どっかヘンだよ オカシイよ!

壊れていませんか。政治・経済そして世の中が

松井一郎大阪府知事さんよ!菅官房長官に袖にされたからといって、「ばか民共のせい」はないだろう。維新こそ「ばかの集団」ではないのか

2017-06-10 18:15:10 | Weblog
安倍政権に寄生して生き延びている「落ち目」の維新の会。代表の松井一郎大阪府知事は7日、上京し国会で菅義偉官房長官と面会する予定でした。ところが菅が国会対応に追われていたため、面会がかなわなかったといいます。これに不満の松井は、「ばか民共で余計な意味のない国会の呼び出しをするからだ」(6/8 東京新聞)と周囲に八つ当たりしたといいます。

面会がかなうまで待っていればいいのに、民共にあたること自体、筋違いのことです。安倍晋三にすり寄って、他党をこき下ろすしか能のない野党とは「名ばかり」の維新の会ですが、安倍政権の別動隊としてしか、いまのところ存在価値はありません。

そういえば、松井はいまだに何ひとつ解決していない、「森友学園」問題では系列の小学校設立に認可の基準を規制緩和しています。15年1月には慌てて認可したのですが、同学園問題が表面化してからは認可の先送りまで言及しました。これを受けて森友理事長の籠池氏は認可申請を取り下げするという一幕がありました。籠池の意中は松井に対し、忸怩たる思いがあふれているはずです。これだけの問題でも責任逃れする松井の一面がよく表れています。決して責任を取らない松井の面目躍如というところでしょうか。

さて、菅は松井との面会はどうでもよかったのではないでしょうか。森友問題では安倍晋三の意を受けて十分に恩を売ってきた松井ですが、電話で済むものを「暇つぶし」に、わざわざ菅に会いに来て、そのあげくに袖にされてしまった「ばか維新」の代表。「使用済み」にされた腹いせに、民共に当たるなんとも情けない大阪府知事さんでしょうか。
『政治』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松野博一文科相は加計文書の... | TOP | 安倍晋三が松野文科相に加計... »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics