どっかヘンだよ オカシイよ!

壊れていませんか。政治・経済そして世の中が

北朝鮮のムスダン発射失敗と米の対話拒否で生活困窮増す日韓両国民

2016-10-17 18:53:30 | Weblog
北朝鮮は困窮する国民をしり目に、核実験したり、ミサイル発射したりと、軍備増強に余念がない。これは北朝鮮だけではない。日韓も米と同盟関係があるため、両政府が米の言いなりになって、軍備を増強しているため、北朝鮮国民と比べ生活程度は、ここ数年苦しくなる一方となっている。

北は15日に新型ミサイル「ムスダン」を1発発射したが、空中爆発して「実験は失敗した」と、米軍が発表した。北が米韓合同軍事演習に反発して、国威発揚のための発射らしいが、詳しいことはわかっていない。

この発射失敗について、米国防総省は毎回同じ言葉を繰り返し、「安保理決議に違反している。強く非難する」とコメントするだけだった。しかも北の挑発には圧力をかけ続けることを、日米韓政府が確認するということだけのなんら新味のないものだった。今度の19日は米韓で、「THAAD」をできるだけ早く配備することで協議するという。  

THAADが配備されれば、北をはじめ、中国、ロシアも反発する。緊張は一層高まるだけだ。北が求める米との対話も実現する見通しはない。米の対話拒否で、術中にはまって困窮しているのが日韓国民だ。「防衛」と称して、日韓両政府が米の言いなりになっているからだ。米にしてみれば、これほど都合がいいことはない。日韓政府にぼろもうけできる「防衛システム」を、売りつけることができるからだ。

緊張を高め利益を独り占めする、米の戦略から解放されるには、日韓で米に先駆け、北朝鮮との平和条約を締結するしかない。日米同盟ほど国民の利益を奪うものはない。甘い汁をいつまで吸わせるつもりか。
『政治』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米山隆一新潟知事に求められ... | TOP | 安倍晋三の所信演説で自民党... »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics