ドッグシェルター

保護犬の紹介、お知らせ、ご支援のお願い

手術成功

2009年06月03日 | Weblog
保健所だけは行きたくなかった2.8kgの小さなポメちゃんは
爪もかなり伸びており、身体も汚れていて、臭かったんだって。

取り合えず連れて帰ってもらってトリミングできれい、きれいしてもらったの。

まだまださらさらで艶々な毛を見て。

ポリープ切除の手術と同時に避妊手術もしてもらって解ったんだけど、
あたち、いくつもポリープ出来てたの。

避妊していない場合高齢になるほど、子宮、卵巣系病気のリスクは高まるって。

あたちおばあちゃん犬だけど、肝機能の数値も正常だったの。
心臓もまだまだ正常だったよ。
あたちを家族にして下さい。



このわんちゃんの場合、手術をして見て解ったことですが子宮、卵巣に
この様なポリープが3つほど見つかりました。
これらは手術で切除し、退院後本犬は元気、食欲もあります。
手術前の心臓心電図も異常なく、血液検査も正常でした。
手術前の検査をしっかり行いました。
避妊去勢を推奨する理由の一つに、この様な病気へのリスクに対して
説明させて頂いています。

医療費のご支援をお願いしております。
この子だけに限らず、保護犬にはさまざまな医療費を必要とします。

保護したのちの、年間飼育応援サポーター様も募集中です。
継続的ご支援は大きな支えになります。
どうかどうか宜しくお願い申し上げます。

『犬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モンタ、ちび、家族決定しま... | トップ | ミミちゃんのその後 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む