どっかヘンだよ オカシイよ!

壊れていませんか。政治・経済そして世の中が

民進党蓮舫代表が新潟市内で街頭に立ち反原発の米山隆一候補を応援した心意気を評価する

2016-10-15 21:07:04 | Weblog
東電柏崎刈羽原発の再稼働の是非が最大の争点である、新潟知事選はいよいよ明日16日投開票される。地元新潟日報から誹謗される記事を掲載され、出馬撤回に追い込まれた泉田裕彦知事は、東電・原子力ムラとよく対決してきた。

泉田氏の出馬撤回を心待ちにしていた前長岡市長森民夫氏がいち早く立候補を表明。対立候補がいなかったことから無投票当選が予想され、原子力ムラは喜びに包まれていた。これに対し共産、社民、自由(生活の党から党名変更した)は、民進党県連支部長であり医師の米山隆一氏を担ぎ出した。同氏は快くこれを受け入れ、県連支部長を辞任した。

本家である民進党が米山氏を推薦しなかったことは、連合新潟が自公推薦の森支持を決めたことから、連合との関係を壊したくない野田佳彦幹事長ら、民進党執行部が最終的に自主投票に決めたことにある。野田らには「先見の明」がなく相変わらずの体たらくぶりを、国民の目にさらした。

蓮舫代表は不評の民進党を、少しでも中和させることに努め、きのう14日、急きょ新潟市内入りし街頭に立ち、米山候補への投票を呼び掛けた。

ところで民進党が米山氏を推薦しなかったことは、米山候補が勝っても負けても、民進党に対する批判の風が弱まることはないだろう。もし蓮舫代表が新潟に入らなかったら、民進党は解体への坂道を転げ落ちたかもしれない。蓮舫代表が踏ん張って新潟入りし、3野党推薦の米山氏を応援したことに一定の評価をしたい。
『政治』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武蔵野大教授「月100時間... | TOP | 鶴保庸介沖縄担当相の繰り返... »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics