どっかヘンだよ オカシイよ!

壊れていませんか。政治・経済そして世の中が

加計問題で与党は野党が出席を求めた和泉首相補佐官の国会出席を拒否したことで安倍官邸関与の疑惑が一段と深まった!

2017-07-11 21:00:15 | Weblog
きのう10日の加計学園獣医学部新設に関する国会の閉会中審査が午前は衆院で、午後からは参院で開かれました。

参考人として招致された前川喜平前文部次官は、「(安倍)総理の意向で学部新設が決定された」と明言しました。その理由を問われ、和泉洋人首相補佐官に「早期に学部を新設できるように」と、対応を迫られたことを挙げています。

前川氏の答弁に対し、内閣府側の山本幸三地方創生相は、「公正で中立的な意思決定ををした」と反論しました。山本は官僚が作成した文書を顔も上げずに、長々と5分間にわたり「棒読み」していました。山本本人も読み上げた文書はまったく理解できなかったのではないか、と思われる映像がテレビに流されていました。こんな「不誠実」な答弁をした大臣は、今まで見かけたことはありませんでした。

そういえば山本は知人がインサイダー疑惑で証券監視委員会から事情聴取を受けていたことに関し、監視委メンバーを議員会館に呼びつけ、「人権侵害の違法捜査だ」と、批判していたことがつい先日明らかにされています。その対応に追われていたのではないかとも思わせる、ぞんざいな国会での説明でしたが、信ぴょう性には疑問符が点きっ放しでした。これで官邸が関与していたことは間違いないでしょう。

このように前川氏と山本の言い分はまったく食い違っていますが、こうなったら和泉補佐官を国会に証人喚問することで、事実関係を明らかにする必要がでてきました。そして山本の言い分がでたらめであることを、いま明らかにすることが求められているといってもいいでしょう。

『政治』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界で唯一の被爆国日本が「... | TOP | 残業代ゼロ法案で安倍政権の... »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | Weblog