どっかヘンだよ オカシイよ!

壊れていませんか。政治・経済そして世の中が

日本の景気停滞要因は大企業の賃金搾取と行き過ぎた内部留保積み増しが原因している

2017-03-15 20:19:00 | Weblog
今年の春闘ではきょう15日、自動車や電機の大企業が賃上げ要求に一斉回答しました。それによればベースアップは4年連続になりましたが、前年比ダウンでベア再開の14年以降、最も低い回答になりました。

この結果について、経営側は世界経済が見通せないという先行き不安という、毎年決まった言葉を理由にできるだけ賃金を抑え込みたい身勝手さをのぞかせました。

企業である以上は利益を出すことで社会貢献しなければなりませんが、大勢の非正規雇用を使うようになってからは、従業員と折半の社会保険料負担はゼロになり、時間給も最低賃金ぎりぎりに抑制できたおかげで、多大な利益をフトコロに納めることができるようになりました。それなのに、お涙程度のベアで利益をため込もうとする経営者は、「悪徳」そのものと考えます。景気が上向いた時でも従業員の賃金を上げずに、ひたすら「内部留保」の積み増しと経営側の報酬だけは人目を忍ぶこともなく、せっせと大枚を蓄えてきたのです。それは従業員の犠牲の上だったのです。

大企業経営者は考えてみるがいい。あなた方はひとりで従業員何百人分の報酬を得ているが、すべて従業員を「踏み台」にした結果ではないのか。「自分の代さえよければ」の経営者がなんと多いことか。従業員が爪に火をともすように生活してもちっとも楽にならないのは、あなた方経営者が思いを馳せないからではないのか。もっと太っ腹の少しは気前のいい経営者になってみろ!
『政治』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うそつき稲田朋美防衛大臣が... | TOP | 防衛省・陸自の南スーダンP... »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | Weblog