どっかヘンだよ オカシイよ!

壊れていませんか。政治・経済そして世の中が

うそつき安倍晋三の1年を振り返ると読売、日経、サンケイが批判しないで「太鼓持ち」までしていた

2016-12-31 23:29:10 | Weblog
稀代のうそつき首相安倍晋三のこの1年を振り返ったみたいと思います。年初から国会で「日本は裕福な国」という、うその発言は余りにも有名になりました。

主なうそを列挙してみると①高齢者の医療費負担、②待機児童問題、③TPP関連法成立、④年金カット法成立、⑤カジノ解禁法成立など指折り数えてみました。これらはすでに破たんしているアベノミクスを無理やり延命させるため、あるいは防衛費拡張のために国民負担を増やすことを目的に「数の力」で成立させたものです。いずれも公約にないものでした。

このようなうそを読売、日経、サンケイの各紙は公約違反と批判するわけでもなく、むしろ迎合していました。安倍にしょっちゅう酒食の接待を受けているせいか、積極的に「太鼓持ち」して、安倍のうそを化粧して読者に提供してきたのです。メディアとしては最も恥ずかしいことで、もはや存在価値はなくなったといえるでしょう。

『政治』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲田朋美防衛相の靖国参拝に... | TOP | 共謀罪成立許せば戦前の「オ... »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | Weblog