どっかヘンだよ オカシイよ!

壊れていませんか。政治・経済そして世の中が

行政府の番犬と化した最高裁が辺野古新基地建設で弁論も開かず一方的に国側勝訴を言い渡しへ

2016-12-13 23:16:20 | Weblog
普天間移設に伴う辺野古新基地の建設を巡って、翁長知事が埋め立て工事に応じないのは違法だとして、国が提訴していた訴訟で最高裁(鬼丸かおる裁判長)は12月20日に判決を言い渡すことを決めました。翁長知事の言い分も聞かずに門前払いされ、翁長氏の敗訴が決定したことになります。

この裁判は今年9月16日、福岡高裁那覇支部で国側から送り込まれた、傀儡裁判長が翁長氏に「余計な口出しをしないで、国防と外交は国の専権事項だ」という、とんでも判決をして、国側全面勝訴を言い渡しました。今回の裁判は福岡高裁判決をそっくりコピーしたような、不当判決が下されたことになります。これで辺野古新基地建設に関する、一連の裁判は事実上閉ざされました。幸いなことに翁長氏は、「新基地を造らせないと公約してきたので、その信念をしっかり持ちたい」と述べています。今後も支援が必要です。

それにしても福岡判決といい、今回の最高裁決定といい行政府の言いなりに転落した日本の司法は危機的状況です。沖縄県の言い分も認めないで、一方的に国寄りの決定をして多額の高給を食む、奴らはろくな仕事もしない「恥知らず」と思ったほうがよさそうです。

『政治』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政権奪回の本気度問われる民... | TOP | 年金カット法成立させて増え... »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | Weblog