそこなのになんでやねん
これからは防水デジカメでも水中に持って入らないことにします

で、携帯カメラで撮影


1_2


なかなかのサイズです


2

清原も1度タコを発見しヤスを発射したけどミス
深場だったので、再度潜ってやろうとしたけど見失いゲットならず

この後、あまりの寒さに一旦休憩
コンビニでお昼ご飯を食べ、気分を変えてタコ釣りにチェンジ

仮屋漁港へ向かいオクトパッシングするも、午後2時真昼間なのもありまったくノータコ
今度は暑さがやばくなり、またコンビニで作戦会議

今度は夕方のタチウオ狙いで炬口漁港でワインドや
午後4時半に沖向きの堤防でシャクリ開始

しかし、まったく何も起こらないまま午後6時半頃。
休憩しようと竿を置いた清原の隣の兄ちゃんが、なんとハマチをゲット

それを見た清原はささっと竿を取りシャクリ再開(笑)。
私もアイアンプレートを投げたりZZスタップを投げたりするも不発

ってか、今回はロッドがタコ仕様のソルパラ蛸に4000番アルテグラなので、まー投げにくい&シャクリにくいこと

それでもエソが2匹釣れたけど本命は来ず
辺りが暗くなりタチウオ狙いの浮きが並び始めますが、浮きも沈む気配がなく午後7時半に終了としました

ただ、清原のマナティが本体ごとなくなったり、ケミホタルが切れて液漏れしてたり、私のマナティにも噛み跡っぽいのは付いてたので、タチウオが居た可能性はあります(手元に感じるアタリはなし)。

ということで、あれもこれも欲張ったらアカンという結果となりました

今年のタコ突きは私が1タコ、清原0タコで終了。
今年もタコ神様は私に降りてくれたようです

昨年はタコフィーバーのタコ祭りでしたが、今年は例年並みといった感じで釣果もあまり出てないようです

そんな今年の獲れた獲物は貴重な食材
美味しく料理して頂くとしまーす


この記事をはてなブックマークに追加

1日で可能です(要気合)

2014年08月15日 | バイク

四国原チャリツーリングの報告です

12日の午後11時清原と待ち合わせのマックスバリューへ
途中、台風の影響で有馬街道が通行止めになってて、神戸でこんなんだったら高知はどうなってんやろ

そんなことを思いながら深夜0時過ぎ、神戸第3突堤に到着。
すると、なんだか車の列が長くなかなか進みません

ターミナルの工事やからか?トロトロ進んでようやく係員の人が来ました。
「ご予約はされてますか?」と名簿を見ながら言う係員。

はっ?予約予約せなアカンの??
予約はしてませんと告げると、「予約制になってるのでキャンセル待ちになります。」と、キャンセル待ちの紙を渡され、いつもの待機場所へ。

おいおい、いつから予約制になったんだよ
去年も利用したけど、そんなこと言われたことなかったゾ

キップ売り場で、「たぶん乗れると思いますけど、次回からは予約してくださいね。」と言われキップを購入

待機場所へ戻りしばらくすると乗船許可が出たので船内へ。
ってか、バイク自転車スペース余裕であるやん

予約制になっても通路にゴザを敷いてる被災地状態。
混雑緩和を謳ってるわりにその効果のほどは疑問です。

まぁ、車はまだ分かるけど、バイク自転車なんてスペースは知れてるし、予約システムは要らないと思いますけどね

それに、往復券で購入すると帰りの日にちと時間も指定しなきゃいけない。
今でさえ船便が少なくて旅の制限を強いられてるってのに、自由な旅が出来ないじゃないですか

バイク自転車は予約なしのシステムをお願いしたいですね

と、ジャンボフェリーの改善要求はさておき、いつものように通路にゴザを敷いて場所を確保。
午前1時に出航し、これまたいつものようにほとんど寝れないまま、午前5時に高松港へ着岸

