どっかヘンだよ オカシイよ!

壊れていませんか。政治・経済そして世の中が

高慢今村雅弘復興相が前回会見と同じフリージャーナリストへの質問打ち切りは閣僚辞任に値する

2017-04-22 20:39:20 | Weblog
今村雅弘復興大臣が福島原発事故の避難者が3月末で住宅支援を打ち切られたことに関連して国の対応に問題があるのではないかと質したフリージャーナリストに「自己責任だ」と無慈悲な回答をしたのは今月4日のことでした。この発言はさすがにまずいと思ったのか今村は謝罪しています。安倍晋三首相も南相馬市を訪問した際、お詫びをしています。

これで一件落着したものと思っていましたが、きのう21日に開かれた自主避難者の緊急支援策の説明会では前回4日に質問したジャーナリストが質問し、さらにもう一度質問しようとしたところ、今村は「もういいよ。ほかの人どうぞ」と不快感をあらわにして、質問をさせなかったといいます。この後、司会役の復興省職員は会見を打ち切ったことから、前回同様の会見が再現され、なんとも後味の悪い結末に終わっています。

今村とジャーナリストの相性が悪いのか知る由もありません。しかしジャーナリストの質問にまともに答えられない今村は「大臣失格」ではないでしょうか。大手マスコミの記者は当たり障りのない質問でその場をやり過ごしてしまいますが、フリーランスの記者は現場経験が豊富であることから厳しい質問が飛んできます。担当の大臣がが困ったことを質問され、その都度腹を立て、記者会見を打ち切るなんてことは「もってのほか」のことです。このような大臣を選んだ安倍晋三首相の任命責任を問わねばなりません。そして資質のない大臣なんて要りませんよ。
『政治』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 筋金入りのウルトラ右翼安倍... | TOP | 共謀罪成立に歩調を合わせて... »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | Weblog