どっかヘンだよ オカシイよ!

壊れていませんか。政治・経済そして世の中が

再任用され舞い上がる小野寺防衛相が「北基地攻撃能力」保有を検討しているというが、PKO日報隠しの疑惑解明が先だろう

2017-08-05 20:44:50 | Weblog
2014年の第2次安倍内閣の防衛大臣を退任するにあたり、よほど悔しかったのか、涙ぐんで見せた小野寺五典氏。その小野寺は今月3日の第3次安倍改造内閣で防衛相として再任用されました。早速、自論の「北朝鮮基地攻撃能力」の保有を検討していることを記者会見で披露して見せました。

先月24日に衆院で行われた閉会中審査では大臣の座を射止めたいのか「加計」学園獣医学部新設を巡って、安倍晋三首相に「助け舟」する質問を連発しました。その一方、前川喜平前文科次官には現役時代をほじくるような質問を浴びせていました。実にいやらしい男でしたね。

そんな小野寺がやはり閉会中審査で南スーダン「PKO日報隠し」疑惑で渦中の稲田朋美元防衛相に、「野党の厳しい質問には細心誠意答弁するように」と歯の抜けるような質問をしていたことは記憶に新しいところです。PKO日報隠しの問題は何ひとつ疑惑が解明されていませんが、野党が求める稲田の参考人招致の要請を自民党は出席させないことを決めています。この問題を自民党はうやむやにしてしまうつもりです。

一体、小野寺の国会質問は何だったのでしょうか。小野寺は稲田の国会招致を実現、疑惑の解明に努力するべきですが、大臣席に座った途端、問題をすり替えるために北朝鮮基地攻撃能力の保有に言及しました。肝心の日報問題の疑惑解明を拒んでいる姿勢は、防衛大臣としての「資質なし」といっても過言ではないと思います。
『政治』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政権と一体の大阪地検による... | TOP | 「加計」獣医学部新設認めた... »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | Weblog