今回の旅の目的は高知県の室戸岬を制覇し、四国の尖がってる岬の完全制覇を目指すこと

いつもは高松から西へ向かいますが、今回は東から回りこむルートでまだ走ったことが無い道を通ります。

まず向かったのは鳴門海峡
淡路島から四国を眺めたことはあっても、四国から淡路島を眺めたことはなかったので


1


展望台があったので行ってみました。


2


渦潮も見えるかと思いましたが、時間が合ってなかったようで見えませんでした
何かグルメな食べ物はないかと土産物屋を物色しましたが、これといってそそられるモノはなし

アイスでも食べようと思ったんですが、お客に背を向け小鳥の世話をする店員のおじいさんや、「いらっしゃいませ~」の挨拶もない他の店員さんに、感じが悪いと早々にバイクを走らせます

マップルを見ると、四国最東端の蒲生田岬が近くにあったので向かったんですが、あと少しというところで通行止め


3_2


時間差で片側通行になり、こちら側から行けるのはあと30分後。
最南端、最西端と四国の先っちょを制してきた我ら。ぜひ東も行っておきたいところでしたが、メインは室戸岬なので今回はスルーすることに

そろそろお腹も空いてきたので、何かグルメなスポットはないかとマップルを見ると、近くにイザリCafeっていう店があったので行ってみることに

山間を走り向かいますが、その横文字な店名には似合わない風景が現れるだけ
ときどき小さな看板が出てくるので、それを信じて走った終点は小さな漁港

あー、やっぱりガセやったかと辺りを見回したその時、看板発見


4_2


おー、あったあった


5_2


その小さな漁港には似合わないお洒落なお店がありました。
店内を覗いてみると、まさかの満員です

順番待ちの名簿に記入し、しばらく待ってるとぞくぞくとお客さんがやって来ます

なんなんやこの店は
もしかして地元じゃ結構有名なお店なのか??

15分ほど待ってようやく店内へ。
1日限定10食のさしみ定食が残り3つだったので、迷わずそれを注文


6_2


味はもちろん間違いなしでした

美味しいグルメにテンションUPな我ら
次なるグルメは?とマップルを見ると、まぐろ専門店なる店が竹ヶ島にあるらしい。

高知はカツオで徳島はマグロなのか
これは行ってみるでしょうとバイクを走らせ到着しましたが・・・


7_2


臨時休業のようです

仕方がない、先を急ごう
55号線に戻りひたすら南下を続け、ようやくそれっぽい施設が現れ始めました。


8


特徴のある海岸です


9


中岡慎太郎の銅像もあります。


11


展望台があったので上ってみます。


12


てっきり灯台があると思ったんですが、ただの展望台でした


13


灯台はどこにある??
どうもこの上にあるようで、少し先に急な上り坂を上がったところに入口発見


14


空海の像があったりする小道を行くとありました


15


室戸岬灯台です

ここも先端なので最〇端とか呼び名があるのかと思いましたが、これといってないみたい。
立派に尖がってるだけになんかもったいないですねぇ

これで今回の目的は果せました。
さー、汗を流してさっぱりしようということで、近くの温泉を探します

高知市方面に向かう途中、北川村温泉の看板があったので行ってみますが、途中通行止めの表示があり断念
さらに走ると、こまどり温泉の看板があり、もうここしかないとぐっちゃぐちゃな山の中を10数キロ走り看板発見

しかし


16


閉店時刻3分前でした

時間は午後6時。
もうすぐ日が暮れるし、この何もない山の中でテントを張るのだけは避けたい

都会のスパと違い地方のこういう施設は閉まるのが早く、今から他の場所を探しても間に合わないでしょう。

仕方がない、今回風呂は諦めよう
それよりまだ明るいうちにテントを張る場所を探さなければっ

またぐちゃぐちゃの山道を戻り、55号線を走りながらテントを張れそうな場所を探し、なんとか設営完了

寝床の確保が出来たので、国道沿いのラーメン屋で夕食をとり、コンビニでビールを買って就寝


17


翌朝、買っておいたカップ麺を作ってた時に、箸を持ってくるのを忘れてたことに気づく
箸がなければ作ればいいと、海岸に打ち上げられてた竹を箸代わりにして朝食完了。


18


今回のツーリングは2泊3日の予定でしたが、意外と早く目的を達成したので1泊2日に予定変更。今日神戸に帰ることにしました

これから大歩危小歩危方面に向かって走り、なかなか食べられなかった祖谷そばを食べて、じいちゃんばあちゃんの墓参りをして高松へ

大歩危小歩危に向かうその前に急な坂道の難所があります。
今回の旅でマシントラブルはないかと思いましたが、そう甘くはなく清原ジョグの調子がイマイチです

スタート時にかぶってしまい、なかなかスピードに乗ることが出来ません
平地ならまだマシですが、坂道では法定速度30キロしか出ない

プラグを新品にしても直らないので駆動系が原因でしょうが、完全にスピードが出ない訳ではなく、しばらくするとスピードに乗るので今回はこのまま走り切ってもらいます

難所の山越えに入ると案の定スピードダウン
でも、時間は十分あるのでのんびり行こうやと、休憩しながら山越え完了

午前11時前に祖谷にある観光施設West-Westに到着
祖谷そばのお店は午前11時開店だったので、しばし他のお店でブラブラ


21


施設内にあるモンベルで釣り用にナイフを購入
そば屋さんが開店したようなので、さー、食べましょう


19


私は、祖谷そば山かけぶっかけを注文。


20


祖谷そばは、つなぎが少なくてモソモソした食感らしいけど、そばそのものを味わってる感じでとても美味しかったです

いやー、やっと念願の祖谷そばを食べられました
毎年ツーリング時に食べようと思いながら、時間の関係で食べられず5年越しでようやくでした(笑)。

お腹もいっぱいになったので、次は墓参りに向かいましょう
20分ほど走ってばあちゃん家の横を通り過ぎようとしたら、扉が開いてたので挨拶することに

今は親戚のおばさんが住んでるので、手作りのジュースを頂いてしばし雑談後、線香をもらってお墓に向かいご先祖様にご挨拶。

無事、お墓参りも済みました。
あとは高松に向かって帰りましょう

予定では午後4時半の便に乗るつもりでしたが、1便早く午後2時半の便に間に合いそうなので、これを目標にひた走りフェリー乗り場に到着したのが、午後2時19分

あと11分で出航だけど乗れるのか
すると往復チケットで係員に渡すだけなので乗れますよと

ラッキ~
急いで係員のところへ向かいチケットを渡して乗船完了

今回は四国に来て1度もうどんを食べてないので、船内のうどんを食べて気分を味わい、午後7時に神戸港へ到着

こうして今回の旅は無事終了となりました

いやー、今回はよく走りました。
走った距離は540キロほど。ひさびさにケツが痛いツーリングになりました(笑)。

昨年は小豆島だったけど、1周が100キロほどなので全然走った感がなくて物足りなかったんですが、やっぱりこの位走らないとやったった感が出ないですね

今回のルートなら1日で回れると思いました
ただし、タダでは嫌3万円くれるなら行きましょう(笑)。

さて、来年はどこへ行こうかな
次回はマシンを絶好調にして行きたいと思います


この記事をはてなブックマークに追加

出発

2014年08月12日 | バイク

さて、明日からお盆休みということで、恒例の四国ツーリングに行ってきます

行き先は室戸岬
今まで四国ツーリングで足摺岬、佐田岬と先っぽを制覇してきたので、今回の室戸岬で四国の尖がってる岬の完全制覇になります(徳島側に岬はあったかな)。

マシンはリモコンJOG
ほぼFPレース仕様の改造が施されていますが、荷物満載のGが掛かる旅では毎回トラブルが発生し、コンビを組んで走る清原JOG(5EM)は焼き付き寸前でプラグが溶けたこともありました

昨年は小豆島に行ったんだけど、清原JOGは腰下まで全バラしてOHしたこともあり、ノントラブルで帰還することに成功

唯一、坂道を上らなくなってたけどプーリーのヘタリが原因だったので、今回新品に替えてウェイトローラーも新品でバッチリです

マシンメンテも終了し荷物も積み込み、あとは出発を待つのみ。
ただ、先日の台風の影響だけが気掛かりですね

ルート的には、三宮からジャンボフェリーで高松へ渡り、徳島側の海岸線ルートで南下して室戸岬へ
室戸岬から桂浜方面へ向かい、そこから北上して大歩危小歩危ルートで高松へって感じです

2泊3日の日程でテント張っての野宿ツーリング
トラブルなく旅が出来ることを祈りましょう

では、行ってきまっす


この記事をはてなブックマークに追加

狙い通り!?

2014年08月09日 | 釣り

また台風が来てますねぇ

台風前は釣れるという実績が過去にはあります。
気圧の高い低いで魚の活性が上がったり下がったりするのは、釣りをしてる人ならよくご存知のはず

魚のテンションは高気圧なら低気圧ならになります。
なぜそうなるのかは、天気のしくみと魚体の構造を知ると分かりますので、知識として取り入れておくといいかも

ということで、昨夜~今朝にかけて行って来ました

台風前なので風や潮、時間帯などを普段より念入りに調べ上げ、釣りの出来るタイミングを探した結果、土曜日の午前1時~3時がベストと判断

導流堤は間違いなく危険が危ないので、しける心配がなく雨絡みには鉄板な河川へ

深夜0時半頃にポイント到着
さすがにうなぎ釣りのおっちゃんもおらず、気になってた上流の放水もまだのようです。

雨も降ってるしルアー交換も極力控えたいので、バイブレーション通しでやることに。
今回初投入のサルベージをキャスト

川上から川下へ風がきついけど、バイブレーションはよく飛ぶし投げてて気持ちいいですね

満潮からの下げに入ってて、午前3時頃に潮止まり。
これから2時間ほどがゴールデンタイムのはず

キャストを続けると、ゴンゴンとボラっぽいアタリが出ます。
とにかくボラが多いポイントなので、ボラかシーバスかの判断が分かりづらい

そのうちゴゴーンとテップを押さえつけるアタリでヒット
しかし、数回ジャンプされバレました

何度か同じような場面があり、このゴンゴンあたるのはひょっとしてシーバスなのかも
そして今度はしっかり乗ったでも小さかったので抜き上げたら、


1


30センチほどのセイゴ君でした。

おー、シーバス居てるやん
サルベージも釣れるしいい感じ

午前2時を回りタイムリミットまであと1時間
何度かいいサイズの魚を掛けますがバラシも多く、シリテンバイブ53タングスデンに替えてみると、とたんにアタリがなくなりサルベージに戻すとまたアタルという状況。

その日の当たりルアーってあるんだなぁと思いながら、今度はまあまあなサイズの魚がヒット
エラ洗いを連発してるのでシーバスに間違いなし
引きを楽しみながらネットイン


2


49センチのシーバス君でした


3


このメジャーはアングラーズのフォトコンテストにエントリーした時に渡されたもの。
前回もエントリーして63センチシーバスが店内で3位になってました

ちなみに前回の1位は72センチほど。
49センチではまだまだなので、せめて70UPが欲しいですね

今まで大きいのが釣れる気がしなかったし、釣行頻度も少なかったのでエントリーする気が起きませんでしたが、デカイ魚が釣れるポイントを見つけて毎週のように釣行してるので、エントリーすることにしました

ミニバイクレースしてたのもあって、こういう順位を争う競技はなんか燃えますわ(笑)。

午前2時半を回った頃、「放水を始めます」と放送が流れたので、ここでストップフィッシング
サイズは出ませんでしたが、狙い通りの釣行で結果が出たので満足満足

今回投入したサルベージが思いのほか良かったので、また購入しておきたいと思います
価格も1000円前後だしお手頃価格なのも魅力です

5月下旬から毎週皆勤で釣りしてましたが、来週再来週とスケジュールが空いてないので、次回の釣行は8月末になりそうです

ひさびさにバス釣りでも行こうかな


☆今回の使用タックル☆
ロッド:メジャークラフト クロステージCRK-962ML
リール:シマノ 12レアニウムCi4+C3000HG + 夢屋C3000Sスプール
ライン:ラパラ ラピノヴァXマルチゲーム0.6号 200M
リーダー:フロロ16lb 80cm
バイトルアー:サルベージ70ES



4


この記事をはてなブックマークに追加